So-net無料ブログ作成

「ともしび」 [映画]

tomoshibi.jpg
〔2017年/フランス〕


ベルギーで暮らす老夫婦。
穏やかで平和な暮らしに思えたが、
ある日、夫が、
収監されてしまう。


残された妻・アンナ(シャーロット・ランプリング)の生活は、
今までと変わりなく思えた。


今まで通り、家政婦の仕事をし、
今まで通り、スイミングスクールに通い、
今まで通り、演劇クラスに通い・・・。


けれど、生活は少しずつ壊れていく。
息子を訪ねると、
もう二度と来ないでくれ、と言われ、
スイミングスクールの
登録は抹消され・・・。





ただただ、ひたすら、
シャーロット・ランプリングの日常を観る。


セリフは断片的で、
最小限。
そこから、物語を読み取るしかない。


夫が収監された理由も分からない。


ただ、分からないながらも、
ヒントは小出しにされる。


夫は、「冤罪だから」とか言ってるけど、
その声は小さい。
どう見ても、冤罪の人が必死になって助けを求めている様子ではない。


しかも、妻は、
「写真」を見つけてしまう。
何の写真なのかは分からないけど、
夫の事件の証拠である事に間違いなく、
妻はそれを、
家から少し離れたゴミ捨て場に、
必死の形相で捨てにいく。


もしも、事件が、
私の想像する通りの事であったとするなら、
それはどうにも許しがたく、
妻に罪はないとはいえ、
スイミングスクールで出入り禁止にされるのも
仕方ない気がする。


息子だって、
そんな罪を犯した親父は、
忌み嫌うだろうし、
自分の子供にも、絶対会わせないだろう。
母は関係ないとは分かっていても、
一緒にいたのに、何をしていたんだという思いも強いと思う。


夫の罪を受け入れているように見えた
妻だけど、
息子からの激しい拒絶の時だけ、
一人になってから号泣する。
唯一の激しい場面。


人生って分からない。
このまま、死ぬまで平和に暮らしていくんだろうな、と
思ったとしても、
一体どんな落とし穴が待ち受けているか。


評価 ★★★☆☆

nice!(130)  コメント(10) 
共通テーマ:映画

nice! 130

コメント 10

薔薇少女

観てみたい気はするけど、何だか小難しい映画の様な気がしますね!
???の気分が最後まで残りそうな気がするので、
やっぱり、観には行かないかな?!
by 薔薇少女 (2019-02-07 18:41) 

MONSTER ZERO

未見ですがフランス映画の真骨頂みたいな作品の様ですね
それにしても、シャーロット・ランプリング!
懐かしいです(^^;
by MONSTER ZERO (2019-02-08 10:15) 

うりくま

「さざなみ」に通じる雰囲気が好きかも。。
「どんだけ~」「まぼろし~」「ともしび~」
と、イッコーさんが人差し指を振りながら言い
そうなタイトルですね(^0^)。
by うりくま (2019-02-08 22:18) 

青山実花

薔薇少女さん
コメントありがとうございます。

難しくはないのですが、
起承転結がないので、
あれ?って感じなんです^^;
いつか、テレビででも放映されるといいですね^^
by 青山実花 (2019-02-08 22:29) 

青山実花

MONSTER ZEROさん
コメントありがとうございます。

確かに、ヨーロッパ系の映画ではありますね^^
アメリカみたいに単純じゃない、みたいな^^;
いえ、アメリカ映画も好きですけれど。


by 青山実花 (2019-02-08 22:30) 

青山実花

私は「さざなみ」も「まぼろし」も未見なので、
観てみたいです^^

「おもかげ~」「ときめき~」「はこだて~」
なんか、いくらでもできそうですね(笑)。
by 青山実花 (2019-02-08 22:38) 

きよたん

シャーロットランプリングさん 個性派女優
愛の嵐の時の印象はいつまでも残ります
by きよたん (2019-02-09 09:59) 

裏・市長

いつも思うんです。
犯罪を犯した本人はいい。
身柄は拘束されて自由はないけれど、
世間の好奇の目からは逃れることが出来る。

しかし、残された家族はどうなるのか。
表向き人は「あなたはあなただから」、
「あなたに罪はないわ」などと言いますが、
その日からいきなり「犯罪者の家族」と
なってしまうのです。

今だとインターネットがあります。
「家族も同罪扱い」され、個人情報はおろか、
家にまで押しかけて来て勝手に撮影し、
「○○事件の犯人の家に行ってみた!なう!」なんて、
SNSで拡散することでしょう。
また、実際にされています。

家族が逮捕されただけでも衝撃なのに、
見知らぬ人間から責め立てられる恐怖、
鳴り止まぬ電話、いきなり届くカツ丼10人前・・・。

苦悩はいかばかりか。

思うのですが、被害者と被害者の家族は
そりゃあ一番に守らないといけませんが、
加害者の家族を守るシステム、法律・・・というのも
必要なのではないかな・・・と思うのです。

例えばボクがまぁ、何か悪さをして捕まったとしましょう。
道で10円拾ったけれど届けずにポッケに入れたとか。

そうだ!裏・市長の野郎、いつもコメントを残してる
ブログがあるらしいぜ?!どこだ?ここか!。
この「のんびり。」は心ない人々に荒らされることでしょう。

裏・市長の出入りしてるブログなんて同罪だよ!。

暴徒と化した人々は青山実花さんを責めるかもしれません。
貴女はその時、耐えられますか?。

そうならないためにも、普段から裏・市長さんが
犯罪に手を染めないように充分な資金を調達して
差し上げましょう。最善の予防策です。



by 裏・市長 (2019-02-11 17:20) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

私もシャーロット・ランプリングというと、
やはり最初に「愛の嵐」が思い出されます。
もう一度、観てみたいな。
若い頃とは感想が違っているかも。

by 青山実花 (2019-02-17 09:37) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

確かに犯罪者の家族というのは、
一体どこまで責任があるのか。

難しい問題ですね。
いくら、
「家族には関係ない」とは言っても、
例えば、親兄弟に前科者がいる、という人と、
身内や友人が結婚する、と言い出したら、
やっぱり、
「大丈夫?」と思ってしまうでしょうし。

ただ、赤の他人が、
犯罪者の家族には何をしていいんだ的に、
嫌がらせをするのは最低ですね。

それから、不思議な事に、
この世の中には、
被害者のご家族にも嫌がらせがかなりあるのだとか。

それをする人って、
一体どういう心理なのか。
苦しんでいる被害者の心に、
さらに塩を塗りこむって、
異常だと思います。


裏・市長さんが捕まって、
わたくしに嫌がらせが来ても
大丈夫ですわよ。

何を書かれても、
「そうなんです、わたくしも、
嫌がらせ、ストーカー、セクハラで、
日々悩んでおりました」と
返信するつもりでおります。

すると世論は一変、
わたくしの家に、お見舞いの品が
ドサドサ届く事と思われます。

欲しいのは、現金、貴金属、不動産、シャンシャンのグッズで
ございます。
よろみく。

by 青山実花 (2019-02-17 09:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。