So-net無料ブログ作成

「バハールの涙」 [映画]

Baharnonamida.jpg
〔2018年/フランス〕


戦場ジャーナリスト・マチルドは、
中東の紛争地域を取材する中で、
女性だけの戦闘部隊「太陽の女たち」の
リーダー格の女・バハールと知り合う。


バハールは、
フランス語も話せる知的な女で、
兵士になる前は、弁護士だったという。


家族と幸せに暮らしていたバハールは、
ある日、突然、家に押し入ってきたISの兵士たちに、
夫や父を殺され、
幼い息子は連れ去られ、
自分や妹は、
IS兵士の、性の慰み者として拉致される。


監禁されていた家から
命からがら逃げ出したバハールたち女は、
息子を取り戻すべく、
「太陽の女たち」を結成し、
今、ISに立ち向かっているのだ・・・。





実話だそうだ。


突然やって来たISの兵士たちに襲われ、
家族をめちゃくちゃにされた、
主人公のバハールだけど、


この時、ISが襲ったのは
バハールの家だけでなく、
無数のクルド人たちが同様の目に遭い、
大人の男は殺され、
少年は戦闘要員として、連れ去られ、
それから、拉致された女は、
なんと、7,000人にものぼったという。


でも、女だって泣いてるだけじゃない。
女だけで結成した戦闘部隊で、
男となんら遜色なく、
ISと立ち向かってゆく姿は、
強いの一言。


「女に殺された男は、天国に行けない」。
この、
女を舐めてんだか、恐れてんだかよく分からない
言い伝えを
ISの連中は本気で信じていて、
だから、バハールは戦闘でISの兵士を殺したあと、
兵士のポケットで鳴っていたケータイに向かって言う。
「お前の兄は、今、あたしが殺してやったよ」と。


まだ女兵士になる前、
ISに監禁されていた家から、
バハールたちが決死の思いで逃げ出した場面の
緊張感ったらない。


見つかれば確実に殺される。
そんな状況の中、
なんと、一人の女が産気づく。


今、産んではならない。
ここで出産したら、間違いなく見つかってしまう。
その女性は、
耐えて耐えて耐えて耐えて、
100%安全と言われる場所に辿り着いた途端、
その場で出産。
壮絶な場面だった。


仮に、仮にだけど、
もしも、第三次世界大戦が始まり、
日本も参戦するとしたら、
その時は、
男女の別は関係なく、
平等に戦地に行かされるだろう、という説を
何かで読んだ事がある。


そんな事にならないためにも、
当たり前の事だけど、
戦争は絶対にしてはならない。


評価 ★★★★☆

nice!(122)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

nice! 122

コメント 4

薔薇少女

>第三次世界大戦
息子達や孫達の未来がそんな状況にはならない様に
願うばかりだが、果たしてどうなるのか・・・・・
100年時代だとか、云うけれど、健康に普通に暮らせる100歳が
どれほどいるのだろうか?!
もうこれ以上、便利にならなくてイイから、緩やかで、穏やかな世界に
なって欲しいなぁ~
by 薔薇少女 (2019-01-29 18:58) 

裏・市長

ババァの涙・・・。

・・・あんまり見たくねぇタイトルだなぁ・・・。

まぁ、ジジィの鼻水よりはマシかねぇ。


見えます!見えます!第三次世界大戦が
はじまったら、喜々として戦闘機を乗りまわし、
マシンガンをブッ放し、手榴弾を投げつける
青山実花さんの姿が!。

このブログをかれこれ30年も愛読していれば、
手に取るようにわかるのです。
あなたほど物事に興味津々、
事件に自ら首を突っ込んでいく
ヤジ馬女もそうそういませんから。

ちょっと検索しただけでも色々出てきますよね。
パンダの観察・・・と言いつつ、
中国の外務省と水面下で
連絡を複数回に渡り取ってみたり、
伝書フクロウ製造に情熱をたぎらせたり、
よしなさいと言っているのに、焼肉に行ってみたり・・・。

そうそう、北の工作員が経営していると噂の、
映画のタイトルがカクテル名の暗号になっていると言われる、
地下バーで「アルゼンチンチン・ババァ」を頼んで、
スパイだと見破られ、地上6階のガラス窓を突き破って
命からがら脱出したのも、今ではいい思い出ですよ・・・。

そんなあなたですから、秘かに待ってるんでしょ?、
第三次世界大戦勃発。

・・・それでも人間ですか!。
私ですか・・・?私は悪魔です。
本名は悪鬼羅です。キラキラでしょ?。
by 裏・市長 (2019-01-30 01:29) 

青山実花

薔薇少女さん
コメントありがとうございます。

まさか、戦争になるような事はないとは思いますが、
万が一、
日本が不穏な空気になってきたら、
全力で阻止したいですね。

100年は生きたくないですねぇ。
さっきまで健康で、
突然・・・というのが理想です^^;

by 青山実花 (2019-02-19 18:02) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

第三次世界大戦・・・
「大和高田市と新宿区が
激しい戦闘態勢に入る状態。」

わたくしの辞書には、
そう載っております。

あー、なんて楽しみなんでしょ。
わたくしに、公然と嫌がらせを繰り返す、
大和高田市民に、
ついに仕返しをする事ができるのです。

その日のために、
わたくしは、毎日の鍛錬を欠かしません。
壁昇りに、匍匐前進、
銃の組み立てに、手榴弾の投げ方、
そして、戦車の運転、戦闘機の操縦、
どんな辛い訓練にも耐えてみせます。


そうですよ、
わたくしのブログは、
すべてが暗号と匂わせで書かれています。

自転車に鳥を乗せている人と接触したり、
「愛のコリーダ」を輸入する、エロ女のフリをして、
秘密文書を送らせたり、
奈良漬チーズケーキの中に、
情報の詰まったチップを埋め込んだり、
毎日が大忙しでございます。

今、計画中なのは、
中国にスパイ活動に行く事です。
表向きの名目は
「パンダ幼稚園訪問」です。
こんなほっこりした理由なら、
誰も疑いませんものね。

by 青山実花 (2019-02-19 18:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。