So-net無料ブログ作成

「クリード 炎の宿敵」 [映画]

creedhonoonoshukuteki.jpg
〔2018年/アメリカ〕


ロッキー(シルベスター・スタローン)の指導の下、
努力を重ねた
アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)は、
ついに、世界チャンピオンにまで登り詰める。


そんなアドニスに、
ロシアから挑戦状が届く。
それはかつて、
アドニスの父・アポロをリング上で殺した、
イワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン)の
息子・ヴィクター・ドラゴからだった。


試合に反対のロッキーは、
トレーナーを降り、
アドニスは、別のトレーナーの下、
ヴィクターとの試合に臨むも、
ほぼKO負け。
しかし、ヴィクターの反則が認められ、
辛うじて、チャンピオンの座は失わずに済む。


両者とも、それには納得がいかず、
ヴィクターは再戦を申し込んでくる。
ロッキーは、アドニスを鍛え直し、
再び試合の日を迎えるが・・・。





試写会で観た。


おぉぉ!! ついにこの日がやって来た!
この映画を知った日から、
もう観るのが楽しみで楽しみで。


劇場に向かう電車の中で、
サバイバーの「Eye of the Tiger」を何度も聞いて、
自分を鼓舞する(するなよ(笑))。


この映画、タイトルは「クリード」だけど、
実質的に、「ロッキー8」と言ってよく、
ロッキーが好きな人なら、
血が騒ぐのは当然の事であろう。


正直、もうストーリーなんてどーでもいい。
どんなにワンパターンでも、陳腐でも、
ロッキーの物語が、
脈々と続いているという事実、それだけでいい。


前作から3年。
 ↓
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2016-01-08
今回は、
ロッキーが指導する、
アポロの息子・アドニスが、
なんと、アポロを殺したドラゴの息子と対戦するという、
すごい話。
そりゃあ、興奮もするってもんだ。


ポスターもいい。
向こう側に、かつての敵同士が、
そして、こちら側に、
今、まさに戦おうとする息子たちが。
最高。


それから、わたし的に、
もう一つ楽しみだったのが、
ブリジット・ニールセンの出演。


スタローンとニールセンといえば、
「ロッキー4」で出会い、その後、結婚するも離婚。
たった2年の結婚生活だったのに、
スタローンは、
それはもう、莫大な慰謝料をふんだくられたという(笑)、
曰くつきの女。


そんな彼女が、
どのツラ下げて、
スタローンの映画に出るのか、
期待に胸膨らみ、
登場した時は、
「出たー!!」と、顔が自然に笑ってしまったけれど、
ただ、スタローンとの2ショット場面は無かった。
一瞬でも、アイコンタクトする場面があったら、
面白かったと思うけど、残念。


とにかくもう、このまま永遠に、
孫から曾孫から、玄孫まで、
物語を紡いでいってほしいものだわ(笑)。


評価 ★★★★☆

nice!(124)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

nice! 124

コメント 4

MONSTER ZERO

ロッキー4はまだ20代半ば頃、リアルで映画館で拝観しアポロの死に涙した記憶があります(平日、仕事中に拝観(^^;)

ロッキーは第1作から欠かさず拝観していますが、我々の世代ではリアル拝観に加え、荻昌弘さんのMCで始まる「月曜ロードショー」で羽佐間道夫さんの吹き替え版の印象も強いです!(^^

今回も必ず拝観し、涙したいと思います(^^;
by MONSTER ZERO (2019-01-09 10:37) 

青山実花

MONSTER ZEROさん
コメントありがとうございます。

仕事中の映画、いいですね^^
ケータイがなかった頃は、
そんな事もできたのでしょうね^^

「ロッキー」を第一作から劇場で観られているとは
羨ましいです。
今回の「クリード2」も絶対観てくださいね。
ロッキーフリークなら絶対感動されると思います^^
by 青山実花 (2019-01-09 20:03) 

裏・市長

おッ…お巡りさんっっ!。
ここにヘンなオンナがいますっ!。

電車内でグラブを両手にはめて、
「Eye of the Tiger」を大音量で聞きながら、
周りの乗客の迷惑もかえりみず、
シャドーボクシングを繰り返していますっっ!。

すぐに捕まえて、海外の地下秘密ボクシングクラブに
売り飛ばしてくださいっっ!!。

仰るようにタイトル、素直に「ロッキー8」では
アカンのん?。その方が観客動員が増える気がするが。
日本人って、ロッキー好っきゃなぁ!。

ウチの近所のスーパー、近商ストアでも、
夕方、レジが混んでくると応援を要請するために、
ロッキーのテーマが流れるの。

このテーマが流れたら、お惣菜や肉売り場の人も、
グラブをはめてレジに集結し、
次から次へとお客を殴り飛ばすの。

世界のブリジット・ニールセンに対して、
誹謗中傷もいいとこやな!。
「曰 く つ き の 女」。

さらに輪をかけるように、
「ど の ツ ラ 下 げ て」。

・・・ブリジット・ニールセンに親でも殺されたんか!。

泣きたいのはスタローンのほうである。
財産ふんだくられて、一文無しになったから、
仕方なく日本に流れてきて伊藤ハムのお歳暮CMを
せねばならなくなった・・・。

このせつなさが、女子供にわかるか!!。

エイリア~~~~~ン!!!。


by 裏・市長 (2019-01-10 03:58) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

いいじゃん、別に!
電車の中で大音量で音楽聞こうが、
シャドウボクシングしようが、
私の勝手じゃん!

大体、回りのお客さんだって、
許してくれてるよ!
誰からも注意されないし、
みんな遠巻きに見てるだけだもん!


「ロッキー126」、
面白かったよぉ、
裏・市長さんにも、見せてあげたかったよ。

ロッキーの曾孫が、
ブリジット・ニールセンの曾孫と、
リングで対決するの。

ロッキーの曾孫の決まりゼリフが、
「あの時の曾爺ちゃんの財産を返せ!」なの。
「お前の曾婆ちゃんのせいで、俺は今も貧乏なんだ!」って。

そしたら、ニールセンの曾孫が、
「これでも食ってろ!」って、
伊藤ハムを投げつけて、
場内騒然。

ニールセンの曾孫は、
普段は近商ストアの精肉コーナーで働いてるんだよ。
だから、伊藤ハムの持ち出しなんて、楽勝ってわけ。

リングで両方とも、遺影を胸に抱えてるんだから笑っちゃう。
やっぱり人は、
一度いがみ合ったら、
子孫の代まで、影響するんだね。
コメント欄でもいがみ合いも、
きっと人類が滅亡するまで続くんだろうね。

by 青山実花 (2019-01-12 00:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。