So-net無料ブログ作成

「生きてるだけで、愛。」 [映画]

ikiterudakedeai.jpg
〔2018年/日本〕


鬱で過眠症の寧子(趣里)は、
一日中寝てばかりで、
バイトもせず、
生活は、同棲して3年の津奈木(菅田将暉)に頼っている。


ある日、津奈木の元カノ・安堂(仲里依紗)が、
突然アパートに訪ねてくる。
津奈木とよりを戻したい安堂は、
寧子に、
「早く仕事を見つけて、ここから出ていけ」と言い、
知り合いのカフェで働く事を勝手に決めてしまう。


一方、津奈木は、
勤務するゴシップ雑誌編集部のえげつないやり方に、
苦しんでおり・・・。





これは心にズシンくる。
物凄く重い。
観ているこちらが落ち込んで、
鬱っぽい感覚に囚われてしまう。


主人公の寧子は、
何もできない、
何かしたくても、動けない。
掃除もしない散らかった部屋の万年床で、
一日中、寝ている。


さらに、そんな自分にイラつき、
仕事から帰ってきた同棲相手の津奈木に当たり散らす。
彼の欠点を指摘し、
言葉で攻撃する。


津奈木はそれを黙って受け止めているけれど、
病気のせいとはいえ、
ああ、もうやめて、と言いたくなる。
津奈木に捨てられたら、
寧子の生活は、
明日から立ち行かなくなるだろうに。


この八方塞がりな、
綱渡りな感じ、
他人事のようで、他人事でないような、
不安と辛さでいっぱいになる。
こんな不安定な世の中、
絶対、なんてないし、
心の拠り所にしている人や、
趣味や、
経済的基盤を失う可能性は、
誰にだってあるだろう。
想像すると怖い。


どうも、寧子という人は、
幸せを掴みかけた時、
それを自ら壊そうとしてしまう傾向があるようだ。
もっと素直に受け止めていいんだよ、と、
見ているこちらは言いたくなるけど、
そういう人って、確かにいる。
むしろ、不幸な自分が好きで、
不幸でいたいのかもしれない。


寧子を演じた趣里が凄い。
私は今まで彼女の事は、
水谷豊と伊藤蘭の娘なだけの、
ただの二世タレントで、
お嬢さん芸しかできない人だと思ってた。
でも、この映画で、
見ているのも辛いような女の役を、
全身で演じていた。
見る目が完全に変わった。


そんな彼女を受け止める同棲相手を演じる、
菅田将暉くんも、すごいな。
彼は、感情を殆ど表に出さないけど、
何も感じていないわけではなく、
おそらくは心の奥底で、
色々抱えているものがあろうのだろう。
そんな男を、
説得力のある演技で好演。


元旦に観るには、
あまりに重かったけど、
観て良かった。


評価 ★★★★☆

nice!(126)  コメント(18) 
共通テーマ:映画

nice! 126

コメント 18

英ちゃん

菅田将暉と仲里依紗は一応知ってますが、最近若手俳優がどんどん増殖して来て誰が誰だか分からない状態になって来ました(゚□゚)
by 英ちゃん (2019-01-05 17:59) 

きよたん

映画のストーリーはともかく
俳優で観るのも一つの見方ですよね
演技が上手な俳優だとリアル感あるしね
by きよたん (2019-01-05 20:20) 

ゆうのすけ

おくればせながら
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
今日はもう6日早いですよね。それに今日は寒の入りなんですね。寒さも一番の時期に。
御自愛下さり暖かくお過ごしくださいね。^^
by ゆうのすけ (2019-01-06 02:03) 

裏・市長

また、古っるい映画見たなぁ!!。
なんか、リメイクでも中村メイコでもするの?。

「プールでの「全裸パーティ」」!!。
素晴らしい!ぜひ参加したい!!。
思うんですけど、このso-netでもアチコチで、
オフ会は開催されてるけど、
「全裸パーティーのお知らせ」はまだ見た事がない・・・。

それともボクが知らないだけで、
実際は月に1回ぐらいは開催されているの?。
ボクに来られたらマズイと、知らせないように
してるだけなの?。教えてください!、
海は死にますか、山は死にますか?、川はどうですか?。

映画館の閉館は立ち合った事がないけれど、
個人が経営してるレンタルビデオ店の閉店は、
何軒も出くわしたなぁ・・・。

ビデオ全品1本100円処分とか。
もう、必死の形相でダンボール箱に詰めて
買いまくったった!。

けど、よくよく考えるとビデオ屋とか本屋って、
庶民に向けての文化事業の一端やで、正直。
インターネットの発達で、個人店はどんどん衰退して
しまったけれど、店頭での「偶然の出会い」というのが
なくなってしまった。

ネットは欲しいものを検索、すぐに出て来る、買う。以上。

店頭ではチラリと目に入った表紙に魅かれて、つい・・・、
ふと見てしまった、「若奥様昼下がりの情事」という、
タイトルにつられて、つい・・・。

そんな「偶然の出会い」ね。

我々が人生で最後に観る映画、読む本は
一体なんであろうか・・・?。

by 裏・市長 (2019-01-06 03:58) 

裏・市長

こーれーはー、ヒドイ!。
1本の映画をムリヤリ、2作に分割しちゃった!。
そんな感じでしょうか。

アニメでスポンサーが倒産しちゃって資金が尽きた、
でも、まだ現在絶賛放映中、新作は作れない、
どうする?!で、すでに作ったものを編集して、
「総集編」として何週も放映し、最終回まで持って行った
例はあるけれど、それは無料で見られるテレビの話。

銭取る映画でこれはないわぁ~。

でも、それは現在の視点から見てヒデェ~!とは、
思うけれど、1950年代の市民は違ったかも知れない。
なんで、家庭でたやすく映画が見られる時代では
なかったのだから。

・・・ということは、1本のビデオに充分収録できる映画を、
2本も借りさせられた青山実花の立場は一体・・・。

1950年の影響が平成も終わろうとしている現代にまで、
影響を及ぼしているとは・・・。げに、恐るべし恐るべし。
by 裏・市長 (2019-01-06 03:59) 

裏・市長

・・・あれっ?何かおかしいぞ?。
記事とボクのコメントが微妙にズレている・・・。



そうか!青山実花さんがコメント欄を閉じた事により、
過去の時間軸と現在の時間軸に微妙な摩擦が生じて、
歴史の改変が行われてしまったんだ!。

これは厄介な事になったぞ。
別次元からの侵入者の攻撃を受けやすくなっている。
そして、過去が変わる事により、
未来も変化してしまう可能性が出て来たってことか。

まったく青山実花、なんてことをしてくれたんだ!。

この責任をどう取るつもりなんだよ!。
自分のやった事は自分で始末をつける。
これってso-netタイムブロガーの鉄則だよね。

じゃ、後は頼んだよ!。
by 裏・市長 (2019-01-06 04:04) 

うりくま

遅ればせながら明けましておめでとう
ございます。この映画、タイトルの
インパクトが強いのと菅田将暉が出て
いるので気になっていました。趣里、
伊藤蘭と水谷豊の娘さんなんですね!
ズーンときそうだけど観てみたいです。
by うりくま (2019-01-06 09:47) 

よーちゃん

う~ん、あらすじを読んでるだけで
重さがどよ~んと伝わってきましたわ。。。
正月からこれを見るのはつらいかも~。
by よーちゃん (2019-01-06 11:21) 

薔薇少女

>水谷豊と伊藤蘭の娘なだけの、
ただの二世タレントで、
お嬢さん芸しかできない人だと思ってた。
へぇ~~、(趣里)って女優さん?、全く知らなかった・・・
テレビにも出てるのかな??
>元旦に観るには、
あまりに重かったけど、
これも観たいな~自分の悩みが、小ちゃく思えるから、
>さらに、そんな自分にイラつき、
仕事から帰ってきた同棲相手の津奈木に当たり散らす。
当り散らす相手も無く、連れは、相変わらず自分の事しか
考えられず、毎年正月鬱になります!
息子達が来るだけなのですが、正月は外食に行く事が
出来ないので、料理を作らなければならないからです!
年末から年始4日まで、1週間、自転車で買い物に奔走し、
縮小したとはいえ、お節を作り、普段の食事も作り、
ずっと立ちどうしの日々でした!
正月なんて、私にとっては少しも目出度くない!
正月は息子家族と何処か温泉で過ごしたいよ!!
たった一言、『ごくろうさん』と、ハグしてくれたら嬉しいんだけどね!!
by 薔薇少女 (2019-01-07 18:29) 

青山実花

英ちゃんさん
コメントありがとうございます。

それは私も同じです。
あれほど好きだったジャニーズも、
もう顔の見分けもつきませんし(笑)。

by 青山実花 (2019-01-08 16:52) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

俳優さんで観る事、ありますあります^^
私も昔は、トム・ハンクスとか、
ニコラス・ケイジに夢中な時期がありました。
今、日本にもいい俳優さんが沢山おられますし、
なんか色々楽しみです^^

by 青山実花 (2019-01-08 16:53) 

青山実花

ゆうのすけさん
コメントありがとうございます。

こちらこそ、
明けましておめでとうございます。
新年のご挨拶回りをせずに、
申し訳ありませんでした。

本当に早いですよね。
ゆうのすけさんも、風邪などひかぬよう、
お気を付けてくださいね。

by 青山実花 (2019-01-08 16:53) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

そりゃあ、あなた、
京マチ子さんはわたくしの憧れでございます。

あの美しく、妖艶なお姿。
庶民の平凡な生活の枠になど、
とても収まりきらない、愛人顔。

わたくしも、京マチ子さんに
似ていると言われる事もございますが、
自分ではまだまだだと思っております。


「必殺」シリーズ、面白いですわね。
一度も見た事がありませんが、
あまりの面白さに感動いたしました。

特に、
「ウラ、タイ料理を食べる」
「ウラ、キン肉オトコに出会い、衆道に目覚める」
「ウラ、テレクラに行く」

の回は、本当に傑作でございました。


裏・市長さんの命の灯が危ないのなら、
ぜひ、その占いの先生のお話し、
お書きになってくださいませね。

by 青山実花 (2019-01-08 16:55) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

確かに人を殺めるのに、
大した理由なんかないのかもしれませんわね。

毎日、嫌がらせされているとか、
毎日、ストーカーされているとか、
毎日、セクハラされているとか、

そんな、ほんの些細な事が原因なのかもしれません。


いえいえ、裏・市長さん、
わたくし、刑務所に入るのは、
別にいいのでございます。

ホリエモンさんの、「刑務所なう。」という本を
お読みになりました?

あれを読むと、
ムショの中では、結構最新映画も観られるし、
お食事なんか、それはそれは美味しいものが出ると
書かれているのでございます。

あんな楽しいムショライフなら、
一生に一度くらい、
体験してみたいものですわ。


わたくしがムショに入りたくない理由があるとしたら、
それは、ただ一つでございます。

留守中、更新の途絶えたこの「のんびり。」に、
裏・市長さんが毎日嫌がらせを書き込みにやってきて、
出所してから、
返信するのが大変という事だけでございます。
なにせ、もし刑期10年だとしたら、
3,650件以上の返信をしなくてはなりませんでしょう?

わたくし、いただいたコメントには、
すべて心を込めて返信する事を、
モットーとしておりますので。

by 青山実花 (2019-01-08 16:56) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

新年の最初から、
大量の嫌がらせコメント、
誠にありがとうございます。

おかげさまで、
何のためにコメント欄を閉じて、
正月、コートダジュールまでバカンスに出掛けたのか、
全く意味がなくなってしまいました。

でも、変ですわね。

これでは、
「大人の恋は、子供の鯉」と、
「生きてるだけで、丸儲け」の
コメントが書かれていない事になってしまいますわね。

ウィノナ・ライダーに、何か盗まれたのかしら。
趣里さんの目と目が離れているから、
気に入らないのかしら。

by 青山実花 (2019-01-08 16:58) 

青山実花

うりくまさん
コメントありがとうございます。

こちらこそ、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

はい、趣里さんは水谷・伊藤さんの娘さんなのです。
この映画で趣里さんがヌードになった事が、
水谷さんの逆鱗に触れたと、
ゴシップ誌に書かれていました。
(真偽は分かりません(笑))
面白かったので、うりくまさんにもぜひ観てほしいです。

by 青山実花 (2019-01-08 16:58) 

青山実花

よーちゃんさん
コメントありがとうございます。

本当に、どよーんでした(笑)。
心の具合が悪い日に観たら、
もっと落ち込みそうです(笑)。

by 青山実花 (2019-01-08 16:59) 

青山実花

薔薇少女さん
コメントありがとうございます。

趣里さん、
私がテレビで見たのは、
「金八先生」のスペシャル番組ですかね。

あとは、すみません、
ちょっと分からないのですが、
映画には何本か出られています。

お正月、大変でしたね。
お疲れ様でした。

お正月も、昔のようには
おめでたい感じもなくなりましたね。
特別な事など、何もないし。
私は、12月31日の翌日が1月1日というだけの
正月でした(笑)。

by 青山実花 (2019-01-08 17:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。