So-net無料ブログ作成

「デイアンドナイト」 [映画]

dayandnight.jpg
〔2019年/日本〕


秋田県のある街に、
東京に出ていた明石幸次(阿部進之介)が帰ってくる。
自殺した父親の葬儀を出すために。


父は、大手自動車会社の不正を
内部告発したせいで、
逆に嫌がらせに遭い、
追い詰められた挙句、死んだのだ。
詳細を知らなかった幸次も、
直接的に、間接的に、
少しずつ色々知るようになる。


幸次は、
児童養護施設のオーナー・北村(安藤政信)に誘われ、
子どもたちの食事を作る仕事に就く。
さらに北村は、夜も別の仕事をしないかと誘ってくる。


北村には、
孤児を救う以外に、
別の顔があったのだ・・・。





試写会で観た。


なんだか色々惜しい。


決してつまらない映画ではないし、
雰囲気も悪くないんだけど、
ちょっと詰め込み過ぎなのかなぁ。


飽きることなく、最後まで楽しめたけど、
心の芯に触れそうで、触れない微妙な感じ。
なんか、もどかしい。
まぁ、私に、
この映画を理解する能力がないだけなんだろうけど。


テーマは、善と悪の境目。


特に、安藤政信演じる北村という男は、
善のために悪をする、というような男で、
彼を理解できるかどうかが、
この映画に感動するか否かの、
踏み絵なのかもしれない。


私も、人様の事を批判できる
立派な人間ではないので、
何とも言えないけど、
さすがに、北村のような事はしないかなぁ。
あまりに、思考が飛躍しすぎているというか。


それから、
結局、世の中は、
勧善懲悪なんてないんだなぁと、
分かってはいたけど、
再認識する内容でもある。


映画では悪人とされている、
大企業側の人間・田中哲司の
最後の笑顔を見たら、
もう何も言えなくなる。


ま、世の中、そんなもんでしょ、と。
それが現実だものね。


評価 ★★★☆☆

nice!(120)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

nice! 120

コメント 6

don

青山さん、こんにちは~
すごく面白そうなテーマですね。旬というか。

誰かが内部告発したら会社がボロボロになるじゃないですか。
会社なんか叩けばホコリは出るに決まってます。

ぼくは隠して欲しいタイプです。
変化を好まない(笑)

by don (2018-12-24 11:26) 

薔薇少女

>結局、世の中は、
勧善懲悪なんてないんだなぁと、
分かってはいたけど、
再認識する内容でもある。
この映画も観てみたいけど、今年中は無理っぽいわ!

最近思い切り楽しいなぁ~って感じた事がないなぁ~
ブログもほったらかしだし・・・・・
東京へ行く事もとうとう出来なかったし・・・
by 薔薇少女 (2018-12-24 23:18) 

裏・市長

「必要悪」と言う言葉をご存知でしょうか。

ボクは悪なんです。

青山実花さんは「映画」をメインの題材として、
日々ブログを続けていらっしゃいますね。

「映画」というのは様々なテーマをもとに作られています。
子ども向けのアニメから、
それこそボクのような純真無垢な美少年が観られない、
18歳未満観賞禁止の作品まで。

映画に人間が登場する限り、
人間の求める欲望を抜きにしては映画は語れません。
それは例えば、犯罪であったり、金銭だったり、
性に関する事柄であったり・・・。

もし、青山実花さんが自分の中で規制を敷いて、
「…これは殺害場面が多いから紹介するのは…」とか、
「…これは男女のシーンが多いから…」などと、
仕分け作業をしてしまったら、表現の自由が奪われますよ。
2番じゃダメなんですか?。

そこで悪の登場です。

ボクがコメント欄で少しだけピンクな発言を
する事により、例え青山実花さんが、
往年の日活マロンポルノをレビューしようとも、
その衝撃は緩和されるのです。

あぁ、世の中…上には上がいるな・・・と。

つまり、本当のボクはそれほどエッチでは
ないのですが、悪を演じているのです!。

・・・あぁ、ツライなぁ・・・。
みなさんに誤解されながら生きて行く・・・。
本当にツライなぁ・・・。

性なる夜に完敗・・・。
by 裏・市長 (2018-12-25 03:33) 

青山実花

donさん
コメントありがとうございます。

私も事なかれ主義なので、
もういいじゃん、と思ってしまうかもしれません(笑)。

大企業側が全て悪、というのもおかしなものです。
大企業の人間だって、
生きるのに必死なのは同じなのですから。

by 青山実花 (2018-12-27 11:54) 

青山実花

薔薇少女さん
コメントありがとうございます。

何か何か、薔薇少女さんのお心を励ます、
楽しい事があるといいですね。

来年はきっと、
何か良い事が見つかりますように、
祈っています。

by 青山実花 (2018-12-27 11:54) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

そうなんです、
裏・市長さんの、
わたくしのコメント欄への嫌がらせは、
必要悪なんです。

わたくしが、
下手な文章で与太ブログを書くと、
裏・市長さんが、
砂糖にたかる蟻のようにやって来ます。

皆様は、私の映画の感想なんて、
どーでもいいのです。

裏・市長さんとわたくしのバトルが読みたくて、
ここにアクセスされるのです。
おかげでアクセス数が上がるという寸法です。

ただ、皆様は、
わたくしたちがふざけているのだと
思っておられるようですが、

わたくしたちは本気で喧嘩しているのです。
お互い、分かり合える点など、
一つもないのです。

それなら、コメント返しをするなとの
ご意見もありましょうが、

博愛主義のわたくしは、
来るものは拒まず、
全ての皆様に親切にしたいのでございます。

こんな年末に、
なんて優しい私。

早くお正月がやって来ないかなー。

by 青山実花 (2018-12-27 11:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。