So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「祈るひと」 [映画]

inoruhito.jpg
〔1959年/日本〕


三沢暁子(芦川いづみ)は、
死んだ父親の事を、
幼い頃から冷淡な男だと思ってきた。
自分が結婚する時は、
両親のようになりたくない、
それが暁子の願いだ。


暁子は、母の友人の勧めで見合いをするが、
相手の蓮池という男は、
強引で自分勝手。
どうにも好きになれそうにもない。


暁子は、父の学生時代の友人で、
学者の佐々木の助手をする事になった。
佐々木から聞く父の印象は、
明るく、優しく、
暁子が感じてきたものとは、
正反対だ。


そんな中、暁子は、
同人誌に書かれた、
父親の随筆を読み、ショックを受ける・・・。





母や自分に愛情を示さない
冷淡な父親のせいで、
結婚に夢を描けない芦川いづみさんが、
真実を知ってゆく物語。


学者の父は、
決して声を荒げたり、手を上げたりするわけではないけれど、
冷たい声で、
妻子に何か注意するのを聞くと、
それはそれで、とても怖いものだな、と思う。


芦川さんがそんな父親を、
好きなのか、嫌いなのかは、
よく分からなかったけれど、
きっと、好きなのでしょうね。
愛されたいから、
苦しんでいるのだもの。


芦川さんの見合い相手というのが、
なんだか嫌な男で。
映画を観るにしても、
相手の希望も聞かず、
自分の好きなものばかりだし、
出会って2回目で、
競馬場に行ったり、
強引と男らしさを、履き違えているような。


さらに、突然、
芦川さんの自宅や職場にやって来たり、
今なら通報されそうな勢い(笑)。


芦川さんは早く結婚したくて、
一度は、プロポーズをOKしそうになり、
「や、やめた方が・・・」と、
こちらがやきもきしたけれど、
結局、お断りになられた(笑)。


すると、男は、
断られた腹いせに、
芦川さんに、絶対言ってはいけない
トンデモ発言を。
こんな男、一緒にならなくて良かったよ(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(132)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 132

コメント 2

裏・市長

お誕生日おめでとうございます!。

え?違うんですか?だって12月3日でしょ?。
とにかくおめでとうございます!。
誕生日じゃなくてもおめでとうございます!。
とりあえずいいじゃないですか、めでたいんだから!。
どうでもいいじゃん!。


「映画を観る時に相手の希望も聞かず、
自分の好きなものばかり。
出会って2回目で天下一品のラーメンを
食いに行ったり、強引と男らしさとニンニク臭さを、
履き違えているような」。

・・・まるでボク!!。

いや、映画のチョイスは違うな。
だってボク、劇場で映画を観るという行為を
滅多にしないため、その掟…というかお約束、
観方を知らないんですよ。

いきなり場内が暗くなったりしたら、
何をしてもいいもんだと思ってましたが、
周りを見渡すと、皆さんスクリーンを観てらっしゃる・・・。
なので真似して、銀幕を見つめてガマンしていました。
ガマンって何を?。

いやぁ~、断られた腹いせに口にした
捨てゼリフが気になりますが、
一度は結婚をOKしかけた・・・ということは、
婚約状態だったんですよね。

そこまで話が進んでいるのに、断られたら
そりゃあ男のほうも、ひと言言いたくもなりますよ。

だって、2人並んで会見したんですよ。
で、なんかもう結納の儀のおよその日取りまで
決まりかけて、それがあのシャクレの母親の
スキャンダルのせいでご破算になってごらんなさい。

KKですよ!KK!リベンジなんちゃら・・・あるで。

・・・何のコメント欄でしたっけ?。


by 裏・市長 (2018-12-05 00:36) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

裏・市長さん、あなた何か勘違いなさってません?
何を根拠に、わたくしの誕生日が、
12月3日だと仰るのですか?

そんな「ワン!ツー!スリー!」なんて、
ノー天気な日が、
わたくしの誕生日なんて、
あるわけないではありませんか。

こんな所で、そのようなご発言をなされると、
また全国からプレゼントが届いてしまいますので、
お控えくださいませね。

ちなみにわたくしの本当の誕生日は、
55月73日ですのよ。
語呂合わせにすると「可愛い女」。
わたくしにピッタリでございましょう?


裏・市長さん、
そんなに映画館でのお作法に慣れておられないなら、
ここでわたくしが教えて差し上げますわ。

映画館という所は、
映画を観る所なんです。
わかりますか?
映画を観る以外の事は、
たとえどんなに暗くても、してはいけないのですよ。
隣の席の人が買ったポップコーンの盗み食いなどは、
決してなさらないでくださいませね。


KK君、きみね、何度言ったら分かるんだね。

無理なの。
うちの娘と結婚はさせられないの。
え?
娘のヌード写真がある?
どうぞどうぞ、出版社にでも、テレビ局にでも売り込みたまえ。

君、うちの庭が日本一広い事を
忘れないでくれたまえ。
叫んだって、叫んだって、
誰にも聞こえはしないんだからね。
国は遠慮して、
地下鉄さえ、うちの敷地の下には通さないんだからね、君。

by 青山実花 (2018-12-05 16:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。