So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「ボヘミアン・ラプソディ」 [映画]

Bohemianrhapsody.jpg
〔2018年/イギリス〕


クラブで演奏活動をしていたバンド「スマイル」だが、
ボーカルが脱退し、
途方に暮れる、
ギターのブライアン・メイ(グウィリム・リー)と、
ドラムのジョン・テイラー(ベン・ハーディ)。


すると、自分をボーカルにと
売り込んできた男、
それがフレディ・マーキュリー(ラミ・マレック)だった。


新たにベースのジョン・ディーコン(ジョゼフ・マゼロ)も加わり、
バンド名を「クイーン」と変えた彼らは、デビュー。
スターへの道を歩んでゆくが・・・。





タイトルにもなっている、
クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」は
時々、無性に聞きたくなって、
youtubeにアクセスしてしまう。
6分間もの長い曲なのに、
途中で止める事ができず、
最後まで聞かずにはいられない。


世の中に名曲と言われる音楽は無数にあるし、
私も「大好き」と言える歌は沢山あるけれど、
「ボヘミアン・ラプソディ」は、
好き嫌いを超越した、
特別な曲だという気がする。
「ボヘミアン・ラプソディ」の前にも後にも、
「ボヘミアン・ラプソディ」なし、とでも言うのか。


これは、
イギリスを代表するバンド・クイーンの、
特に、ボーカル・フレディ・マーキュリーの半生を描いた、
内容の濃い映画。


どこまでが事実で、
どこまでが脚色かは分からないけど、
クイーンという名バンドが、
どんな風に結成されて、
どんな風にのし上がっていったのかを
知る事ができて、
その流れに見入ってしまう。


彼らが音楽を作る上で、
「そうだったんだ」と知る事も多い。
「We Will Rock You」は、
観客が一緒になって音楽に乗れるように
作ったとか、
「ボヘミアン・ラプソディ」のレコーディング風景なども、
面白いし。


フレディを語る時、
避けて通れないのが、
彼が、同性愛者で、
エイズにより亡くなった、という事。


彼が後天的なゲイであると、
クイーン好きの友人からは、
以前から聞かされていたし、
この映画でも、
最初は女性と婚約までしているのだけれど、


所々、
やはり、元々そういった傾向があったのでは、と、
思わせる場面がある。
もちろん、彼がゲイであろうが、なかろうが、
そんな事は音楽とは何も関係ないし、
映画で描かれた彼は、
とってもチャーミング。


他の3人のメンバーが、
あまりに本人にソックリなのでビックリした。
それから、似ているといえば、
「ライブ・エイド」の提唱者、ボブ・ゲルドフが、
いかにもな髪型、
いかにもな服装なのも笑った。
一目でボブ・ゲルドフと分かる、みたいな(笑)。


全体にクイーンの曲が満載で、
めっちゃ気分がいい。


評価 ★★★★☆

nice!(137)  コメント(16) 
共通テーマ:映画

nice! 137

コメント 16

ニッキー

この映画、観に行きたいんですよねぇ(^O^)
ただマラソンシーズンが開幕しちゃったので
行くタイミングが(*_*)
夜遅くの上映時間にかみさんが付き合ってくれるかな^^;
by ニッキー (2018-11-21 12:32) 

美美

今朝、Zipでも話題に取り上げていました。
やはり観たい映画ですよね。
by 美美 (2018-11-21 19:07) 

青山実花

ニッキーさん
コメントありがとうございます。

ぜひニッキーさんにも観てほしいです。
うーん、タイミングですか。
上手くご都合が合うといいのですが。
by 青山実花 (2018-11-21 19:47) 

青山実花

美美さん
コメントありがとうございます。

今、大ヒットしていますものね^^
美美さんにも観てほしいです^^
by 青山実花 (2018-11-21 19:48) 

きよたん

友人が良かったと言ってました
音楽を聴いてみるとますます観たくなった
by きよたん (2018-11-21 21:05) 

うりくま

NHKの首都圏ネットでも取り上げて
いました。製作側もこんなにヒット
するとは思っていなかったようで、
未だに世界中で人気がある事に驚き
ます。QUEENが初来日した際、日本
のファンの熱狂ぶりにブライアンは
「どこか別の惑星に来たかと思った」
そうですが、また新たな伝説が加わり
そうな勢いですね。(^-^*)
by うりくま (2018-11-22 02:32) 

裏・市長

冷たくないな!。

昨日、あれだけ冷たく6行しか
書いてなかったのに、
ことクイーンに関しては、68行かよ!!。

ろくじゅうはちぎょお!!。

この差はなんだ!。

クイーンより東京駅のほうが便利じゃないか!。
by 裏・市長 (2018-11-22 08:59) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

クイーンはヒット曲が
めっちゃ沢山ありますので、
映画自体がベスト盤みたいなものなのですよね^^
by 青山実花 (2018-11-22 15:19) 

青山実花

うりくまさん
コメントありがとうございます。

なんと、NHKでまで
取り上げられていましたか。
よほどヒットしているのでしょうね。

初来日の時、どれほどの騒ぎだったのでしょう^^
当時のイギリス人にしたら、
日本は未知の世界だったでしょうから、
めちゃくちゃ驚いたのでしょうね^^
by 青山実花 (2018-11-22 15:21) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

あら、わたくしの財力を以ってすれば、
東京駅より、クイーンを動かす方が簡単ですわ。
メンバーを自宅に集めてライブをさせればいいのでしょう?
なんなら、天国からフレディも呼び寄せますわ。
その際は、裏・市長さんもご招待いたしますので、
ぜひいらしてくださいませね。
by 青山実花 (2018-11-22 15:25) 

Rinko

この映画、待っていました!
夫は抜け駆けして公開初日に観に行ってしまったので、娘と一緒に行く予定です^^
by Rinko (2018-11-23 07:32) 

りんこう

20世紀FOXのファンファーレでもう心つかまれてしまいました。
by りんこう (2018-11-23 21:40) 

don

こんにちは~
そっかー、もう上映してるんですね。
しかも家の近所のイオンシネマでも上映してる。
見に行きたいな。

by don (2018-11-25 10:36) 

青山実花

Rinkoさん
コメントありがとうございます。

返信が遅くなり申し訳ありません。

「ボヘミアン・ラプソディ」
ご覧になられたでしょうか。
楽しまれているといいのですが。
by 青山実花 (2018-12-13 16:00) 

青山実花

りんこうさん
コメントありがとうございます。

私もです^^
あのギターの音、たまりませんでしたね。
by 青山実花 (2018-12-13 16:01) 

青山実花

donさん
コメントありがとうございます。

洋楽好きのdonさんには、
絶対観てほしいです。
絶対楽しまれると思います^^
by 青山実花 (2018-12-13 16:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。