So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「人魚の眠る家」 [映画]

ningyononemuruie.jpg
〔2018年/日本〕


播磨和昌(西島秀俊)と薫子(篠原涼子)は、
長女・瑞穂の小学校の受験が終わったら、
離婚するつもりでいる夫婦。


ところが、ある日、
祖母に連れられて行ったプールで、
瑞穂が溺れ、意識不明の重体になってしまう。


医師の説明では、
瑞穂は脳死状態で、
回復の見込みは、ほぼ0%。


しかし、瑞穂の死を受け入れられない薫子は、
瑞穂を自宅で介護する事を決め、
和昌の部下・星野(坂口健太郎)が開発した、
特殊な医療機器を瑞穂の体に取り付ける。


それによって、
瑞穂の容態は多少良くなったかのように見えたのだが・・・。





試写会で観た。


私のような者が、この映画の感想を書いていいものなのかと思う。


映画の中の医師の説明によると、
脳死を以て死とするのか、
心臓死を以て死とするのか、
日本には2つの考え方があり、
そのような国は、世界でも珍しいそうだ。


医師は、
「それは、2つの選択肢から選ぶことができるという意味でもあり、
 悪い事ではない」みたいに言うけれど、
ただ、逆にそれが、
家族を苦しめているという気もする。
家族の死は、家族が決めろと言われているようで、
でも、そんな事、簡単に決められる人間がいるんだろうか。


主人公の薫子は、
脳死した娘の回復を信じ、
夫の部下が開発した機械を取り付ける。


それは、娘の手足や、
表情筋を動かすという装置なのだけれど、
ハッキリ書いてしまうと、それは、
死者を機械で動かしているだけで、
本人の意志で動いているのとは全然違うと思う。
いわば、操り人形のようなものだ。


それを見た人間は恐怖を覚え、
薫子は次第に、
周囲の者から孤立し、
さらに依怙地になるという悪循環。


それから、薫子は、
瑞穂の回復に夢中になるあまり、
もう一人いる息子の気持ちは蔑ろ。
息子が辛い思いをしている事に気付かない。
ある意味、この息子が一番可哀想だ。


実はこの主人公の家は、
とっても金持ち。


夫は、IT機器メーカーの
若き社長で、
会社はそれなりに儲かっているっぽい。
家は、都内では大邸宅の部類に入るだろう。


もちろん、お金はとても大事だし、
無いよりは、ある方がいいに決まってるけど、
このお話しの場合、
お金があるから、選択肢も増え、
迷いも生まれるのではないかと、
そんな気がしたりもする。


とても重く、考えさせられる。


評価 ★★★★☆

nice!(130)  コメント(5) 
共通テーマ:映画

nice! 130

コメント 5

英ちゃん

最近、篠原涼子がバラエティ番組に良く出演してるのはこの映画の宣伝のためだな(゚□゚)
by 英ちゃん (2018-11-08 00:46) 

裏・市長

あげる、青山実花さんにあげる。
ボクの脳みそをあげる。

だから安心して、脳死してください。

ボクも色々とドナー登録してるんです。
爪とか、毛根とか、乳歯とか・・・。
でも、脳みそはまだでした。

よかった。ドナーカードに書いておきます。
青山実花さん専用脳みそと。

普段からあんまり、むずかしい事を考えてないので、
割とツルツルで綺麗な脳みそですよ。
未使用に近いと思います。

不要になればメルカリに売りに出してもいいですし、
裏ごしして、味噌汁にするのも
関西風のダシが効いててンマイと思います。

本当にいいみそです。ぜひ、ご愛用ください。
by 裏・市長 (2018-11-08 07:14) 

青山実花

英ちゃんさん
コメントありがとうございます。

篠原さん、そんなにテレビに出ていますか^^;
たぶん宣伝でしょうね。
この間のご夫婦危機疑惑も、
宣伝の一環だったのかもしれませんね^^;

by 青山実花 (2018-11-08 08:59) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

まぁ、裏・市長さんたら、
嬉しいですわ。

赤の他人に脳味噌をあげるだなんて、
よほどのお覚悟が無かったら言えない事です。

では、わたくしが脳死いたしましたら、
早速移植手術をしてもらえるよう、
遺言書に書いておきますわね。

・・・あれ、でも、おかしいですわね。
それによって、得するのは裏・市長さんだけじゃございません?

だって、わたくしはまだJKのピカピカの体、
片や、裏・市長さんの脳は後期高齢者。

裏・市長さん、JKの体を手に入れて、
一体何をするおつもりなの?
やはり、そのご提案、
少し考える時間をいただきたいですわ。

by 青山実花 (2018-11-08 09:00) 

薔薇少女

これ観に行きたいです!
by 薔薇少女 (2018-11-13 19:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。