So-net無料ブログ作成

「殺人者」 [映画]

satsujinsha.jpg
〔1966年/日本〕


--------------------
女優の江波杏子さんが亡くなられていた事を、
ニュースで知りました。


ここの所、ずっと名画座の大映祭に通っており、
江波さんの出演作も、何本か観ていましたので、
驚き、そして悲しかったです。


昨日のコメント欄で、
「明日も田宮二郎さんの映画をアップします」と
書いてしまったのですが、
下書きに入っていた、
江波さんの出演作を先に出します。
予定が変わってしまってすみません。
--------------------



大企業の社長令嬢・安田道代は、
父親の小切手を勝手に使った罰として、
北海道の、人里離れた別荘で、
当分の間、反省するよう言い渡される。


別荘で過ごしていた或る夜、
安田は、3発の銃声を聞く。


不安に思った安田が、
戸締りを確認していると、
家の中に、猟銃を持った男・石立鉄男が入り込んでおり、
銃口を向けられる。


石立は、
隣の家に住む江波杏子と恋仲だったが、
感情のもつれから、
彼女を殺してしまったのだ・・・。





なんとも奇妙な映画。


人を殺したした男が
隣の家に押し入ってきて、
若い女が監禁されたと思いきや、


女は、殺人犯を気に入ってしまったと見えて、
殺人犯を屋根裏部屋へ匿う。


殺人犯が、
「やっぱ、俺、自首するわー」と言っても、
それを許さず、
監禁された側が、
監禁する側に(笑)。


ただ、殺人犯を匿った、
安田道代さんの気持ちも分からなくはない。


なにせ、
殺人犯を演じる石立鉄男さんの可愛い事ったら(笑)。
私の知っている、
どこか変わった中年のおじさんというイメージの
石立さんとは全然違う。
イケメンというほどではないにせよ、
イケメン風ではある。


髪型も、石立さんのトレードマークともいえる、
あの、モジャモジャ頭ではなく、
普通な感じ。
では一体、あの髪型は、
いつからなんだろう。
あれは、天然パーマでなく、
人工パーマだったのだろうか。


石立さんに惚れちゃった安田さんは、
ついに、
警察相手に、このような暴挙に(笑)。
 ↓
satujinsha2.jpg

ご本人は大真面目なんだけど、
なんか笑えた。


評価 ★★★☆☆

nice!(117)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

nice! 117

コメント 8

英ちゃん

江波杏子さんが亡くなられていた事は、私も知りませんでした。

ぁっ、12月15日のクリスマス&忘年会に都合が宜しければ参加しませんか?
by 英ちゃん (2018-11-03 15:51) 

青山実花

英ちゃんさん
コメントありがとうございます。

江波さん、ずいぶん急だったようですね。
残念です。

お誘いありがとうございます。
とても嬉しく思います。
ただ、残念なのですが、
その日は以前から旅行の予定が入っていて、
参加が叶わず、申し訳ありません。
どうか皆様に宜しくお伝えください。
by 青山実花 (2018-11-03 16:39) 

きよたん

江波杏子さん クールでかっこ良かったですよね
素敵な女優さんでした。
by きよたん (2018-11-03 19:37) 

裏・市長

社長令嬢、最終的にここまできちゃうなんて、
これ・・・コントやろ?。

おいっ!てめぇ~、石立鉄男兄ぃを
バカにすんなよ!コンニャロメ!。

「変わった中年のおじさん」とはなんだよ、
ちっとも変わってねぇよ!マトモだよ、マトモ!。
この頭か、誰が天然なんだよ、よせよ!、
そんな野蛮な事、言うなよ!、こりゃあパーマだよ!。
役作りに決まってんだろうが。馬鹿だなぁ~。

役作りはしっかりやってんだけどよ、
子作りもしっかりやってんだよ。
2人の子供がいるんだけどよ、すぐに別居して
家に帰んなかったから、もう顔も覚えてねぇや・・・。

人としても、親としてもどうよ?と思われるけどな、
役者としても、どうよ?と思われるエピソードが
いっぱいあんだよ。特に「酒」な!。
24時間、酒臭いまんまだったってよ!。
それに遅刻な!決められた時間に
現場に来たことがねぇってよ!。

ここまで書くと、どんなクズなんだよ!?って、
思うだろ?、そうだろ?。

でも、昭和時代の俳優ってなぁ、こんなモンよ、
神田の生まれよぉ~。

伊達に日本テレビのゴールデンタイムで、
何年にも渡って主役張ってねぇぜ!コンニャロメ!。


でも、やはり好き勝手生きた人は、
晩年、そのツケが回ってくるのか山城新伍さん同様、
寂しい終幕を迎えたご様子。

裏・市長さんなんか、今は耐えて耐えて生きてるから、
最後はトップレスの女子高生30人ぐらいに囲まれて、
ヨダレたらしながら、息絶えるのでしょう。
今から楽しみで今夜も眠れません!!。


by 裏・市長 (2018-11-05 01:03) 

beny

 当時のアクション映画っていい加減でしたね。路上でドンパチやってもパトカーなんか出てこず、最後のシーンになってやっとパトカーがサイレン鳴らして登場、だなんてね。
by beny (2018-11-05 22:27) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

江波さんは、私とは対極の位置にいるような
素敵な女性ですので、
余計に憧れます^^

by 青山実花 (2018-11-24 11:20) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

いえね、
わたくしは、石立鉄男さんを
決して馬鹿にしてはおりませんのよ。


ただ、いつも、甲高い声で、
喚き立てているおじさんだなぁと。

そうですか、
あの声は、酒焼けですか。
普通、酒焼けといえば、
声がかすれる、渋くなる、などですが、
石立さんに限っては、
甲高くなるんですね。

酒臭いまま仕事場に来るとは、
吉澤ひとみ以来のやる気のなさですが、
それでもオファーがあったのですから、
芸能界に必要な人だったのでしょうね。


いいえ、クズだなんて思いませんわ。
太宰治も言っているではありませんか。
「家庭の幸せは、諸悪の根源」と。

彼は俳優なのですから、
子供の顔なんか知らなくて当然、
俳優業だけを全うすれば、
それで良いのです。
誰が石立さんに、
イクメンなど期待しましょうか。

そういえば、
ナンシー関さんがよく書かれていましたわ。
「石立鉄男の素の喋りを、一度でいいから見てみたい」って。


裏・市長さん、何をそんなに耐えておられるのですか。
残り少ない、後期高齢者なのですから、
好きになさったらよろしい。
バイアグラでも買ってきましょうか?

by 青山実花 (2018-11-24 11:20) 

青山実花

benyさん
コメントありがとうございます。

本当にいい加減ですね。
めっちゃ人が死んでるのに、
その死体を一体どこへ片付けたのか、
一つも説明が無かったり(笑)。

by 青山実花 (2018-11-24 11:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。