So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「プーと大人になった僕」 [映画]

poohtootonaninattaboku.jpg
〔2018年/アメリカ〕


子供時代を、
「100エーカーの森」で、
プーやその仲間と楽しく過ごしていた
クリストファー・ロビンも、今は大人。


仕事に追われ、
週末を、
愛する妻・イヴリンや、可愛い娘・マデリンと
過ごす事もできない。


そんな彼の前に、
プーが突然現れ・・・。





以前、
アニメの「くまのプーさん」を観た時、
 ↓
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2016-11-06


クリストファー・ロビン君の、
「僕はもう一生、“何もしない”って事はできなくなるんだ」
というセリフにジーンとなった、と書いた。


一見のんきな「くまのプーさん」に、
こんな哲学的な、深いラストがあるんだ、と、
考えさせられ、
今でも機会があると、このラストを、
人に話しているくらい、
自分の中で強烈な印象を残したセリフ。


で、今回、
「くまのプーさん」が実写化されたわけだけれど、
さすがに考えるな、ディズニーは。


ただそのまま、アニメを実写にするのでなく、
クリストファー・ロビンが、大人になっているなんて。
そして、彼はかつて幼かった自分が言った、
「“何もしない”って事ができない」大人になっている。


もちろん、大人になったからには、
働く事は当然だし、
彼には家族もいる。
でも、娘との週末の約束を反故にしてまで、
しなくてはならない事って、何なの?って。


こういった内容の映画を観た時、
いつもの私だったら、
「仕事と家族は比べられないよ、
仕事をしてくれている夫や父に不満を言うのは贅沢じゃない?」と
思ってしまうところなのだけれど、
まぁ、この映画は、
「何もしない」という時間が、
どれほど大切かを描いているわけだから、
イライラせずに観られる。


ディズニー映画だから、
紆余曲折はあっても、
ラストはもちろん、ハッピーエンド。


「もっと肩の力を抜いていこうよ」と
言われてるみたいな、
いい映画だった。


評価 ★★★★☆

nice!(53)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

nice! 53

コメント 8

Ginger

大人になったから、何もしないことの素敵さがわかる。。。大人だって、そんな日があっていいんだ、と思えた幸せ♪
by Ginger (2018-10-13 12:41) 

mitu

いい映画でしたか
観たいです(^^♪
by mitu (2018-10-13 13:24) 

英ちゃん

この映画のくまのプーさんは、ぬいぐるみが動いてるとしか思えない(゚□゚)
それに、くまのプーさんはもっとデカイと思ってたw
by 英ちゃん (2018-10-14 00:46) 

裏・市長

子供のころは「何もしない」ということが出来た。
(もちろん、なんだかんだやってんだけど)。

時間は無限にあると思えて、終わりが来るという
意識すらなかった。

「オトナ」になるというのは楽しい面も、
自由もあるけれど、なんらかの制約と責任と、
暮らしに追われて、「何もしない」なんて事すら
忘れてしまってるね。

でも、うまくしたもんで、人間トシを取ると
もっと色々忘れてしまうみたいだ。

プまのくーさんの中に人が入っていることも、
ぬいぐるみだということも忘れていたよ。

ボクなんか朝ごはんを食べた事すら忘れてしまって、
昨日も鬼嫁に虐待を受けたところだ。
でも、食べた覚えがないんだけどなぁ…。

で、この映画のくーは、一体何をしに、
クリストファーの前に現れたの?。
やっぱり・・・借金の申し込み?。
by 裏・市長 (2018-10-17 04:25) 

青山実花

Gingerさん
コメントありがとうございます。

そう、大人だからこそ、
気付けたことがある。
たまには「何もしない日」を作りたいですね^^

by 青山実花 (2018-10-18 11:31) 

青山実花

mituさん
コメントありがとうございます。

mituさんならきっと楽しめるような気がします。
ぜひ観てみてくださいね^^

by 青山実花 (2018-10-18 11:32) 

青山実花

英ちゃんさん
コメントありがとうございます。

ぬいぐるみとはいえ、
プーさんの表情が豊かで良かったです^^

子供の頃、大きいと思っていたものが、
大人になると意外に小さかったという感覚でしょうか^^

by 青山実花 (2018-10-18 11:32) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

子供の頃は、
大人になるとインターネットというものができて、
ブログというもののコメント欄に、
知らない人から嫌がらせ書き込まれるなんて、
夢にも思っていませんでした。


裏・市長さんの鬼嫁の事は、
こちらにも噂が来ています。

なんでも、
ご飯をくれない、殴る蹴る、嫉妬深い、など、
最低の悪妻だとか。
でも、裏・市長さんはそんな奥様を
なぜか惚れ抜いていて、
別れられないとも聞いております。

ちなみに、私の中の、
「一億人二千万人が離婚を勧めても、
 自分が好きならそれでいい」2大夫婦は、
野村監督&野村沙知代
樹木希林&内田裕也
でございます。

プーさんが来た理由は、
宗教の勧誘でございます。

by 青山実花 (2018-10-18 11:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。