So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「この世界の片隅に」 [映画]

konosekainokatasumini.jpg
〔2016年/日本〕


昭和19年。
18歳のすず(声・のん)は、
生まれ育った広島市から呉市へ、
嫁いだ。


のんびりしたすずは、
嫁ぎ先で、失敗も多かったが、
夫や、義父母や、義理姉や、義理姉の娘との
生活も軌道に乗り始める。


そんな中、戦況は厳しくなり、
軍港のある呉は、
アメリカ軍から、格好の標的にされ・・・。





先日、茨城県に旅行に行った時、
昭和な映画館、
土浦セントラルシネマズに行ったと書いたけれど、
 ↓
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2018-09-20

その時、観たのが、
この、「この世界の片隅に」です。


2年前に公開され、
すでにもう、DVDのレンタルもされているこの作品を、
劇場で観るのは、
一瞬の迷いがありましたが、
でも、大変に評価が高い作品だと聞いているし、
せっかく来たのだから、と、
チケットを買ったのです。


感想は、といえば、
もう、言葉もありませんでした。


こんなのんきな主人公で、
のんきな絵で、
出だしはのんきな物語だというのに、
緊張感が半端ないのです。


主人公のすずが、
のんきな女の子であればあるほど、
何か悪い予感、
この先、何か嫌な事が起るに違いない、という、
ピリピリした感じに満ちている。


時代が、昭和19年、
場所が広島、と聞けば、
「歴史を知っている日本人なら、当然だろう」
との向きもありましょうが、
でも、同じ題材を扱った映画の全てから、
これほどの緊張感が伝わってくるのかといえば、
そういうわけではありません。


詳しくは書けませんが、
広島で起こった戦争の悲劇は、
原爆だけではない、というか、
おそらく、戦争中は、
日本のあらゆる所で、人の数だけ、
悲しみがあったであろうことが、
これを観ると分かります。


そして、この映画の良さを、
さらに引き出しているのが、
すずの役を担当されている、
のんさんの声。
こんなに、絵や内容と合った声ってあるんだろうか、
というくらい、ピッタリで、
素晴らしかったです。
のんさん、これからも頑張ってほしい。


本当に観て良かったです。
この映画のDVD、
実はちょうど、友人からお借りしていたものですから、
茨城県から帰ったその日のうちに、
もう一度、観ました。
記憶をさらに上書きできてラッキーでした。


多くの方に観てほしいと心から思っています。


評価 ★★★★★

nice!(62)  コメント(19) 
共通テーマ:映画

nice! 62

コメント 19

don

そ、そうなんですか?
そんなにいいんですか?
まだ見てないんです。アマゾンプライム待ちしてます^^;
by don (2018-10-02 12:41) 

にゃごにゃご

私も観ました。
「観て良かった」と思いました。
by にゃごにゃご (2018-10-02 12:59) 

きよたん

テレビの連続ドラマで見てました。
どんな人でも戦争に影響を受けた時代
時代だけは変えられない運命
あの時代皆が助け合って生きていた部分もあります。
今はどうなんでしょう いい時代なのだろうかと考えて
しまいます。
by きよたん (2018-10-02 15:11) 

NO14Ruggerman

日曜劇場で放映された内容が評判になっていたので
観損ねた私としてはつい先日アニメの存在を知りました。
すると実花さんの本記事に出会う偶然!
しかも久々に拝見した★5つ。
明日ツタヤへ直行します。
by NO14Ruggerman (2018-10-03 01:19) 

向日葵

テレビ版を少し前に放映していましたが、
アニメ版とは大分違っていたのでしょうか・・??
by 向日葵 (2018-10-03 06:19) 

リュカ

これは絶対みるつもりです!
いちどテレビで放送された記憶が。。。でも見そびれたの;;
by リュカ (2018-10-03 10:09) 

mitu

テレビドラマもとても良かったと思います。
すず役の女優さんもアニメの雰囲気のまんまでした
のんさんが演じられても良かったと思いましたが、いろいろあるのでしょうね・・・。
by mitu (2018-10-03 21:45) 

青山実花

donさん
コメントありがとうございます。

そ、そうなんですよ(笑)。
そんなにいいんです。
アマゾンプライム、確認してみましたら、
もうアップされているようですね。
そこに書かれた皆様のコメントも、
大変に熱が入っているようです。

by 青山実花 (2018-10-04 09:29) 

青山実花

にゃごにゃごさん
コメントありがとうございます。

私も観て良かったです。
観終わっても、すずさんが体から離れませんでした。

by 青山実花 (2018-10-04 09:29) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

ドラマも、評判がいいようですね。
私もDVDになったら、観てみていたいです。

確かに、古い映画を観ていても、
相互補助というか、
みんなが助け合って生きている時代でしたね。
昔の社会と、今の社会、
いいとこどりできると、
素晴らしい社会になるのでしょうが・・・。

by 青山実花 (2018-10-04 09:30) 

青山実花

NO14Ruggermanさん
コメントありがとうございます。

私も、映画もドラマも見損ねていました。
土浦に行かなければ、
観るのはもっと後になっていたと思います。

NO14Ruggermanさんも、
ぜひ観てみてください。
そして、お時間があったら感想を聞かせてくださいね^^

by 青山実花 (2018-10-04 09:30) 

青山実花

向日葵さん
コメントありがとうございます。

私はドラマを観ていないので、
比べる事はできないのですが、
とても評価が高いようですね。
機会がありましたら、ドラマも観てみますね。

by 青山実花 (2018-10-04 09:31) 

青山実花

リュカさん
コメントありがとうございます。

私も観そびれたまま、ここまできてしまいました。
リュカさんにも絶対観てほしいです。
きっと感動されると思います。

by 青山実花 (2018-10-04 09:31) 

青山実花

mituさん
コメントありがとうございます。

やはりドラマも良かったのですね。
きっと原作も素晴らしいのでしょうね。

のんさんも、
そして何かの事情で、
映画やテレビに出られなくなってしまった方々も、
つまらない理由で
才能の芽が摘まれてしまう事、本当に悔しく思います。

by 青山実花 (2018-10-04 09:31) 

薔薇少女

テレビの連続ドラマで観ましたが、めっちゃ良かったです!
戦争の悲惨さ、その中でたくましく生きる普通の人々、
主人公のすず役の女性の子役から大人になる過程も
役者も素晴らしかった!
全ての出演者が意味の有る『出かた』?をしていて、
最終回まで感動を持って観ました!

>すずの役を担当されている、
のんさんの声。
こんなに、絵や内容と合った声ってあるんだろうか
のんさんという人をしらないのですが、テレビドラマのすず役の人と
リンクして居て欲しい気がします!
by 薔薇少女 (2018-10-06 16:52) 

裏・市長

いや、劇場のスクリーンで最初に観た、
というのが大事ですよ。

内容を確認するだけならば、デーブイデーでも
充分なんです。
でも、「映画を観る」という行為は
全身で感じる事なんです。

特に青山実花さんなんか、ご自宅で見られる
時なんか、常にクチが動いてますもん。
さらにコタツでプープープープー・・・。
おひとりならいいですけれど、
ご一緒におられる方がいた場合、
それはもう「公害」ですよ。お気を付けください。

この作品、テレビ版2種類あるんですよ。
一作目で、すずさんを演じたのは、
セーラームーンでセーラーマーズを演じた、
北川景子さんなんです。

すずさんのイメージからすると、
少々キッツイ感じがして食わず嫌いで
まだ見てないんです。

ドラマがはじまる前は、実写ものんさんで!、
という声が大きかったのですが、
松本穂香さん、なかなかに好演。
常に鼻の穴を見開いて、がんばってました。

で、話は最初に戻るんですけれど、
やはり「映画館で観たい映画」というのはあります。
できれば「フィルム」上映で観たい。
けれど、今のシネコンって
もう、映写機がないんですって。

テレビ局もデジタル納品がメインで、
すでにフィルムを扱える技術者がいないとか・・・。

若い人はもう「ビデオ」を知らないんですよ!。
信じられます?。

裏・市長さんを知らないso-netブログの方々も、
増えてきているとか。
でもさすが、「青山実花」は100人中、
105人がご存知でした!。

ワタシ、マケマシタワ。



by 裏・市長 (2018-10-06 23:12) 

青山実花

薔薇少女さん
コメントありがとうございます。

ドラマ、見られていましたか。
やはりとても良いのですね。
DVDのレンタルが開始されましたら、
見てみますね。

のんさんとは、
NHKの朝ドラ「あまちゃん」で主役を演じた、
能年玲奈さんといえば、お分かりになりますでしょうか。
私は「あまちゃん」は見ていないのですが。

by 青山実花 (2018-10-08 00:45) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

確かに、今の時代、
映画は特に劇場で観なくても・・・
と思う事もありますが、
この作品は、劇場で観て良かったと、
心から思いました。


まぁ!わたくしが家で映画を観る時、
常に口が動いていると、
なぜご存知なのですか?
隠しカメラでも仕掛けてあるんですか?
あ、でも、そんな事はなさそうですわね。
わたくしの家にはコタツはありませんのよ。


わたくしも、
北川景子さん版がある事を、
最近になって知りました。

北川さんとのんさんって、
まるで人種が違うみたいに、
違いますわねぇ。
質感が全然違います。

北川さんは、どう考えても、
鈍くさいすずさんのイメージではありませんね。
松本穂香さんというかたは存じ上げない・・・
と思っておりましたら、
「恋は雨上がりのように」に出ておりましたのね。
どの子なのかしら?
記憶にございますか?


そうですか、
ビデオを知らない世代が出てきましたか。
わたくしは、うちのビデオデッキが壊れたらどうしようと、
今から心配しているのですが。


何を仰いますか。
裏・市長さんを知らないソネットの方など
いるわけありませんわ。
一番人気ではありませんか。
それに比べてわたくしなど、
裏・市長さんの足元にも及びませんわ。

by 青山実花 (2018-10-08 00:46) 

薔薇少女

>のんさんとは、
NHKの朝ドラ「あまちゃん」で主役を演じた、
能年玲奈さんといえば、お分かりになりますでしょうか。

テレビはくまなく見てるので、能年玲奈さんは勿論知っております!
あまちゃんでの能年玲奈さんは確かに鈍くさいすずさんのイメージに
近いと思いますが、圧倒的に松本穂香さんの鈍くささはマジ卍?
とでも、言いたい位、秀逸でした!脇役の役者さんも本当に
素晴らしく、あの時代の、切なさや、悲しみ、その中にほんのりと
漂う笑いと普通に生きて行く事の貴重さが、身に染みた作品でした!
やはり連続物は色んな人の人生も深く描けるので、映画とは
また別の感慨が有ると思いました!
今年一番感動したテレビドラマでした!
2位は、9月末で終わったNHK朝ドラの『半分青い』でした!
今でも『りつ&すずめ』ロスです・・・
何のこっちゃか解りませんよね、ご免なさい。
by 薔薇少女 (2018-10-08 16:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。