So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「迫り来る嵐」 [映画]

semarikuruarashi.jpg
〔2017年/中国〕


1997年。中国。
ユイは、大きな工場で警備を担当する男。
この工場の敷地内で、
連続女性殺人事件が起こる。


ユイは、刑事気取りで、
犯人を探し始める。
彼は、警備の仕事で実績を上げているし、
警察でも、顔馴染みなのだ。


4人目の女が殺された。
犯人らしき男を見つけ、
追いかけるユイ。
しかし、取り逃がした上に、
一緒にいた仲間を死なせてしまう・・・。





試写会で観た。


第30回東京国際映画祭で
上映された作品だそうで、
来年の1月、一般公開されるようだ。

tiff2017.jpg


この映画の特徴は、雨。


とにかく、ほぼ全部の場面で、
陰鬱な雨が降っている。
雨が降っていない時でも、
空はどんよりと曇り、
カラっと晴れた日は一日もない。


そんな中、起る殺人事件。
雨で濡れた死体、というのは、
青空の下で見るそれよりゾッとするし、
嫌な気持ちが数倍増す。


そして、刑事でもないのに、
なぜか必死になって、
犯人を探す、主人公。


彼は工場の、しがない警備員だ。
他の警備員より、
少しだけ、
工場内の盗難を解決した件数が多かった事で、
表彰され、
満更でもない様子を見せるだけの、
エリートとは言えない男だ。


彼は、犯人を挙げて、
皆の尊敬を集めたかったのか。
いや、セリフの中に、
「公務員になれる」というのがあるから、
事件は、自分にとって、
チャンスだと思ったのかもしれない。


けれど、そんな彼の必死な行動が、
彼自身と、
周囲の人間の運命を
大きく変えてしまう。


ラストは、
不完全燃焼ではないけれど、
虚しさも大きい。


評価 ★★★☆☆

nice!(53)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

nice! 53

コメント 4

裏・市長

警備員が刑事きどりで捜査を開始する…。

もう、この時点でおかしいねん。
多分、「名探偵コナン」とか、
「金田一少年の事件簿」の見過ぎちゃうか?。

大体、あいつらもおかしい。
そんなに毎度毎度、身の回りで殺人事件起きるか?。
旅行に行ったら、必ず誰かが死ぬ。

ワシが刑事だったら、捜査協力を要請するより、
まず、金田一やコナンを疑うね。
なぜ、こいつらの周りでばかり事件が起きるのか…。

で、この晴れ間のない国では、
一般人でも、実績さえあげれば警察官になれるのだな…。
そらぁ、プチコナンも出てくるわ。

それにしても、
この事件よりスゴイのは
「来年1月一般公開の映画」をもう観ていることだ!。

いったいどんなコネか、カネがあれば、
そんなことが可能になるのか?。

自分ばっかり・・・。
by 裏・市長 (2018-10-02 07:54) 

旅爺さん

サスペンスは内容をころころ変えるので、
最後の予想は付きませんね。面白そうな映画ですね。
by 旅爺さん (2018-10-02 07:59) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

まぁ、裏・市長さんたら、
よくお分かりになりましたわね。

この映画の主人公・ユイは、
「名探偵コナン」と「金田一少年の事件簿」の
オタクらしく、
お部屋は、この2作のコミックスと、
グッズとフィギュアで溢れておりましたわ。

だから、
警察に任せておけばいい事件に、
無理矢理首を突っ込むんですわね。

余計な事をするから、
余計な死人が増える一方で、
良い事なんか、一つもありませんでしたわ。


あら、裏・市長さんだって、
行く先々で、殺人事件に遭遇しているではありませんか。

井戸に突き落とされた死体があったり、
梅酒に入れられた毒で殺された女がいたり、
交通事故が目の前で起こったり、
近所の老婆が孤独死していたり・・・。

by 青山実花 (2018-10-02 22:34) 

青山実花

旅爺さんさん
コメントありがとうございます。

サスペンスはどんでん返しがあるので、
目が離せませんね。
緊張でドキドキしますね^^;

by 青山実花 (2018-10-02 22:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。