So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「あん」 [映画]

an.jpg
〔2015年/日本〕


小さなどら焼き店の店主・千太郎(永瀬正敏)の所に、
アルバイト募集の貼り紙を見た
老女・徳江(樹木希林)が、
「働かせてほしい」とやって来る。


最初は断った千太郎だが、
その後、徳江が持ってきた餡を食べ、
その美味しさに驚いた彼は、
採用を決める。


徳江の餡で作ったどら焼きは、
たちまち評判になり、
店には行列ができるまでになる。


ところが、徳江がハンセン病患者だとの
噂が広まり、
客足はパッタリ途絶えてしまう・・・。





この映画はもう、
ハンセン病が、とか、
差別が、とか以前に、
樹木希林さんの演技に圧倒されてしまう。


いや、圧倒なんていうと、
凄い迫力のようなイメージを与えてしまいそうだけど、
そうではなく、
なんだろう、言葉には言い表せないような
演技力というか、
あー、上手く書けない自分がもどかしい。


実際、食べたわけでもないのに、
映画を観ているだけで、
樹木希林さん演じる徳江さんの作った餡は
絶対美味しい、って、
分かる。


小豆に対する愛情。
心を込めて作る工程。
仕事ってこういう事だって、
教えられる。


永瀬正敏が、
今までどら焼きの餡は、
一斗缶に入った、
どこかの食品工場で作った物を使用していたと知った時、
徳江さんも驚いてたけど、
私も驚いた。


そっか、食べ物って、
店頭で作っているように見えるものでも、
そんな風なからくりがあるのね、って。
つまりは、永瀬正敏が作っているのは、
どら焼きの「皮」だけだって事で。


徳江さんが幼い頃、
ハンセン病の療養所に入った時、
母親がブラウスを持たせてくれたという
逸話には涙が出た。


それから、
療養所で、
徳江さんと姉妹のようにして過ごしている、
市原悦子さん演じる佳子さんの存在が、
私にはとても嬉しかった。


徳江さんに、
そんな親しい友達がいる事、
親にも会えないような、
隔離された一生だけど、
佳子さんがいてくれて本当に良かった、
佳子さん、ありがとうって。


自分の運命を受け入れ、
決して不満を言う事なく、
淡々と生きる。
私がそうありたいと思いながら、
中々できない事を、
徳江さんは体現してくれている。


観てよかった。
いい映画だった。


評価 ★★★★☆

nice!(53)  コメント(14) 
共通テーマ:映画

nice! 53

コメント 14

きよたん

確かに樹木希林さんにしかできない演技ってありますね
あんも別の役者さんだったらまた全然別のものになって
いたかもしれませんね
見ていないので偉そうなこと言えませんが。。
by きよたん (2018-09-24 18:11) 

馬爺

今の夜の中なんでもない事を噂が広まるんですよね、なぜ差別が広まって行くんでしょうね、人が人を差別するなんて許せないですね、自分が偉いと思っている人が多すぎ金持ちが蔑みをすること自体がおかしいですね。

by 馬爺 (2018-09-24 18:37) 

yonta

樹木さんの演技…私も上手く言えませんが^^;
なんとなく青山さんのおっしゃりたいこと、
わかるような気がします。

役に対する考え方、役を通しての物語の伝え方に、
独特の力がある俳優さんでしたね。
この作品は未見なので、今度観てみます(^^)

あん、と聞いて、だいぶ昔中野にあった、
今川焼屋さんを思い出してしまいました。
あんがぎっしり詰まっていて、手に乗せるとずっしり重く、
食べ応えがあって、おいしかったんです♪
真夏はあんのため(?)に、お休みしているお店でした。
by yonta (2018-09-24 21:22) 

向日葵

この話は原作をかなり初期に読みました。

樹木希林さんなら適役以上の適役!!
あの原作を樹木希林さんが演るのなら、
余計に、絶対に見てみたい!!

母や、周りの人たちにも一人でも多く勧めたい!!

やはり映画も良かったですか?

なかなかスケジュールが厳しそうですが、
これは是非とも劇場で見たいと思っています。
by 向日葵 (2018-09-24 23:40) 

Ginger

観ました・・・原作も読んで・・・胸が痛くて、泣いちゃいました。。。
by Ginger (2018-09-25 12:22) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

いえいえ、
映画を観られていなくても、
樹木希林さんの演技の凄さが想像できるのが、
また凄い所なのですよね。

いつか機会があったら、
観てみてくださいね。

by 青山実花 (2018-09-25 15:36) 

青山実花

馬爺さん
コメントありがとうございます。

差別はあらゆる所で発生しますね。
人は自分より下だと思えるものを
作らずにはいられないのでしょうか。

本当に偉い人は、
多少の事は鷹揚に構えていられるはずなのですが。

by 青山実花 (2018-09-25 15:36) 

青山実花

yontaさん
コメントありがとうございます。

そうなんです。
力強いけど、
力んでいるわけではなく、
スッと人の心に入ってくるような
演技なのですよね。

yontaさんにも、絶対観てほしいです。

中野の今川焼屋さんですか。
う~、読んでいるだけで美味しそうです^^
そのうち、また、
甘い物など、食べに行きましょう^^

by 青山実花 (2018-09-25 15:37) 

青山実花

向日葵さん
コメントありがとうございます。

おぉ!
原作を読んでおられますか!
感動なさったでしょうね。

樹木希林さんは、本当に
徳江さんが乗り移ったみたいに、
役にピッタリでした。

この映画は2015年の作品なので、
私はDVDで観たのですが、
たしか、
また劇場にかかるとか。
ぜひ観てみてくださいね。

by 青山実花 (2018-09-25 15:38) 

青山実花

Gingerさん
コメントありがとうございます。

Gingerさんも、原作読まれてますか。
確かに、
泣いてしまうお気持ち、分かります。

by 青山実花 (2018-09-25 15:39) 

mitu

見たかった映画です。
原作も読んでみようと思います。
公開待機中の「日日是好日」は原作を読み公開を楽しみにしていたところでした。
 昨夜NHKの「樹木希林を生きる」という放送を見て、余命宣告をされても4本の映画を撮り続けられた希林さんの人間性に、驚きと感動を覚えました。
最後に撮られたドイツ映画?と浅田美代子さん主演の「エリカ38」
(樹木さんプロデュースの映画)も、ぜひ見てみたいと思います。

 それにしても、「がんばって」と、煮てる小豆に声をかけ「おいしくな~れ」と思いを込めて作った「あん」絶対!おいしいさ~(^^)/
by mitu (2018-09-27 10:35) 

青山実花

mituさん
コメントありがとうございます。

あぁ、この映画、
mituさんなら、絶対感動されると思います。
本当に観てほしいです。

「樹木希林を生きる」、途中まで見ました。
ご自身のしわを、「これが好き」という樹木希林さんを
凄いと思うと同時に、
年齢に抗いたくなってしまう自分が、
樹木希林さんの年齢になった時、
同じように達観できるのか、
と色々考えさせられました。
録画してあるので、続きを見たいと思います。

あんな風に心を込めて作った餡、
絶対美味しいですよね^^

by 青山実花 (2018-09-27 17:43) 

裏・市長

ぁん…。

なんて言うから、ボクはまた18歳未満は
観てはいけない映画なのだと思ってました!。

「あんこ」の「あん」なのですね!。
これでお子様にも安心してオススメできます。

行列の出来る有名店でも実は・・・ってのは・・・あるな!。
ウチの近所でフランス仕込みのシェフの店、
というのが「売り」の飲食店があった。

こんなクソ田舎で・・・と思っていた。
ある日、ボクは見たんだ。
その店の駐車場に某有名化学調味料メーカーの
軽トラックが停まっていて、
店に品物を運び入れていた・・・。

まぁ、大和高田市の田舎モンに
食わせる料理だしね!。
そんな3日も4日も煮こんでスープなんか、
とってらんないよ!。

てーか、わからんでしょ?違いが、高田市民に。

まぁ、裏・市長さんぐらいのグルメになれば、
ひと口、舌に乗せただけで、後は口をつけず、
店を後にする・・・。

そんな違いのわかるダンディーな男ばかりだと、
このような事もなくなると思うのですが・・・。

その後、通報されて無銭飲食で捕まるのですけれど・・・。

でも、そんな詐欺のような店に対価が支払えますか?!。

だから、あんこの超有名店だって、
大鍋の中にうんこ20%混ぜててもわからんよな!。

そんなんに限って、知った風なレポーターが、
「ここに店はこくがありますねぇ~」などと
高評価をつけるのだ!。

テレビに惑わされるな、行列にごまかされるな、
本当にウマイもんはキミのその手で見つけろ、探せ!。
by 裏・市長 (2018-09-29 03:47) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

え?
あのお店、
自家製のスープ使ってるんじゃないのですか?

本場おフランスで、
26年も修行してきたシェフだと、
信頼しきって、通っていたというのに。

お、おかしいですわね、
わたくしのこの、神と呼ばれる舌が、
そんなものに騙されるはずないのですが。

き、きっと、
裏・市長さんの見間違いですわ。
だって、わたくしはグルメなのですよ。
数々のレストランに通い詰めて、
世界中のお料理を堪能してきたのですよ。

毎日、ブログのレストラン評価も、
容赦しなかったのですよ。
昨日のなんか、読んでくださいました?

「舌に残る、まったりとした、
 甘味と苦味と酸味と辛味が最高。
 ただ、盛り付けが残念」・・・

くー、最高!
我ながら、
天才かと思うほどの、
この食レポ。
どこかの雑誌から、
ライターとしてのお誘いがかからないかなー。


> 大鍋の中にうんこ20%混ぜててもわからんよな!。

分かるわ!

by 青山実花 (2018-10-04 10:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。