So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「アントマン&ワスプ」 [映画]

antmanandwasp.jpg
〔2018年/アメリカ〕


バツイチで、
最愛の娘とも中々会えない、
冴えない男・スコット(ポール・ラッド)。


彼は、身長1.5センチになれるスーツを
手に入れた事で、
最強ヒーロー「アントマン」になれるようになったはいいが、
ある事がきっかけで、
FBIの監視下に置かれてしまう。


アントマンスーツの開発者・ピム博士(マイケル・ダグラス)は、
娘・ホープ(エヴァンジェリン・リリー)にも、
開発したスーツを与える。


かくして、2人は、
アントマン&ワスプとして、
危険な敵に立ち向かうのだが・・・。





試写会で観た。


諸事情により、
ブログへのアップが遅れて申し訳ありません。


前作も劇場で観て、
 ↓
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2015-10-04
中々面白かったので、
私の中で、好感度の高いヒーロー・アントマン。
(私のことなど、どーでもいいが(笑))


ヒーローヒーローしていないのが、
好感度の理由なのか、
アントマン、というより、
生身のスコットの、
ちょっと駄目な感じがいい。


彼は、
小さくなったり、大きくなったりと、忙しい(笑)。
あんなに体が伸び縮みしたら、
健康によくないんじゃないかと思ったり(笑)。


それから、今回の敵の女の子の体が、
ホログラムみたい、というか、
手を触れられなくて、本人も苦しんでいて、
ちょっと可哀想な感じ。
お食事はどうしているのかしら、とか、
食い意地だけでしか物事を考えられない
自分が情けないけど(笑)。


ピム博士は、
人間だけでなく、
建物も小さくして、
持ち運べるようにできるんだけど、
あんな風に斜めにしたら、
元の大きさに戻した時、
中はグチャグチャだろうな、などと、
つまらない事が気になってしまう。


予告にもあるけど、
今や世界のスター・キティちゃんが、
意外な形で出てきて嬉しくなる。


評価 ★★★☆☆

nice!(55)  コメント(6) 

nice! 55

コメント 6

英ちゃん

ヒーローもので、小さくなれると言えばウルトラセブン(だったか?)はミクロになれるのを思い出したよ(゚□゚)
人の体内に入って細菌と戦うんだよね(゚□゚)
by 英ちゃん (2018-09-23 23:44) 

馬爺

おはようございます。
毎月結構な本数映画見られるようですね、私は最近アマゾンで懐かしのを見たりしております。
by 馬爺 (2018-09-24 10:49) 

裏・市長

身長1.5センチ!!。

ということは身体のアチコチも小さいと
いうことですね!ズバリそうでしょう!。

頭は1ミリ、腕なんか3ミリ、足も2ミリ、
あと・・・まぁ色々と小さいんですね!。
それはちょっと・・・。

さぁて、英ちゃんさんにつづいて
マニアックゾーンな会話しようか!。

ハイ、確かにそれは、
ウルトラヘブン第31話「悪魔の住む花」ですね。

「ミクロの決死圏」をベースに、
少女の体に侵入した、宇宙細菌ダリーを
倒すためウルトラヘブンがミクロ化して、
少女の鼻の穴から突入するのです。

戦う舞台は10代の少女の体内です!。

もう、モザイクなしではお見せできません!。
あまりの修正ぶりに30分間、
何が起こっているのやら、
視聴者にはまったくわかりません!。

戦いが終わってわかったこと。

ヘブンを体内で暴れまわらせていたのは、
若き日の松坂慶子さんでした。

幼すぎて、顔パッツンパッツン!!。
by 裏・市長 (2018-09-25 13:25) 

青山実花

英ちゃんさん
コメントありがとうございます。

書いてくださったウルトラセブンのお話、
映画「ミクロの決死圏」のようですね^^;

by 青山実花 (2018-09-25 15:13) 

青山実花

馬爺さん
コメントありがとうございます。

今や映画はどこで観てもいい時代になりましたね。
アマゾンで古い映画、
いいですね^^

by 青山実花 (2018-09-25 15:14) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

裏・市長さん、そのようなご心配は、
無用でございますわよ。

アントマンがいくら小さくても、
同じ縮尺で、ワスプも小さくなれば、
何も支障はないのでございます。
色々と。


え?
なんですか?
宇宙細菌ウラー?

そんな邪悪なものが、
松坂慶子さんの体に入ってしまうんですか?

それは危険すぎますよ。
ミクロのセクハラではありませんか。


なるほど、それで分かりました。
松坂慶子さんのご結婚の際、
お父様が大暴れなさった理由が。

そんな汚れ仕事を
耐えて耐えて頑張ってきた松坂さんなのに、
名前も知らない日本人ミュージシャンに
かっさらわれるのが、
我慢できなかったんでしょうね。

努力って報われないものなのですね。

by 青山実花 (2018-09-25 15:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。