So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「ダウンレンジ」 [映画]

downrange.jpg
〔2018年/日本・アメリカ〕


男子3人、女子3人の大学生グループが、
車で山道を走行中、
タイヤがパンクする。


タイヤを交換している時、
中から薬莢が出てくる。
これは、自然にパンクしたのではなく、
何者かが銃を撃ち、
故意にパンクさせられたのだと
気付いた時から、
恐怖が始まる。


どこにいるのか分からない人間が、
こちらに向けて銃を撃ってくる。
男女各1名が撃ち殺される。


残った者は、
車の陰や、切り株の陰に隠れるが、
相手は容赦なく銃を撃ってくる。
こんな山道、
車は通らず、
ケータイの電波も入らない・・・。





試写会で観た。


これは、
血を見るのが嫌いな方には、
絶対にお勧めできない。


とにかく血でいっぱい。
いや、血だけならまだいいけれど、
それより私がゾッとしたのは、
銃で頭を撃ち抜かれて、
地面に広がった、脳髄。


アスファルトに広がる、
液体のような、固形物のようなドロドロのそれに、
太陽が当たり、
蠅がたかり、
カラスがやって来る。


「この程度の映像、大丈夫」と思って観ていたけれど、
やっぱり気持ち悪くなってくる。


なぜ、犯人が、
この男女のグループの車を狙ったのかは、
描かれていないけど、
観た感じ、
誰でも良かったように思える。
通りかかったのが運の尽き、という感じで。


ほぼ、半径10メートルだけの範囲で描かれる、
シチュエーションムービー。
監督は、ハリウッドでも映画を撮っている、
日本人の北村龍平さん。


映画の前に、監督さんや製作さんなど、
映画に関わった皆様の舞台挨拶があった。
それから、藤原紀香さんも来た。
※注・藤原さんは、映画には出ていません(笑)。

downrange2.jpg


評価 ★★★☆☆

nice!(59)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

nice! 59

コメント 6

きよたん

青山さんの表現から想像できて気持ち悪い
幽霊のより怖い映画ですね
by きよたん (2018-09-11 20:34) 

馬爺

こんな恐怖映画は見ないですねと云うより見たくないですよ。
この様な映画から実際の事件が起きるのではないかなと思うんですね。
by 馬爺 (2018-09-12 09:40) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

何だか綺麗な表現でなくて、すみません^^;
私も、幽霊より、
現実の人間の方が怖いです^^;

by 青山実花 (2018-09-15 14:22) 

青山実花

馬爺さん
コメントありがとうございます。

この内容は、
現実にも、起りそうですものね。
モンスターやクリーチャーなら、
笑って見ていられるのですが。

by 青山実花 (2018-09-15 14:22) 

裏・市長

合作なの?舞台は日本なの?。
これだけソフトバンクに支配されている
日本で携帯の電波が届かない場所なんてあるの?。

そういえば、昔々携帯電話の出はじめ、
トランシーバーみたいにでっかい時代、
かけるにも受けるにも、アンテナ伸ばして、
表に出たり、窓際に行かないといけなかった
記憶があるわ~。

・・・いや、そんな事はどうでもエエねん。

この映画って「この世界の片隅に」と同じ
プロデューサーなのだね。
ホラーサスペンスに見せかけて、
最後はきっと感動させてくれるに違いない!。

「うちを撃ってくれて、ありがとう」。

で、
>>それから、藤原紀香さんも来た。

・・・なにしに来たの?。

by 裏・市長 (2018-09-15 21:17) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

この映画は、
監督さんは日本人ですが、
出演者さんは、
ほぼ全員が白人さんと黒人さんです。

私のフェイスブックのお友達の黒人さんも、
多数出演なさっています。
裏・市長さんも、ぜひ観てみてくださいね。


え!
こんなドロドログチャグチャな映画と、
「この世界の片隅に」のプロデューサーさんが
同じなのですか!?
人間の二面性って怖いですわね。


> ・・・なにしに来たの?。

知らない。

by 青山実花 (2018-09-19 09:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。