So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「singlemom 優しい家族。 a sweet family」 [映画]

singlemom.jpg
〔2018年/日本〕


愛実(内山理名)は、
白人の夫のDVから逃れ、
11歳のハーフの娘・エミリー(長谷川葉音)と、
北海道のニセコに戻ってくる。


しかし、仕事も中々見つからず、
生活は困窮。
役所は生活保護を受けろというが、
それにもためらいがあり、
将来を考えると、不安だらけだ。


エミリーは、
ミニカー職人の大西(木村祐一)と知り合い、
彼の家に行くようになるが、
大西の欲しがっていた塗料を万引きしてしまい、
愛実のストレスは頂点に達する。


実は、愛実自身も、
子供時代、父親がおらず、
母親から虐待されて育っているのだ・・・。





試写会で観た。


この映画には夢がない。
なーんて書くと、
誤解を受けそうだけれど、
映画でありがちな、
不自然すぎるラッキーな事は起こらない、という意味で、
夢がない。


たとえば、
愛実が、金持ち男と知り合って、
玉の輿再婚するとか、
高給がもらえて、
しかも水商売でない仕事に就けるとか、
全くの赤の他人が、
いきなり無条件で金銭の援助をしてくれるとか、
そういった「有り得ないでしょ」的なエピソードは全くなく、
物語は最後まで現実的。


それもそのはず。
この映画は、
フィクションの体で作られてはいるけれど、
監督さんが、
実際のシングルマザーたちの声を聞いて作った、
いわば、実話なのだそうだ。


でも、
夢はないけど、
希望はある。


愛実とエミリーの仲は悪くはないし、
愛実は、地域とコミュニケーションをとりながら、
生活できる道を模索する。
いい映画だった。


上映後、
松本和巳監督、
内山理名さん、
長谷川葉音ちゃんによる、
舞台挨拶があった。

singlemom2.jpg

内山さんは、映画の中で、
「頑張れと言われても、どう頑張ればいいの」という
セリフに、
すごく共感したと話されていて、
確かにそうだよなぁ、
なんか分かる、と肯いてしまった。


それから、長谷川葉音ちゃん、
きちんとお話しする様子に、
しっかりしているな、と思い、
それに、
とっても美少女でした。


評価 ★★★☆☆

nice!(53)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

nice! 53

コメント 6

英ちゃん

夢が無い?
まぁ、この配役じゃぁな?
内山理名も木村祐一も地味な感じだしな(゚□゚)
by 英ちゃん (2018-09-08 01:52) 

裏・市長

えみりで木村祐一って、
ワザとやろ?っちゅうような
キャスティングやなぁ。

木村祐一、売れてるよなぁ。
言うたら悪いけど、なんでこんなに売れてるの?。
数々のDV伝説とか聞くと、
「なんで?」としか思えない。

日本って、コンプライアンスに
うるさくなったんちゃうのん?。
なのに日本の芸能界って、犯罪者の復帰が
早いし、また復帰があたりまえやからね。

清水健太郎アニキだけは別枠だよ。
あの人は犯罪→逮捕→釈放→復帰→再犯…。
これの無限ループだけど、
それが「芸風」だからね!。

よく「がんばれ」と言われたら、
もう懸命にがんばっているのに、
これ以上、なにをがんばれと言うのか?!と、
逆ギレする人がいるが(奥田在住の柳瀬さんとか)、
第三者からすれば、「がんばれ」しか、
かける言葉がないのよな。

がんばるな!なんて言えないし、
大変やね~・・・ぐらいしかないねん。
だって第三者やもん。

だから、「がんばれ!」と励まされて、
無責任にがんばれなんて言うな!と怒るなら、
そんな言葉を他人に言わせるような状況に、
持って行くなと、と思ってしまう。

「がんばれ」と言われても怒らない人限定で、
身の上話とかしてほしいと思います。

この映画にしたって、白人でDVの夫を
選んでしまったのは、自分なんだもの。
内山理名、逆ギレすんな!。

補足情報ですが、
ボクは内山理名ファンです。
「町工場のオンナ」も全部見ました。
彼女がゲストの家族に乾杯も見ました。
by 裏・市長 (2018-09-09 08:30) 

薔薇少女

>よく「がんばれ」と言われたら、
もう懸命にがんばっているのに、
これ以上、なにをがんばれと言うのか?!

鬱病の人(或いは打ちひしがれてる人)に、
「がんばれ」と云うのは、禁句だと、経験した私は思います!
言う人の性格と関係性にもよりますが・・・
励ましたい時は、『あなたは十分頑張っているもんね、
何かして欲しいことが有ったら、いつでも話聞くよ!』と云います!
そう言ってくれただけで、自分自身が『頑張ろう』って気になれました!

木村祐一という人は、まだ売れない時代(=10年前位)に、
地元の情報番組で、中々面白い発想というか、コメントを言う人だなぁ~と、思ったけど、
辺見エミリと結婚し、離婚し、又歳の離れた西方なんちゃら?
いう娘と結婚をするって、『この面構えでどんだけモテるんや』って、
思っちゃった!
頭が切れる人とは思うけど、何度も結婚離婚を繰り返す男を
なんでか嫌いになっちゃった!
N〇Kのチコちゃんに叱られる の声役には驚いたけど、
益々絶好調なんだろう、でも冷やかに見てしまうわ。
又その内別れるんじゃないかなぁ、ま、どうでもいいけど・・・
またまた記事と逸れてしまって、まじ勘弁してください。。。
by 薔薇少女 (2018-09-10 15:55) 

青山実花

英ちゃんさん
コメントありがとうございます。

まぁ、確かに、
色々地味なお話しではありますね・・・^^;

by 青山実花 (2018-09-15 19:06) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

あ、確かにそうですわね。
えみりと木村、
全然気付きませんでしたわ。
さすが、一流芸能レポーターと言われる、
裏・市長さんだけの事はありますわね。

木村さんには、
様々な噂がありますが、
でも、裏・市長さん、
ハッキリとした証拠がないだけ、
まだマシですわ。

世の中、
どんどん新しいスターが出てきておりますので。

最近のトップは、
何と言っても吉澤ひとみさんですわね。

あの、車のかっ飛ばし具合、
逃げっぷり、
今や日本を代表するスターといっても、
過言ではないくらいです。
いくらわたくしが、元モーオタでも、
あれは庇い切れませんわ。

それから、復帰したスターもおりますわね。
三田佳子ジュニア!
彼は、吉澤などヒヨッコに見えるくらい、
スター中のスター。
大変な貫禄です。

この2人に比べたら、
木村祐一なんぞ、可愛いものですわ。


「頑張れ!」問題は難しいですわね。
私は人から「頑張れ」と言われるより、
「大変だね」と言われる方が、
めちゃくちゃ嫌です。

だって別に大変じゃないし。
何も困ってないし。
だから私は、極力、
悩みは人に言わないのでございます。

by 青山実花 (2018-09-15 19:07) 

青山実花

薔薇少女さん
コメントありがとうございます。

どんな言葉も、
結局、
その言い方と、
相手との関係性ですね。

言葉はとても難しいと思います。


木村祐一さんの事は、
結婚離婚以外に、
あまりよく知らなくて、
好きとか、嫌いとかも、
言う事ができないのです、すみません。

確かに、イケメンという感じではないので、
何か、他にいい所があって、
モテているのでしょうか。
それとも、女を見る目がないのか・・・。

by 青山実花 (2018-09-15 19:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。