So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「タリーと私の秘密の時間」 [映画]

tullytowatashinohimitsunojikan.jpg
〔2018年/アメリカ〕


マーロ(シャーリーズ・セロン)は、
臨月のはち切れそうなお腹を抱えながら、
主婦業に奮闘している。


夫は優しいけれど、
仕事が忙しく、
情緒不安定気味の長男が問題を起こす度に、
学校から呼び出しを食らい、
こんな事で3人目の子を育てていけるのか。


そんなこんなの中で、
タリーは出産するが、
案の定、地獄のような日々が始まる。
新生児は泣き止まず、
朦朧とした意識の中、
子供たちの世話や、家事をこなさねばならない。


もう限界だと感じ始めた頃、、兄が薦めてくれた、
夜間専門のベビーシッターを頼んでみようかと思う。
他人に子供を任せるなんて、
不安でたまらないけれど、
このままでは、どうにかなってしまう。


やって来たのは、
想像よりずっと若い女性・タリー(マッケンジー・デイヴィス)。
しかし、見た目と裏腹に、
子育ても、家事も、
完璧にこなしてくれるタリー。
さらに、彼女は、
マーロの悩みまで聞いてくれる・・・。





昼夜を問わず、
泣いている新生児がいれば、
お母さんが睡眠不足になるのは当然の事と、
分かってはいるけれど、


この映画は、
そんな母親・マーロの疲労っぷりが、
とても上手く描かれた作品で、
観ているこちらまで、
ぐったりとしてしまう。


そんな孤軍奮闘の母を、
シャーリーズ・セロンが好演。
どこかで読んだけれど、
彼女は18キロも体重を増やして、
この役に臨んだそうで、
確かに、お顔は美しいままだけど、
体はとてつもなく太っている。


彼女は、以前にも、
映画「モンスター」で、
めっちゃ太った役を演じていたけれど、
その後また、体重を戻し、
美しいお姿を、披露してくださる。
大変な女優魂。


それから、この映画は、
タリーを演じるマッケンジー・デイヴィスも
大変に魅力的。


ベビーシッターのために現れた彼女は、
ちょっと風変わりで、
子育てや家事を任せて大丈夫?と
最初は思うのだけれど、
その仕事は完璧。


そのおかげで、
マーロはぐっすり眠れて、
皆がハッピーってわけで。


タイトル通り、
タリーには秘密があるのだけれど、
それは観てのお楽しみ(笑)。


評価 ★★★★☆

nice!(55)  コメント(11) 
共通テーマ:映画

nice! 55

コメント 11

馬爺

女性は大変ですよね、家庭の中では子育てや家事一切をやるんですからね、今ではやっと日本も育休など男性のも認められつつあるようですがそれは大企業だけですものね。
by 馬爺 (2018-08-31 18:35) 

hatumi30331

これ、面白そう〜
秘密.…
気になる〜〜
by hatumi30331 (2018-08-31 23:35) 

きよたん

疲労困憊するのも女性
それを助けるのも女性
女性の役割って大変です
秘密が気になりますね
by きよたん (2018-09-01 06:41) 

薔薇少女

>タリーには秘密があるのだけれど、
面白そうだね、観てみたいなぁ~
日本ではベビーシッターを雇うって選択肢は
余程のキャリアがある人か、お金持ちしか、
凡人には無理な話ですよね。
結局、女性側の母親に頼むしかないですからね!

たった一人の息子を産んだだけでも、
育児ノイローゼになりました!
夫には随分協力して貰えたけれど、
自分の心の叫びは解って貰えませんでしたネ・・・
by 薔薇少女 (2018-09-01 17:07) 

Ginger

セロン様、気骨のある美女ですねー!
by Ginger (2018-09-01 21:55) 

青山実花

馬爺さん
コメントありがとうございます。

世の中がどんなに進んでも、
やっぱり出産は、女性にしかできませんものね。


by 青山実花 (2018-09-02 08:08) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます。

秘密をhatumiさんに教えて差し上げたいのですが、
やっぱり秘密にしておいた方がいいですよね^^

by 青山実花 (2018-09-02 08:08) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

男性の家事や育児の参加が増えてきたとはいえ、
やっぱり、どうしても、
女性でなければできない事もありますよね。

いつか、この映画を観られて、
秘密を解明してみてくださいね^^

by 青山実花 (2018-09-02 08:08) 

青山実花

薔薇少女さん
コメントありがとうございます。

日本で、自宅にシッターさんを入れるのは、
あまりない事ですね。
日本は、
「楽をするのは罪」みたいな雰囲気があって、
「苦労しろ、苦労しろ」と、
どんな事にも言われているような空気があるのが
一つの理由でもあると思います。

でも「楽」上等!
楽できるなら、楽した方がいいと思います。

by 青山実花 (2018-09-02 08:08) 

青山実花

Gingerさん
コメントありがとうございます。

あんなに美人なのに、
汚れ役も、太った役も厭わない。
すごい女優さんです^^

by 青山実花 (2018-09-02 08:09) 

裏・市長

このスーパー家政婦は、
サッカーの応援サポーターかなにかですか?。
顔にいっぱい落書きして。

落書きで思いだしたけど、
今、ガン治療をしておられるスポーツ選手が
全身にタトゥーが入っているため、
国内の病院では治療をお断りされて、
海外で治療しているらしいね。

タトゥーの染料に水銀が含まれていて、
(今は水銀は使っていないらしい)
それがMRIやNTTなどの医療機器に反応し、
発熱したり、発火する怖れがあるらしい。

なにをしようが個人の自由ではあるけれど、
なぜ人は危険をおかしてまでタトゥーっちゃうのだろう。

ウチの父親なんか、刺青入れてたけど、
あまりの痛さに下絵の段階で逃げ出してしまって、
「ぬりえ」みたいになってたぞ(笑)。

トシいってから、皮膚がたるんできたらさらに悲惨!。
なんか、縮んでダルダルになってた記憶がうっすらある。

なんやかんや言うても、ボクも背中に入れた、
「青山実花命でござんす、御意見無用」という
タトゥー消さないとな・・・。

市民プールに行けないんだよ・・・。
by 裏・市長 (2018-09-04 10:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。