So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

さくらももこさん。 [時事]

漫画家のさくらももこさんが亡くなられた事を、
昨日、ニュースで知りました。


私はさくらさんの世界観が大好きでした。


「ちびまる子ちゃん」のコミックスは全巻揃えて、
時々、取り出しては読んでいました。
まるちゃんの、
ぐーたらで、のんきで、
でも、自分の好きな事になると、
それがどんなにくだらない事でも、
途端に一生懸命になる、
あの姿勢が好きでした。


それから、まるちゃんとお父さんの関係が、
とても羨ましかった。
まるちゃんがどんなにやらかしても、
「ま、どーにかなるさ」というお父さんの姿勢は、
私が育った環境にはなかったもので、
もし、まるちゃんのお父さんのような人に育てられていたら、
私の人生、変わっていただろうと、
本気で思ったりしています。


エッセイも、どれもとても面白かったです。


「もものかんづめ」シリーズ、
「あのころ」シリーズ、
妊娠中の爆笑エピソードを綴った「そういうふうにできている」などなど。
私が特に気に入っているのは、
他のエッセイとは、ちょっと毛色の違った、
「うみのさかな&宝船蓬莱の幕の内弁当」。
それから、私の大好きな土屋賢二先生との共著、
「ツチケンモモコラーゲン」が出版された時は、
驚いたし、とっても羨ましかった。


そういえば、私がモーオタだった頃に出された、
「ハコイリ娘。」という本もありましたね。
北野武さんが、まるちゃんに出てきたこともあります。
そう考えてみますと、
とてもおこがましいのですが、
さくらさんの好きな人や、選ぶ人が、
私が好きだなと思う人と、結構被っている気がします。


さくらさんには、もっともっと、
面白い漫画やエッセイを書いてほしかったし、
可愛くて、綺麗なイラストを描いてほしかった。


若すぎます。
残念です。

chibimarukochan.jpg
nice!(58)  コメント(18) 
共通テーマ:映画

nice! 58

コメント 18

Ginger

才能の塊のような方だったのですね・・・。。。
by Ginger (2018-08-28 12:10) 

にゃごにゃご

私は「コジコジ」が好きです。
by にゃごにゃご (2018-08-28 13:31) 

薔薇少女

今朝のZIPで知りました!
>ぐーたらで、のんきで、
でも、自分の好きな事になると、
それがどんなにくだらない事でも、
途端に一生懸命になる
ぐーたらな処だけは自信あるけど、のんきになりたいなぁ~
実花さんは結構まるちゃんに似てるとこ有るんじゃないかな(フフッ)
by 薔薇少女 (2018-08-28 13:46) 

NO14Ruggerman

娘がまるちゃんの大ファンで昔ちびまる子ちゃんランドに連れて行ったのを思い出しました。
娘はママになり自分の娘を洗脳してまたまる子ちゃんランドに行くことを画策しています。
老若男女に愛された作品ですね。
ご冥福をお祈りします。
by NO14Ruggerman (2018-08-28 14:16) 

mitu

「さくらももこ」という名前も好きでした
寂しいですね。。。
by mitu (2018-08-28 19:01) 

とし@黒猫

ちびまる子ちゃんの世界観が大好きで、
あの漫画を描けるさくらももこさんを
尊敬していました。
残念です。
by とし@黒猫 (2018-08-28 20:41) 

あおたけ

まだアニメ化される前、妹がりぼんを購読していて、
「ちびまるこちゃん」と「お父さんは心配症」を
借りて読んでいました(^^)。
その二作品がコラボした話があったなぁ・・・

さくらももこさん、早くて残念ですね。。。
by あおたけ (2018-08-29 07:02) 

馬爺

おはようございます。
ちびまる子ちゃんは静岡の漫画として先駆けのようなものでした、しかも地区の事などが事細やかに描かれていましたからね、15日に亡くなっていたという事がニュースに流れた時には子供達はショックだったでしょうね、我が家の孫もよく見ていましたからね、残念ですね。
by 馬爺 (2018-08-29 08:37) 

裏・市長

今日の写真の青山実花さん、カワイイですね。

(今は憎たらしいという意味か)

小学生ぐらいでしょうかね?。

やはり、たまちゃんのお父さんが
撮ってくれた写真でしょうね。

・・・なんぼほど、さくらももこファンよ!。
もう信者に近いな!。
やはり、共感できる部分、自分に近い部分が
あるのだろうな。

だから、キッチリしてるように見える
青山実花さんにも、どこか「なるようになる」
というスキがあるのだろう。

(大きなお世話だ)

そのココロのスキマにつけこみたいものだ。

(なにを狙っているのか)

あ、そうそうボクも、さくらももこさんの
追悼ブログを書いたんですよ。
ボクたち、気が合いますね!。

(ただの偶然である)

ここまで気が合うなんて、
これはもう「運命」を感じずにはいられません!。

(勝手に感じるのは個人の自由である)

もう、運命共同体のような気がします!。

(妄想もここまで来ると通院をオススメしたいものである)


(後半へつづく)
by 裏・市長 (2018-08-30 04:06) 

青山実花

Gingerさん
コメントありがとうございます。

漫画にエッセイに作詞に、と、
マルチな才能を発揮されていた方でしたね。

by 青山実花 (2018-08-30 22:07) 

青山実花

にゃごにゃごさん
コメントありがとうございます。

「コジコジ」は、なぜかあまり触れた事がないので、
今度絶対読んでみますね。

by 青山実花 (2018-08-30 22:08) 

青山実花

薔薇少女さん
コメントありがとうございます。

私もぐーたらなので、
だから余計に、
あの漫画が好きなのかもしれません^^

薔薇少女さん、よくお分かりですね。
私、友人から「ちびまる子」と呼ばれているんですよ^^;

by 青山実花 (2018-08-30 22:08) 

青山実花

NO14Ruggermanさん
コメントありがとうございます。

いいですねー、
「ちびまる子ちゃんランド」行った事がないので、
羨ましいです。

もう絶対、娘さんの娘さんも、
まるちゃんを大好きになると思います。
親子2代も3代も、愛され続ける作品ですね。

by 青山実花 (2018-08-30 22:08) 

青山実花

mituさん
コメントありがとうございます。

「さくらももこ」、いい名前ですね。
あたたかい名前です。
本当に惜しいですね。


by 青山実花 (2018-08-30 22:09) 

青山実花

とし@黒猫さん
コメントありがとうございます。

私も、あのような世界が描けるさくらさんを
尊敬しておりました。
もっともっと作品を生み出してほしかったですね。

by 青山実花 (2018-08-30 22:09) 

青山実花

あおたけさん
コメントありがとうございます。

「ちびまるこちゃん」と「お父さんは心配症」は、
いわゆる、キラキラ系の少女漫画ではないし、
男性でも楽しめた作品でしたね。

コラボ作品、デパートが舞台で、
面白かったですね。
by 青山実花 (2018-08-30 22:10) 

青山実花

馬爺さん
コメントありがとうございます。

そうでしたね、まるちゃんの舞台は静岡で、
さくらさんは、もう静岡が生んだ、
大スターという感じでした。

洪水のお話しなども、
同世代の方には懐かしかったようですね。

by 青山実花 (2018-08-30 22:10) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

そうなんです。
このレビューを書くにあたって、
古いアルバムから、
小学3年生の頃の写真を貼り付けたのでございます。
黄色い帽子が似合っておりますでしょう・・・

・・・って、
そんな事、冗談でも言ったら、
全国1億2000万人いるといわれる
ちびまる子ちゃんのファンに怒られてしまいますわ。
っていうか、
私だって怒りますわ。


はい、私は隙だらけの、
スカスカの人間ですので、
いつかなにかやらかして、
「真・大和高田市ホームページ」に載せられるのではないかと
ヒヤヒヤしながら生きているのでございます。

まぁ、だからといって、
私に付け込むのは、
やめてくださいませね。




わたくしも、
裏・市長さんの、
さくらさん追悼ブログ、
読ませていただきましたわ。

まさか、同じ日の同じ時間に、
アップされるとは思いませんでした。

もしかして、私のPCはハッキングされているのでは、
との疑いを持っている、今日この頃である。

by 青山実花 (2018-08-30 22:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。