So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「高崎グラフィティ。」 [映画]

takasakigraffiti2.jpg
〔2018年/日本〕


群馬県高崎市の高校を、
今日卒業した高校生たち。
美紀(佐藤玲)は、
東京の専門学校に進学する予定のはずが、
父が、入学金未納のまま、
失踪した事に気付く。


寛子(岡野真也)は、
30代の恋人と、
すぐに同棲する気でいたが、
彼の様子がどうもおかしい。


優斗(萩原利久)は、
ヤンキーの先輩から、
一緒に中古車販売の仕事をしようと誘われ、
見学に行くが、
そこで行われている、
犯罪を目にしてしまう。


クラスメイトに、
「東大に受かった」と話していた康太(三河悠冴)は、
実は不合格な事を言い出せずにいる。


そんな中、直樹(中島広稀)は、
クラスメイトの女子に告白すると
意気込むのだが・・・。





試写会で観た。


上映前に、川島直人監督と、
メインキャスト5人の舞台挨拶があった。

takasakigraffiti.jpg
※映画.comさんより


この映画は、
「第一回未完成映画予告編大賞」で
グランプリを受賞した作品なのだそうだ。


この賞は、
まだ作られていない映画の、
予告編だけのコンテストで、
グランプリに選ばれると、
かなり高額の賞金が出るらしい。


これは、大変いい企画だと思う。
映画を作りたくても、
お金の無い、監督志望の若い世代の人たちが、
予告編を作った事で、
世に出られるチャンスが与えられる。


もちろん、予告と本編に、
大きな差がある場合もあろうが、
それならそれで、
勉強にもなるだろうし、
審査員に見る目がなかったとも言える。


で、この映画。


リアルと、リアルでない部分が、
渾然一体という印象。


リアルなのは、
高校生たちの、
危うい人間関係。


特に女の子たちは、
上っ面は、友人を心配する体で接しているけれど、
その心は嫉妬で渦巻き、
誰かが席を立った瞬間から、
悪口が始まる。
そういうのって、有りそうだなぁって。


優斗が、胡散臭い先輩から、
ロレックスをプレゼントされて、
組織ぐるみで犯罪をしている中古車屋に行く場面にしても、


観ているこちらは、
何とか理由をつけて帰ってきなよ、
今なら間に合うよ、と思うのだけれど、
それでも、その中古車屋と関わろうとする彼に、
イライラしてしまう。


リアルでないのは、
クラスメイトたちが、
互いの進路を、
卒業式当日まで、まるで知らない事。
そんな事ってある?(笑)


それから、
もう一つ、
東大に行こうとする生徒と、
他の生徒との落差。
この学校の偏差値は一体どれくらいなんだ?って(笑)。


映画のために、
バラエティに富んだ面子が必要なのは分かるけど、
あまりに現実とかけ離れてると、
ちょっとガッカリするというか。


全体的には、
若い世代の悩みが
上手く描かれていて、
真剣に観てしまった。
悪い映画ではなかった。


評価 ★★★☆☆

nice!(53)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

nice! 53

コメント 6

馬爺

私の孫達も来年高校受験と中学受験が居まして就職が決まった孫もいます、やがて巣立って行く若者には不安が一杯あるんでしょうね、今の若者は楽して金儲けをというきらいがありますね、世の中そんなに甘くはない事が分かるまでが大変ですがね。
by 馬爺 (2018-08-10 14:38) 

ponnta1351

就職している孫2人なので、今どきの高校生の様子はさっぱり解りません。
実花さん、シャンシャン見たんでしょ?
もう1歳になったんですよね。早い事!
何れは中国に帰ってしまうのかしらね。

by ponnta1351 (2018-08-11 10:50) 

裏・市長

「高崎グラフィティ。」って、
どエライ地域限定映画やな!。

「高田市グラヒテェー。」でも大差ないな!。

「予告編」作るだけでコンテストに出品できる…。
これも善し悪しやで。

ワシの知り合いに、さざんかQ太郎さんというのがいて、
彼はブログを作ってはつぶし、つぶしては作っている。

記事のタイトルだけで、どれだけアクセスを
集められるかを見て、喜ぶのが彼のひそかな楽しみだ。

とにかく一番アクセスを稼ぐには、
ジャニーズ系タレントの名前を入れて、
「結婚」とか「逮捕」とか「死去」とつなげるらしい。

本文は書かなくていいとの事。

ある程度経つと、「また、こいつか…」と、
狼少年的扱いになるので、ブログを閉鎖。
すぐに別ブログを起ちあげる。

同人誌でも、表紙「だけ」を有名な人に
描いてもらって、売り上げを伸ばす、
いわゆる「天ぷら本」(外側の衣だけがサクサクでンマイ!)
という手法が有名だが、これも長い目で見ると、
オススメはできない。

予告編に魅かれて1.800円出して、ハズレ・・・。
あるからなぁ。

同じ学校に通いながら、
卒業式当日までクラスメイトの
動向を知らない…それはちょっとありえない。

こうしてブログの上だけでしか、
つきあいのないボクだって、青山実花さん、
「お前の秘密を知っている・・・」なのに。

ヤンキーが中古車とか中古バイク屋はじめたら、
かなりの確率で、その仕入れ先は窃盗。
これ、もう定番やな!。
仕入れゼロの錬金術!!。
by 裏・市長 (2018-08-12 01:13) 

青山実花

馬爺さん
コメントありがとうございます。

お孫さんたちも、
お年頃ですね。
私も、未来が見えなかった頃は、
とても不安でしたが、
それでも何とかなっていますので、
大丈夫なのだと思います^^

馬爺さんは、お孫さんの事を大切に思っていて、
素晴らしいですね^^

by 青山実花 (2018-08-12 22:24) 

青山実花

ponnta1351さん
コメントありがとうございます。

もうそんなに大きなお孫さんが
おられるのですか。
きちんとお仕事をされていて、立派ですね^^

シャンシャンは5回ほど見に行っています。
中国に帰った後、シャンシャンロスになっては困りますので、
今からその時の事をシミュレーションして、
落ち込まないようにと思っています^^;

by 青山実花 (2018-08-12 22:24) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

裏・市長さん、おめでとうございます。
ついに、
「未完成映画予告編大賞」へ出品する予告編が
完成したのですね。
youtubeで見させていただきました。

あの予告の感じでは、
市長職をしながら、
裏で中古車屋を営む主人公・さざんかQ太郎が、
シリアに戦争に行った際、
宇宙人に連れ去られ、
宇宙人との間に子供を作り、
地球に残してきた子供たちとの間で、
壮絶な遺産相続争いが勃発する、
という物語のようですね。

予告を観ただけで、
感動で少し泣いてしまいました。

まさかこの作品に限っては、
予告編の方が
本編より面白い、なんて事は絶対にないと思います。
グランプリを取って、
本編の撮影に入れればいいですね。


裏・市長さん、
困りますわ、
こんな所で、わたくしの秘密をばらされては。

95・58・85の美しいプロポーションの事や、
ミス日本代表に選ばれた過去や、
去年の長者番付で1位になった事など、
あれほど、内緒にしておいてほしいと言ったではありませんか。

本当にやめてくださいませね。
by 青山実花 (2018-08-12 22:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。