So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「ウインド・リバー」 [映画]

windriver.jpg
〔2017年/アメリカ〕


ワイオミング州のネイティブアメリカン保留地・ウインド・リバーで、
地元のハンター・ランバート(ジェレミー・レナー)は、
若い女性の遺体を発見する。


すぐに警察に連絡したランバートだが、
やって来たのは、
FBIの若い女性捜査官・ジェーン(エリザベス・オルセン)一人だけ。


死んでいたのは、
ランバートの友人で、
ネイティブアメリカンのマーティンの娘・ナタリー。


ナタリーは、この酷寒の地で、
薄着で裸足。
さらに、検死結果から、
何者かに凌辱されていた事が分かる。


犯人から逃走した末の
死である事は明らか。
しかし、
直接の死因が寒さによる肺出血のため、
殺人事件にならない。
そこでランバートは・・・。





見応えのある傑作。


アメリカにおける、
ネイティブアメリカンの現状、
女性に対する暴力、
復讐、
夫婦や親子の在り方など、
盛りだくさんの内容でありながら、
複雑ではなく、
くどくもない。


ワイオミング州という、
日本人にはあまり馴染みのない地で起こった、
若い女性の死。


それは、
女の私には見るに堪えない場面で、
でも、リアルだからこそ、
犯人に対する怒りに体が震え、
そして、その後の顛末に、
「よっしゃ!」と叫びたくなるような、
ある種の爽快感を覚えるような、
流れがある。


ある場面で、
あの名作「羊たちの沈黙」と似た
演出がされていて、
そこも大変に上手い。


それは、パクりというわけではなく、
観る者を自然に、
違う時間や、
違う場所に連れてゆくという手法で、
とてもいい。


それから、1つ。
スクリーンを見つめながら、
最近、私が考えていた事が、
めっちゃいいタイミングで現わされていたので、
ちょっと書いちゃう。


この映画の中で、
激しい銃撃戦の場面があり、
私はそれを、
「犯人をその場で射殺」できる国はいいなぁと、
思いながら観ていた。


というのも、
最近、日本で行われた死刑について、
欧米から、批難の声が上がったばかり。
ローマ法王まで、文句を言っているとか。


けれど、
「その場で射殺」しても問題の無い国と、
死刑をする国との間に、
一体、どこにどう違いがあるんだろう。


きっと、批難している人たちは、
日本の警察官が、
たった一発、拳銃を撃っただけで、
警察署長が出てきて、説明会見するほど、
大事になる事を知らない。


だから、そんな無責任な事が言えるんだ。
国にはそれぞれ、
国民性や、やり方がある。
それは他国の人には絶対に分からない。
ほっといてくれ。


評価 ★★★★☆

nice!(65)  コメント(7) 
共通テーマ:映画

nice! 65

コメント 7

don

ネイティブアメリカンってどんな顔だろう。
ってググりました。
スティーブンタイラーが出てきて納得です。

羊たちの沈黙、懐かしいです。
続編映画も見たような記憶があります。
小説も買って読んだような。遠い記憶ですが(笑)。
by don (2018-08-05 13:58) 

きよたん

外国ではその場で犯人を射殺ですもんね
日本は人命と安全を優先しますから。
死刑についての可否はよくわかりませんが
その点は日本は慎重です。
by きよたん (2018-08-05 15:29) 

Ginger

そうでしたか・・・ラストがそんな感じなら観る勇気がでました。。デヴィッド・フィンチャー監督みたいな、どうしようもない後味の映画が苦手で・・・。実花さまの解説でより興味が湧きました。
by Ginger (2018-08-05 18:45) 

ニッキー

この映画、今度の水曜日にかみさんが友達と
観に行く予定の映画だそうです^^
今日の記事を読んで「わくわく感が止まらない♪( ´▽`)」と
隣で大変喜んでます=(^.^)=
by ニッキー (2018-08-05 22:07) 

よーちゃん

ほっといてくれ。。。
激しく同意ー(^_^;)
by よーちゃん (2018-08-06 09:05) 

薔薇少女

>「その場で射殺」しても問題の無い国と、
死刑をする国との間に、
一体、どこにどう違いがあるんだろう。
同感です!
映画観に行きたいなぁ~
仕事も主婦の役割もろくにしてないのに、
毎日時間がどんどん過ぎてゆく・・・
コスパ重視の私だけど、時間のコスパはメッチャ悪い・・・
もう自分の残された時間は、今まで生きてきた
三分の一も残っていないのに・・・

今回も記事とリンク出来てなくてゴメンね。。。
by 薔薇少女 (2018-08-06 16:15) 

裏・市長

あ!青山実花さんもご覧になったんですか!。
実はボクも観たんですよ!偶然ですね!。

この映画、上映館が少なくて、
奈良県では上映すらしてないんですよ。
東京のような田舎でも上映館があるのに驚きです!。

実は雪山の映画だと思って、
間違えて入ったんですよ。あまりの暑さに。
そしたら、あんまり涼しめる内容じゃなくって・・・。

まぁ、もっともボクが映画館に行く目的は、
映画を観ることじゃないですから、
そこは割り切って、モトを取ろうと思ったら、
割と劇場が混んでたんですよ!。
まったく、ヒマな奴らの多いこと!憤慨です。

結局、何をしにいったのか分からぬままに、
映画の内容とも相まって、ドヨヨ~ンとした
気持ちで家路についたのでした・・・。

お、青山実花さんは死刑賛成派ですか。
ボクとまったく意見が合いませんね。

ボクは平和主義者です。
争いからは何も生まれてきません。
お母さん、赤ちゃんはどこから生まれてくるの?。
ボクは「私刑」賛成派です。

やられたらやりかえせ!。

やられっぱなしの被害者に、復讐の機会を
与えるべきだと思うんです。
もちろん被害者が望まなければ、それはそれで
良いと思いますが。

何の罪もない人、子どもが無差別に殺されて、
死刑判決が出ても、
犯人は10年、20年、生かされ続ける…。

犯人は模範囚として減刑されたり、
獄中結婚を申し込むバカがいたりして、
人生をエンジョイしやがる・・・。許せません。

両手両足を縛って、日時を公表し、
町中に釈放、放置してやるんです。
で、事前に申請した者は何をしても良い。
これこそが民主信貴ですよ!。
by 裏・市長 (2018-08-07 06:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。