So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」 [映画]

JURASSICWORLDhonoonookoku.jpg
〔2018年/アメリカ〕


3年前の出来事で放棄された、
コスタリカ沖のイスラ・ヌブラル島。
かつて人間がコントロールしていたこの島も、
今は、恐竜の天国だ。


ところが、この島が火山噴火の予兆を見せる。
人間たちは、
恐竜たちを救うか、
そのまま死滅させるかの、
選択を迫られる。


恐竜の救出を決めた学者・オーウェン(クリス・プラット)は、
テーマパークの責任者だった
クレア(ブライス・ダラス・ハワード)らと共に、
島に向かった。


火山が激しさを増す中、
命を懸けた
冒険が始まる・・・。





前半は、
かつてジュラシックパークがあった島での、
恐竜救出作戦で、
それはそれで、
とても見応えがあるのだけれど、
それは序章に過ぎず、


私は後半に見入ってしまった。


これは書いていんだろうか。
予告にも観られない場面なのだけれど、
いいや、書いちゃう。


恐竜たちは、
火山の島から救出され、
アメリカ本土に連れてこられるのだけれど、
実はそれは、
単なる
「恐竜を救え」作戦ではなく、


恐竜で金儲けをしようとする
悪者の陰謀が渦巻いている。


彼らは、檻に入れた恐竜を、
1頭ずつ出しては、
オークションにかけるのだ。


その様子は、
映画によくある、
美術品を競り落とす、
あのオークションと何ら変わりなく、
金持ちの道楽そのもの。


そこには、
恐竜への愛は微塵も感じられない。
ただただ、金にあかせて、
命あるものを売り買い。
醜悪とも言える場面。


そんなもの買って、
あんたらどうすんの?
飼うのに飽きたからって、
その辺に捨てたら、大変な事になるの分かってる?
と言いたくなるような、
愚かさで。


「生き物」について、
ちょっと考えさせられもする。


恐竜たちの島の火山が噴火した時、
私は少し迷った。
元々、作ってはいけなかった恐竜たちなのだから、
そのまま淘汰されるのが、
自然な形なのでは、って。


でも、駄目。
生きている恐竜たちを目の当たりにすると、
やっぱり、置いて行くことなんてできない。
今、ここで生きているのだから、
死んでいくをの見ているだけなんて、
できない。


次回作を思わせるシーンが
ラストにある。
これがまた、
不気味で、
絶対観たい!という気持ちにさせられる。


評価 ★★★★☆

nice!(59)  コメント(10) 
共通テーマ:映画

nice! 59

コメント 10

よーちゃん

人間の都合で遺伝子操作されて作られた生き物。。。
最期はどうしてあげるのが、正解なんでしょうかねー(>_<)
by よーちゃん (2018-07-28 13:42) 

ニッキー

この映画、もちろんかみさん観てました^^
「ラストシーンがどっちになるのか、ちょっと意表をついてたけど
もしあれが現実ならかなり人類淘汰されるだろうなぁ(*_*)」と
いつものようにネタバレしない謎のセリフを言ってました(⌒-⌒; )
こうして私は観たい映画が増えていきますw
by ニッキー (2018-07-28 20:39) 

ねじまき鳥

見ました。
次回作楽しみです。
by ねじまき鳥 (2018-07-29 08:12) 

リュカ

オークションの場面、
いやでいやでたまりませんでした。
自然の中で淘汰されるべきって思ったけど
やっぱり恐竜見ちゃったら
そんなこと言えなくなりますよね!だってこの世に生まれて、まさに生きてるんだものっ
あー、また思い出しても泣ける(笑)

次回作、楽しみですっ
by リュカ (2018-07-29 11:15) 

裏・市長

フンッ!こんな映画はパクリです!。

やっぱり日本サイコー!。
日本は偉大!カミカゼ!ハラキリ!ゲイシャ!スシ!。

日本の円谷プロダクションは、
40年前「恐竜探険隊ボーンフリー」という
作品を作っています。

金儲けのために恐竜を密猟し、
金持ちに向けて売りさばく企業グループと、
恐竜を自然のまま、保護するボーンフリー隊の
活躍を描いています。

やはり日本の発想、着眼点はスーゴイね!!。

でも、なぜなのだろう・・・。
アメリカに丸パクリされているのに、
あっちで作った方が300倍ほど、おもしろく、
大迫力になり、老若男女に受け入れられるのは・・・。

アベンジャーズ的作品、日本では40年前から
あって、ようやくアメリカが追いついて来たというのに、
悠々と追い越して行きやがって・・・。

なにが違うの?教えておじいさん、
教えて、青山実花さん~、
教えて~アルムのもみの木よ~。
by 裏・市長 (2018-08-02 03:02) 

青山実花

よーちゃんさん
コメントありがとうございます。

私も本当に複雑な気持ちでした。
神様の領域に入ってはいけなかったのでしょうね。

by 青山実花 (2018-08-02 18:41) 

青山実花

ニッキーさん
コメントありがとうございます。

私も、奥様と同じ事を思いました。
恐竜たちが、
あそこで、ああなって、こうなって、
ああ、続きはどうなるの!?って。
わけわかりませんね(笑)。

by 青山実花 (2018-08-02 18:41) 

青山実花

ねじまき鳥さん
コメントありがとうございます。

本当、あの感じだと、
続きは大変な事になりそうですね。

by 青山実花 (2018-08-02 18:41) 

青山実花

リュカさん
コメントありがとうございます。

オークション、最悪でしたね。
あんな風に、
何を見ても、金に換算する事しか考えない人間がいて、
それを買う人間がいて、
おかしな事になるのですよね。

そう、命あるものを、
見殺しにするのは、やっぱりできませんね。
切ない場面でした。

次回作を想像させる、
アメリカの「あの」大都市の映像、
数秒のシーンなのに、ワクワクが止まりませんでした。
楽しみですね!

by 青山実花 (2018-08-02 18:42) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

フンッ!パクられる方が悪いんじゃ!。

やっぱりアメリカサイコー!
アメリカは偉大!
カウボーイ!ハンバーガー!コーラ!トランプ!


日本の映画が、
なぜ世界的に有名な作品になれないのか。

それは、スケールが小さすぎるからかも
しれません。

全ては、日本で始まり、
日本で終わる作品が殆ど。

恐竜だけでなく、
宇宙ものにしても、

「ワタシハ ウチュウジンダ」と、
宇宙人は日本語を話しているのでございます。
なぜ、この大きな地球の中から、
日本を選んでやって来たのか、
小一時間、問い詰めたい気分でございます。

口笛はなぜ、遠くまで聞こえるの
あの雲はなぜ、私を待ってるの~♪


by 青山実花 (2018-08-02 18:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。