So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「嘆きのピエタ」 [映画]

negekinopieta.jpg
〔2012年/韓国〕


チンピラのガンド(イ・ジョンジン)は、
借金の取り立てを生業としている。
その方法に容赦はなく、
金を返せない者には、
腕を切り取ったり、生涯歩けなくなるほどの傷を負わせ、
障害者保険で返済させている。


天涯孤独のガンドの部屋に、
ある日、見知らぬ女がやって来て、
自分はガンドの母・ミソン(チョ・ミンス)だと名乗った。
30年前、生まれてすぐ捨てられたガンドは、
ミソンに今までの鬱憤をぶつけるが、
それでもミソンは、
ガンドに無償の愛を示す。


人の愛を知らずに育ったガンドは、
ミソンの優しさに、次第に心動かされ、
もう1人では生きていけないという気持ちになる。
そして、借金の取り立ても、
今までのように、冷酷には出来なくなる。


そんなある日、
外出先に、ミソンからの電話が入る。
何者かに襲われ、
悲鳴を上げるミソン。


今まで酷い目に遭わせてきた、
誰かの仕業に違いない。
誘拐されたミソンを、
必死に探すガンドだったが・・・。





韓国には、
まぁ、色々思う所はあるけれども、
今まで観た韓国映画は、
一定のレベル以上の面白さで、
そこは認めずにはいられない。


もちろん、他の国の映画と違って、
面白そうな作品だけしか選んでいないというのが、
最大の理由ではあるけれども(笑)。


どうやらこの映画は、
ヴェネチア映画祭で金獅子賞を取ったそうで、
賞が全てではないけれど、
やはりそれだけの作品であると感じた。


家族の愛を知らない男が、
突然現れた母の愛に心動かされる・・・
それだけ書くと、
ほのぼのした物と思われそうだけれど、
そこは韓国、
感情の表現は激しく、
一筋縄ではいかない。


全ての親が、
無償の愛を子供の与えるわけではないけれど、
少なくとも、
主人公のガンドは、
生まれて初めて親の愛に触れ、
次第に変わってゆく。


金の取り立てに行った先の男に
子供が生まれたと聞くと、
彼に傷を負わせることを急にやめてしまう。


むしろ男の方が、
「俺の両腕を切り落としてくれ。
 その金で子供を育てる。
 親なら当然だろ?」と言う。
今までのガンドなら、
全く心に響かなかったそんな言葉も、
理解できるようになったというわけで。


もちろん、物語はそれでは終わらないけれど。


評価 ★★★★☆

nice!(63)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 63

コメント 2

Ginger

子供にとって親は唯一だけど、親にとっては・・・。
by Ginger (2018-07-20 14:07) 

裏・市長

・・・なんだよぉ~実花ぁぁっ!!。
コレ、なんだよぉ~!、
なんで2012年の韓国映画なんだよぉ~!。

人喰いライオン出てねぇじゃねぇかよぉ~!。
オラァ、てっきり実花が人喰いライオンに
ハマって、喰われまくるパニック映画の感想が、
2か月と10日ほど続くんだと思って、
期待しちまったじゃねぇかよぉ~。

あんまりだよぉ、これじゃああんまりだよぉ~、
どうしてくれんだい!みんなのこの思いをよぉ!。

でもよぉ、おめぇイイ奴だよ実花。
よくよぉ、その国の人間ってだけでよぉ、
毛嫌いしちまってよぉ~、
すべてを否定するヤツっているよなぁ。

でも、よぉ、実花は違うよ、違う。
ちゃぁんと区別してるよなぁ。
この映画も高評価だもんな。

そうだよ、その国に生まれたからって、
すべてが悪人たぁ限らねぇんだよぉ~。

その逆もあるよな、
大和高田市民だからってよぉ~、
すべてが裏・市長さんのように男前で
善人とは限らねぇんだよ。

裏・市長さんってのは、オレも認める、
男の中の男だからよぉ~。
男が男に惚れるってのは、
こういう事を言うんだぜぇ~。

いいかい?実花も早くそれに気付きなよ、
それが大人になるってことだぜぇ~。

呑む前に飲む!カンポ!カンポ!。
                田中邦衛
by 裏・市長 (2018-07-22 07:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0