So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「ゴースト&ダークネス」 [映画]

ghostanddarkness.jpg
〔1996年/アメリカ〕


19世紀の終わり、
イギリスは、東アフリカのツァヴォ河に橋を架けるため、
技術者のジョン・パターソン(ヴァル・キルマー)を
現地に送り込んだ。


パターソンは、助手のスターリング、
そして現地のリーダー・サミュエルと共に、
多数のアフリカ人労働者に指示を出し、
すぐに橋の建設を開始、
それは、順調に進んでいるように思えた。


ところが、ある日、
人食いライオンがキャンプを襲った。
パターソンは、一発でこれを仕留め、
アフリカ人たちは彼を、
尊敬の眼差しで見るようになる。


ところが、それは序章にすぎなかった。
ある日、また人食いライオンが現れ、
労働者を襲った。
しかも、ライオンは二頭おり、
次々、人間たちを食ってゆく。


二頭は、「ゴースト」と「ダークネス」と名付けられ、
あまりの恐怖に、
労働者たちは全員、逃げ出してしまう。
そこへ、高名なハンター・レミントン(マイケル・ダグラス)が
やって来る。
パターソン&レミントン対、
ゴースト&ダークネスの闘いが始まる・・・。





人食いライオンと言ったって、
ライオンにしてみたら、
腹が減って、
そこに、餌の群れがあったら、
襲い掛かるのは自然の摂理、
仕方がなかろう。


ゴーストとダークネスは、
殺しを楽しんでいる、という設定になっているけれど、
ライオンにそんな習性があるのか、
それは私には分からない。


それから逆に、
人間を咎めようとも思わない。
私が今住んでいる所だって、
全ては人間の手によって切り開かれ、
開発された所に違いないのだから、
よその国にだけ、
「自然を大切にしろ」と言うのは勝手すぎる。


ヴァル・キルマーが、
まだ若く、
そして、
まだ痩せている(笑)。


昔はイケメン俳優の一人だったのにね(笑)。
一体どうして、
今のような風貌になってしまったのか。


そんな、イケメンだった頃のヴァル・キルマー、
最初にライオンを一発で仕留めたのは、
とってもカッコ良かったのだけれど、


その後、
ゴーストとダークネスに対しては、
鈍臭すぎて、溜息が出る。


何をやっても失敗ばかり。
「おぉぉぉ!チャンス!!」という時にも、
失敗、また失敗。
あんなに失敗するって、
逆に難しいくらいだ(笑)。


ある場面で、
「えっ!!!嘘でしょ・・・」と、
独り言を言ってしまった。
それはそれは残酷な場面・・・。
ただ、大丈夫、〇〇だから。
これから観られる方、ご安心ください・・・って
一体なんの事だか(笑)。


それほど盛り上がらないけど、
つまらなくもないって事で。


評価 ★★★☆☆

nice!(54)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 54

コメント 12

green_blue_sky

人が食べれる側だと人食いといって大騒ぎですね(^_^;)
by green_blue_sky (2018-07-19 13:13) 

Ginger

「危険な情事」「氷の微笑」…危険な女に翻弄されるマイケル・ダグラスがスキです~♪
by Ginger (2018-07-19 15:24) 

美美

これ数回見たかも
テレビでですけど(^^;
題名って覚えていないものですね(笑)
by 美美 (2018-07-19 17:55) 

英ちゃん

暑中(猛暑・酷暑)お見舞い申し上げます。
毎日暑い日が続いてますね(゚□゚)
水分補給は、こまめにしましょう。

人食いライオンと言えば、松島トモ子さん?
松島トモ子さんは普通のライオンに襲われて、その後ヒョウにも襲われたらしいね(゚□゚)
by 英ちゃん (2018-07-20 00:43) 

馬爺

おはようございます。
もしこれが反対で人間がライオンを食っていたとしたら別に騒ぎにもなりませんね、自然破壊も同じようなものですね、自然破壊は今も行われておりますとアルプスにトンネル掘って新幹線を走らせるなんて一時間で行けても自然を破壊する方が罪が重い気がしますね、早く行きたければ飛行機が有りますからね。

by 馬爺 (2018-07-20 08:42) 

裏・市長

オレよぉ~、あのさぁ~、
最近よぉ~、疑い深くなっちまってよぉ~、
まいってんだぁ~。

あのさぁ~、なんでさぁ~、
1996年の映画がさぁ~、
ここに出てくんだよ?ってさぁ。

ほら、いっつも「試写会で観た」って、
まだオレッチも観てないような映画の感想、
書いてんじゃん?。

なのによぉ~96年だぜぇ~?。

なんかあるって疑うよなぁ~、普通。

いつものパターンだとよぉ~、
「リメイクで新作が公開される」ってのとよぉ~、
「人喰いライオンにハマッている」。

この2つが考えられんだけどよぉ~。

どうもよぉ~、
このゴースト&ダークネスってのがよぉ~、
新作のウワサ聞かないんだよなぁ~。

まぁ、明日になったらわかると思うんだけどよぉ~、
人喰いライオンの映画のレビューが出ればよぉ~、
すべて解決なんだけどよぉ~。

気になって、もぅ夜も寝らんねぇよ!。どうしてくれんだよ。
なんで今、こんな映画観たんだよ?教えてくれよぉ~。
呑む前に飲む!カンポカンポ!。      
                           田中邦衛。
by 裏・市長 (2018-07-22 06:56) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます。

確かに。
牛食い、豚食いとはいいませんものね^^;

by 青山実花 (2018-07-22 16:34) 

青山実花

Gingerさん
コメントありがとうございます。

デミ・ムーアから、
「戻って私を抱きなさい!」と命令される映画もありましたね^^
(↑ ディスクロージャー)

実生活では性依存症と言われるダグラスが、
映画では女に振り回されるのが好きです^^

by 青山実花 (2018-07-22 16:35) 

青山実花

美美さん
コメントありがとうございます。

私も、タイトルがすぐ分からなくなってしまうので、
エクセルであいうえお順に
並べています(笑)。

by 青山実花 (2018-07-22 16:35) 

青山実花

英ちゃんさん
コメントありがとうございます。

英ちゃんさんも、この暑い毎日、
体調を崩されないように、
ご注意してくださいね。

松島トモ子さんの事件は、
笑っちゃいけないけど、笑えますね^^
なぜ、立て続けに2回も襲われたのか。

by 青山実花 (2018-07-22 16:36) 

青山実花

馬爺さん
コメントありがとうございます。

やっぱり、人が、
自然の聖域を侵すから、
この映画のような騒ぎが起こるのでしょうね。

アルプスにトンネルですか。
なにか、それが必要というより、
利権が絡んで、誰かが儲かるから、
そういう事になるのでしょうね。

by 青山実花 (2018-07-22 16:36) 

青山実花

田中邦衛さん
コメントありがとうございます。

あら、田中さん、ごめんなさいね、
「ウラ&シチョー」などという、
強盗とスリが人々を襲うという
古い映画のレビューを
突然載せたりして。


そこまでショックを受けておられるなら、
以下に秘密を書きますわ。
誰にも言わないでくださいませね。

わたくしがブログを始めて、
早62年の月日が経とうとしておりますが、
万が一、ブログが書けない状態になった時に備えて、
いつも123本ほどのレビューが、
下書きに入っているのでございます。

で、ここの所、連日の猛暑でございましょう。
こんな日本にいられないってんで、
トリニダード・トバゴに、
避暑に行っていたのでございます。

なので、この「ウラ&シチョー」は、
昨日今日観た映画ではなく、
下書きからの、
蔵出し傑作選なのでございます。

ここの所のレビュー、
「にせ刑事」、「にっぽん美女物語」、「次郎長富士」なども、
全て蔵出し、30年前に書いたレビューでございます。

ご理解いただけたでしょうか。

by 青山実花 (2018-07-22 16:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0