So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「若い東京の屋根の下」 [映画]

wakaitokyonoyanenoshita.jpg
〔1963年/日本〕


19歳のOL・桑野蕗子(吉永小百合)が
自転車に乗っていると、
リヤカーを引いた大学生・三上良平(浜田光夫)とぶつかってしまい、
互いに、「失礼な奴!」と憤慨する。


蕗子が家に帰ると、
二階に下宿人を置く事にしたと母が言い、
そやつの顔を見てビックリ。
下宿人とは、
さっきぶつかった良平ではないか。


蕗子は、定年を迎える父と母の、
今後の生活費を心配し、
兄姉たちに、
毎月お金を出し合おうと持ち掛ける。


蕗子は、良平と顔を合わせる度にプンプンしていたが、
良平の女友達が、
父の再就職の口利きをしてくれたことから、
自分の中に、微妙な感情が生まれてきている事に気付く。


一方、良平は、
蕗子の幼馴染・幸吉(山内賢)に、
蕗子への恋心を打ち明け・・・。





初めてこのタイトルを見た時、
「若い東京の“空”の下」でなく、
「若い東京の“屋根”の下」というのは、
どういう意味なんだろう、と思った。


でも、映画を観始めて、
理解した。
文字通り、
主人公の吉永小百合と浜田光夫が、
「ひとつ屋根の下」で一緒に暮らすというお話しなのね。


とにかく、
吉永小百合さんの魅力全開。
可愛くて、
元気で、
意地っ張りで、
お節介で、
当時の吉永さんの、
全ての良さが凝縮されているのではないかと感じる。


吉永さんと浜田さんの恋愛部分は、
まぁ、平凡で、
特筆すべき点は特にないけど、


興味深かったのは、
兄嫁役の山岡久乃さん。
山岡さんは、
親の扶養義務について、
ちょっと突き放した物言いをする。


それは、とても冷淡な言い方だったけど、
私はむしろ、
それくらい割り切った方が、
後になって揉めなくていいかも、と、
ちょっと共感を覚えてしまった。
それは、親を見捨てるのとは全然違う。
山岡さんは悪役だけど、
あながち間違ってはいないんじゃないか、って。


それから、
吉永さんの家が、
東急池上線の久が原駅の近くという設定らしく、
駅が何度も出てくるのが
楽しかった。


先日、「23区全駅制覇」カテゴリーで
書いたけれど、
池上線沿線は、私が生まれ育った場所で、
久が原駅が最寄ではなかったけれど、
こんな風に映画に出てくると、
とっても嬉しくて。


評価 ★★★☆☆

nice!(65)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

nice! 65

コメント 6

きよたん

このお二人が出た映画の撮影が故郷で
行われたことがありますが、その時は
随分盛り上がったようです。
私も子供心におぼえていますね。
by きよたん (2018-07-04 20:51) 

裏・市長

いや、この映
画、タイトルがおかしくないか?。

「若い」「東京の」「屋根の下」だよ。

「若い2人が東京のひとつ屋根の下で」、
なら話はわかる。

でも、東京が若い?東京って何歳?。

まぁ、戦争が終わって、オリンペックもあって、
生まれ変わった東京の青春時代・・・。
そんな解釈もできなくもないが、
それにしても日本語が不自由だ。若い東京って…。

若い裏・市長さん、なんて書いたら、
それはおかしいやろ?!、
お前は日本語どころか、頭が不自由だと、
どこかの青山実花さんから、
so-netブログ事務局にクレームが届くだろう?。

それぐらいおかしい・・・。

まぁ、どうでもいいや、オレの主演作じゃないし。

by 裏・市長 (2018-07-05 04:06) 

薔薇少女

↑>でも、東京が若い?東京って何歳?。
裏・市長さんの(このご意見だけは)同感いたします!
裏・市長さんって、本当に市の仕事をしている
公務員の方だと思って居ました。。。

近況:
実花さん、ご無沙汰しています!
現在『躁』の季節が続いています!
チョッとはしゃぎ過ぎっていう危うい感もありますが、元気です!
その所為か、リバウンドが半端なく、58,5㌔になっちゃってます!
50キロ台は死守せねば、なりませんがチョコミン中毒になってしもうてます!
【チョコ民党】って、フレーズが、若い世代には定着して居るようです!
現在チョコミンアイスが1個も無いっ・・・
雨が降ってるから、コンビニにも行けやしないよ(泣)
仕方ないから、不二家のLOOK2種のミントチョコで我慢しよぉっと。。。
勝手な独り言でした。スンマセン。
いつも丁寧なレス、嬉しく思いますが、沢山のコメントに
レスされるのは、大変な事だろうと思われます!
私なんぞは、ほんの数人の方たちのコメントのレスも出来ないでいます!
かと言って、コメント欄を閉じてしまう勇気も持てません!
レスが出来ないなら、コメント欄を閉じるのが『ネチケット』だと、
思うのですが、やはりコメントしてくれるのを期待してしまう・・・
身勝手な私でごめんなさい!
by 薔薇少女 (2018-07-05 20:44) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

当時大スターであったであろう、
このお二人が来られたら、
そりゃあもう、大変な騒ぎになるでしょうね^^

私だったら、一日中、撮影に張り付いているかも(笑)。

by 青山実花 (2018-07-06 09:59) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

裏・市長さん、
いくらあなたが奈良に住まわれているからといって、
東京を馬鹿にしすぎじゃございません?

そりゃあ奈良は、
聖徳太子の、そのまた昔の時代から、
栄えておりましたでしょうよ。
古いお寺も、沢山残されておりますでしょうよ。

まるで、
奈良は日本のイタリアだ、
法隆寺とサンマルコ寺院は姉妹寺だ、とでも
言いたげなご様子、
それは、
今、裏・市長さんがご自身のブログに連載されている、
「イタリヤ紀行」の行間からも、
滲み出ておりますわよ。

だからって、だからって、
東京を、尻の青い若造扱いとは、
あまりに酷いと思います。

ご自慢もほどほどになさってくださいませね。

by 青山実花 (2018-07-06 10:00) 

青山実花

薔薇少女さん
コメントありがとうございます。

裏・市長さんのご職業が何なのか、
私も存じ上げないのですが、
もしかしたら、
本当に大和高田市の市長さんなのかもしれませんね^^


薔薇少女さんがお元気なのは良い事です。
落ち込んでいるよりは、いいのではないでしょうか。

体重なんて気にせず、
好きなものを食べたらいいと、
私は思います。
あとで後悔するのは嫌ですものね^^

私は昨日、キットカットのミント味を食べました。
もしご近所のスーパーにありましたら、
買ってみてくださいね^^

私もコメントのレスはめっちゃ遅いですよ。
「メリークリスマス」と書かれているのに、
正月になっていたりするんで(笑)。

コメント欄はそのままでいいんですよ。
ブログに決まりはありません。
自分がしたいようにするのが一番です^^

by 青山実花 (2018-07-06 10:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。