So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「ゆずりは」 [映画]

yuzuriha.jpg
〔2018年/日本〕


安宅葬儀社で営業部長を務める
52歳の水島正二(滝川広志)は、
真面目で、
どんな時でも、
仕事に全力投球だ。


ある日、社長の松波平二郎(勝部演之)から、
新入社員の面接を任された水島は、
葬儀社には到底向いていそうにもない、
茶髪でチャラい若者・高梨歩(征木玲弥)に、
なぜか心惹かれ、
周囲の反対を押し切って採用する。


初めての営業に連れ出された歩は、
夫を亡くした老婦人の思い出話に涙を流す。
人の心に自然に入り込む、
豊かな感受性を持った歩に、
水島は、ハッとするものを感じる。


実は、水島は、
妻を自殺で亡くし、
以来、心を上手く開けずにいたのだ・・・。





試写会で観た。


上映の前に、
主演の滝川広志さん、
新入社員役の征木玲弥さん、
加門幾夫監督による舞台挨拶があった。

yuzuriha2.jpg
※映画ナタリーさんより


滝川広志、といっても、
多くの方が「誰?」と思うでしょうが、
これは、物真似芸人・コロッケさんの本名で、
今回は、笑いは全て封印し、
撮影に臨んだのだそうだ。


その意気込みは大変なもので、
挨拶の中で、コロッケさんは、
「裏・コロッケとして、いつもとは違う自分を見てほしい」と
語られ、


また、監督さんも、
「コロッケさんは、撮影の間は自宅に帰らず、
 撮影地の千葉県八千代市のホテルに泊まって、
 八千代市民になり切るように努力していた」と
裏話を披露。
その力の入りようが分かる。


途中、美川憲一さんからの
ビデオメッセージが届き、
会場は大盛り上がり(笑)。


これは余談だけど、
私の後ろの席の、
20歳前後と思われる女の子2人が、
舞台挨拶前に、すごくテンションが上がっている様子だったので、
「この若さで、コロッケさんの熱狂的なファンとは珍しいなぁ」と
ちょっと意外な気持ちでいたら(すみません(笑))、
そうではなく、
征木玲弥さんのファンなのだと分かった。
そっか、そうよね、それなら納得(ますます、すみません(笑))。


映画は、
コロッケさんの仰る通り、
とてもシリアスで、
考えさせられる内容。


様々なエピソードが描かれていたけれど、
一番辛かったのは、
いじめで自ら命を絶った女子中学生の葬儀の場面。


いじめの加害者とはハッキリ描かれてはいなかったけど、
同級生と思われる女子が3人、葬儀に参列し、
この子たちが、
ヘラヘラとした様子で、
ケータイをいじり、
おおよそ、葬儀に来ているとは思えない、
人を小馬鹿にした酷い態度でいるのを見て、


いじめられて死んだって、
加害者は、反省も、後悔もしやしないと
やりきれない気持ちになって。


葬儀の仕事をしていると、
実際、本当に色々な事があるのでしょうね。


評価 ★★★☆☆

nice!(58)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

nice! 58

コメント 8

裏・市長

新人俳優・滝川広志。

彗星のごとこ現れた新人か・・・。
知らんなぁ。

でも、この顔見たことある・・・。
・・・ちあきなおみか!。いや、岩崎宏美やんか!。
いや、コロッケだ!。

「裏・コロ」・・・。
なんだか居酒屋の裏・メニューみたいで、
滅多に食べられない、まかない飯みたいな・・・。

葬式とか結婚式とか、人間の節目は
やはり、色々とおもしろいな。

ボクも結婚式の司会を何回かやったけど、
人生の縮図…みたいなものを垣間見たわ。

結婚式に別れた前の男を呼ぶ女、
またノコノコやって来る男ってどんなんやねん?。
で、その男が祝辞を述べて、
歌まで歌うてどんなんやねん?。

司会のこっちは、「新婦のご友人」としか
紹介できんかったわ。


「コロッケの熱狂的なファンとは珍しい」。
いつもながら余談が失礼すぎる!(笑)。
タダ見してる身分で、ウソでもいいから
コロッケさんステキ・・・とか書けよ!。嘘でいい。

個人的にコロッケさんは嫌いじゃない。
どっちかと言えば好きな部類。
生コロッケにあえて、うらやましい・・・。

生コロッケと書くと揚げてないように聞こえるが・・・。

by 裏・市長 (2018-06-07 11:04) 

mitu

やはりコロッケさんでしたか^^
口元が、岩崎宏美のモノマネの時の顔をうかがわせていたので…もしやと、思いましたよ
by mitu (2018-06-07 11:07) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

ったく、どいつもこいつも、
岩崎宏美岩崎宏美って、
岩崎宏美さんも、とんだ貰い事故ですわね。


なるほど、
裏・市長さんは、結婚式の司会の経験がおありですか。

それなら、一つお願いがございます。
来年、帝国ホテルで行われます、
わたくしの喜寿のお祝いパーティの司会を
引き受けてはくださらないでしょうか。

政界、財界、芸能界から、
多数の著名な方々をお招きするものでございますから、
司会も、それなりの方にお願いしたく、
人選に迷っておりましたのよ。

裏・市長さんなら、
知性、教養、品格の三拍子を兼ね備えたご立派な方ですので、
わたくしのお祝いの司会にピッタリですわ。

もちろん、わたくしが過去にお付き合いした
4,000人ほどの男性も、全員出席いたしますので、
仕切りの方も、宜しくお願い致します。


裏・市長さん、わたくしに失礼などとは失礼な。

このレビューには、
わたくしの、中年男性への訓戒が込められている事を、
行間から感じ取ってほしいものですわ。

若い女の子が、自分の方を見てキャーキャー騒いでいても、
「も、もしかして、俺に気がある!?」などと思わず、
冷静になって、周囲を見てごらんなさい、と。
あなたの隣に、必ず若いイケメンがいますわよ、と。
勘違いして手を出したりすると、
必ずセクハラで訴えられますわよ、と。

by 青山実花 (2018-06-07 15:07) 

青山実花

mituさん
コメントありがとうございます。


「どいつもこいつも」などと書いてごめんなさい。
mituさんのことは、「どなた様も」と思っておりますよ^^

確かに、コロッケさんは
真面目な顔をしていても、
どこか誰かの物真似をしているように見えますね(笑)。

by 青山実花 (2018-06-07 15:07) 

薔薇少女

>いじめられて死んだって、 加害者は、反省も、後悔もしやしないと
自殺をどこかで美化する風潮があるから、
ひとはそれを選びたくなるけど、やはり『逃げ』なんじゃないかな?!

母が三叉神経痛で痛みに苦しんで、『自分で死ぬ事は、怖いから殺してくれ・・・』
って、追い縋った時、
『わかった、殺してあげるわ、但し、私もその後死ぬけどそれで良いんだね!』と言いました。
今思えば、夫の痛みと全く同じ痛みだったのです!
死にたくなったら、徹底的に悲しいドラマや映画を見て、それよりはましか
と、考える様にしてます!

by 薔薇少女 (2018-06-07 18:08) 

don

こんばんは~
見た瞬間コロッケやん。
でもコロッケという名前が出てこない。
滝川広志さんて、コロッケに似てるなあ・・

読み進めていくと、やっぱコロッケやった(笑)
by don (2018-06-09 20:09) 

青山実花

薔薇少女さん
コメントありがとうございます。

確かに、
死んでも何も変わらないし、
それなら、嫌がらせのように(笑)生きてやる!と思った方が、
いいかもしれませんね。

体の痛みは、
体験していない私が軽々しく言えるものではありませんが、
お母さま、大変でしたね。
そして、傍らにいる薔薇少女さんも
お辛かった事と思います。
旦那様も、良くなるといいのですが・・・。

そう、辛いときは、
徹底的に悲しいものを観たり読んだりするのもいいって
私も聞いた事があります。

by 青山実花 (2018-06-10 10:26) 

青山実花

donさん
コメントありがとうございます。

このポスターを見た瞬間の
人の心って、
donさんが書かれているのと
大体同じ経過をたどるようですね(笑)。

なーんて、実は私もそうでした(笑)。

by 青山実花 (2018-06-10 10:27) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。