So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「妻よ薔薇のやうに」 [映画]

tsumayobaranoyouninaruse.jpg
〔1935年/日本〕


山本君子(千葉早智子)は、
母親と2人暮らし。
父親は、
元芸者の愛人と家を出て、
現在は信州で暮らしている。


母親は歌人で、
父を思う歌ばかり作っている。
一緒に暮らしていたころは、
それほど父を愛しているようには見えなかったのに、と、
君子は面白く思っている。


ある日、君子は、
父を迎えに信州に行く。


ところが、そこで見た、
父と愛人との生活は、
君子が想像していたものとは、
全く違っていた・・・。





昨日書いた、「妻よ薔薇のように 家族はつらいよ3」は、
日本映画の名匠・成瀬巳喜男監督の
本作からタイトルをいただいたであろうことは
間違いなく、
古い映画に造詣の深い、
山田洋二監督らしいと思った。


私は、この名作といわれる「妻よ薔薇のやうに」は未見だったので、
この機会に観てみた。


いい映画だった。
なんか、もう、
本妻=善
愛人=悪
という概念が、完全に覆される。


「家族を捨てて、女と家を出た父」
「その女は元芸者」
と聞けば、
誰だって、愛人は、
派手で、蓮っ葉な女だと想像するだろう。
私もそうだった。


ところが、娘・君子が訪ねた父の家は、
そうではなかった。


愛人と呼ばれる女性は、
地味で堅実、
事業が上手くいかなくなった父に代わって、
髪結いをして生活を支え、
さらに、父から送られてきているとばかり思っていた金は、
実は愛人が送っていたものだと分かる。


父と愛人との間には、
子供が二人いて、
その家庭は、
君子の家より、よほど家庭らしいように見える。
愛人は、自分の娘に進学を諦めさせ、
君子の家に送る金を捻出していたのだ。


比べてはいけないが、
それに引き換え君子の母は、
歌人といえ、
持ち出しの多い生活で、
娘の収入で生活しているというのに、
あれやこれやと買い物をしたり、
新しい着物を作ったり、
なんだかなぁ、と思われる部分が多い。


父は
君子と一緒に、
数日間の予定で、東京に帰って来るのだけれど、
君子の母は、
別に嬉しそうでもなく、
「いい歌が浮かんだから、一人にさせて」みたいな事まで言う。
その冷淡さ、
夫に逃げられても仕方あるまい。


私は、父を、
早く愛人の元に帰してあげたくて仕方なかったよ。
たとえそれが常識とは外れているとしても、
この映画に関してだけは。


やっぱり、いい映画は、
色々考えさせられることが多い。


評価 ★★★★☆

nice!(55)  コメント(4) 

nice! 55

コメント 4

薔薇少女

昔の愛人は、こんなけなげな人がいたかもしれないけど、
現実の世界ではどうなんだろう・・・
>その冷淡さ、夫に逃げられても仕方あるまい
それを(愛人に)言われたりしたら、弁明する自信は無いかも・・・?!
by 薔薇少女 (2018-05-28 20:21) 

裏・市長

「蓮っ葉な女」!。

「蓮っ葉な女」!!!。

そんなキーワード使う人、
60年ぶりぐらいに見たわ!。

「蓮っ葉な女」!!!。

「母親は歌人」。
この時点で普通の平凡な家庭生活は
あきらめたほうが良いと思われる。

職業・泥棒
職業・反社会的勢力の構成員
職業・裏・市長・・・。

こんな人種と関わって、とてもマトモな生活が
送れるとは思えない。
青山実花さんも充分お気をつけください。


「妻よ薔薇のやうに」、こんな映画がある事すら
知らんかったわ!。
青山実花さんのように、新作が公開されて、
それが過去作から何らかの影響、オマージュ、
おまんじゅうなど影響を受けていると知ると、
その出典まで遡って見てみる…。

これはとてもいい傾向。
普通に暮らしていれば、
自分で選んで見る事がない作品にめぐりあえる。

つまらなければ、あぁ、やっぱり近年のリメイクの
ほうがよかった、と比較する事が出来るし、
おもしろければ、逆にこの時代にここまでの
物語が作られていたんだ!と新しい発見が出来る。

それは埋もれた秘宝を探しもとめる
探検家の気分にも似ている・・・。

青山実花さんがまだ未成年だというのに、
昭和の作品群に造詣が深く、
18歳未満禁止の作品にまで手を出しているのは、
このような秘密があったのですね!。

でも、未成年が、
「蓮っ葉な女」なんて言葉を使うと、
こいつ…サバよんでんじゃねぇの?と疑われますよ。
お気をつけ下さい。
by 裏・市長 (2018-05-31 00:52) 

青山実花

薔薇少女さん
コメントありがとうございます。

世の中の、「愛人」と言われる方に、
色々聞いてみたいものですね^^

いえいえ、薔薇少女さんは、
冷淡などではないと思います。
文章から、優しさが感じられますので。

by 青山実花 (2018-06-02 22:10) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

あら、裏・市長さんたら、
後期高齢者のわたくしを、
未成年だとお思いになっていたのですか?

そりゃあ、
わたくしは、時々、20代と間違えられますけれど、
さすがに未成年と言われたのは、
裏・市長さんが初めてでございます。
まぁ、サバ読んでいるとはいっても、
62歳くらいですから、
大した違いはありませんけれど。


職業・詐欺師
職業・日大アメフトチームの上層部
職業・青山実花・・・。

こんな人種と関わって、とてもマトモな生活が
送れるとは思えない。
裏・市長さんも充分お気をつけくださいませね。


そうなんです、
わたくし、
「裏よ薔薇のやうに」などという映画がある事は、
まるで知りませんでしたわ。

観てみましたら、
これがもう、素晴らしいのなんのって、
コメディでありながら、
涙無しでは見られず、
激しいアクションがありながら、
恋愛部分では心ときめき、
戦争が始まったかと思えば、
大型客船が海に沈むなど、
ありとあらゆる要素が盛り込まれておりましたのよ。

特に主人公の裏と、
宇宙人とのラブシーンは必見ですわ。
2人が愛を語り合うバックで、
薔薇の花が咲き乱れておりますの。
これでタイトルの意味が分かりましたわ。

裏・市長さんにも、
ぜひこの映画を観ていただきたく、
ソフトを送ろうと思ったのですが、
考えてみましたら、わたくし、裏・市長さんの住所を知りませんでした。
あぁ、本当に残念。

by 青山実花 (2018-06-02 22:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。