So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「妻よ薔薇のように 家族はつらいよ3」 [映画]

kazokuhatsuraiyo3.jpg
〔2018年/日本〕


平田家では、
今朝も嫁の史枝(夏川結衣)が、
子供たちの弁当作りに忙しい。


夫の幸之助(西村まさ彦)は
今日から香港へ出張、
舅・周造(橋爪功)と、
姑・富子(吉行和子)は、
瀬戸内海へ墓参り。


史枝は、二階の掃除をしているうちに、
うとうとする。
すると、そこへ空き巣がやってきて、
史枝が内緒で貯めていたへそくり
40万円余りが盗まれてしまう。


帰国後、それを知った幸之助は激怒、
史枝にひどい言葉を投げつける。
すると、
傷ついた史枝は、
家を出ていってしまう。


史枝がいなくなり、
家の中は大混乱。
長女・成子(中嶋朋子)、
成子の婿・泰蔵(林家正蔵)、
次男の庄太(妻夫木聡)、
庄太の嫁・憲子(蒼井優)もやって来て、
今後について話し合うが・・・。





試写会で観た。


シリーズ3作目ともなると、
観ているこちらも平田家に馴染んでいるので、
最初から、物語に入りやすい。


が、
あまりに、他人の家の中を見せつけられるのも、
居心地が悪いものだな、と思ったのも事実。
それから、
女の私としては、
西村まさ彦演じる長男・幸之助の、
横暴っぷり、エラソーな物言いには、
どうしても納得いかない。


この人は、
泥棒にへそくりを盗まれ、落ち込んでいる妻・史枝に向かって、
優しい言葉をかけるどころか、
「その金は、元々俺が働いて得たんだ」みたいな事を言う。


この人の言い分、
私には全くもって、意味が分からない。


主婦が、余った生活費を貯めておくことの
何がいけないのだろう。
生活費は全て使い切る方が偉いというのか。
それとも、余った金は、
夫に返せとでも言うのか。


それとも、
夫に内緒にしているのが
気に入らないのか。
お前に話せば、何かの時当てにしてくるから、
内緒にしとるんじゃ!


史枝さんだって、本当は働きたい。
他の主婦みたいに、自由にしたい。


でも、平田家の
面倒くさい舅と姑に仕え、
超ワガママな夫に仕え、
思春期の2人の男の子がいる身では
働きたくても、働けないのが現実じゃないか。


それを、
「俺が香港に出張に行っている間に、
 お前は昼寝か」って・・・。
史枝さんがどれだけ毎日気苦労を重ねているか、
幸之助は慮ろうともしない。


この映画の救いは、
登場人物全員が、
史枝さんの味方だって事。


これで、舅や姑が幸之助を庇ったりしたら、
もう全然笑えない、
ただの嫁いびりのドラマになってしまう。


もちろん、この映画の性質上、
最後は大団円。
次に続く伏線もバッチリ。
4作目もきっと、
ドタバタするんだろうなぁ。


評価 ★★★☆☆

nice!(62)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

nice! 62

コメント 6

Ginger

このシリーズをみる度、こぶ平・・・あ!正三か!・・・のリアル「家族はつらいよ」が思い出されて~。次作は泰葉サマもゲスト出演望む!
by Ginger (2018-05-25 12:35) 

hatumi30331

前からこういう野郎やったけど・・・(この夫)
酷くなってるね!
倍返ししてやれ!!!って・・・・・
言いたくなるよ。へへ;
ようやく最近WOWOWで1も2も観たとこです〜♪^^
by hatumi30331 (2018-05-25 20:54) 

裏・市長

いつの間にシリーズ第3作・・・。
着実にシリーズ重ねとるやないかい!。

しかし私は予言する。
家族はつらいよは、男はつらいよのような
長期シリーズにはならないだろう。つらいけれど。

出演者が3にして、すでに高齢化している。
男はつらいよなんて、年2作ペースぐらいで、
公開してたんじゃない?。

この作品も週イチぐらいで公開しないと、
後悔する事になる。急げ。早よ。

家庭の主婦が表で働く事を許さない旦那に限って、
「銭」には汚なくて、「オレが働いた金」、
「オレの金でお前らは食べている」っちゅうような
事を平気でクチにする。

知り合いのご家庭は、
シングルマザーで2人の子連れで
両親の元に出戻ったのだが、
孫がスマホのワイハイのルーターアンテナ工事が
したいと言い出した。

だが、祖父はアンテナ工事など
とんでもない!と怒りだした。

自分が買った家に穴を開ける工事なんて!!と。

今は昔のような壁に穴を開けて…なんて、
工事はしないのに…。

説明しても「許さん」の一点張り。

あげくの果てはワシの家じゃ、
気にいらんなら出て行け。
となって、いつも喧嘩しておしまい。

オレの金、オレの家…。
そーゆー思考の日本男性は意外と多い。

その点、ボクなんか
人類愛に満ち溢れているからねぇ…。
金なんか腐るほど…と言いたいところだが、
青山実花さんがどうしてもとおっしゃるなら、
借りて差し上げます。

差しあたっては、ボクのスイス銀行の裏・口座に
よろしくお願いします。すいません、助かります。

by 裏・市長 (2018-05-31 00:38) 

青山実花

Gingerさん
コメントありがとうございます。

泰葉さん、相変わらず
お元気でやらかしてくれてますね(笑)。
この映画にゲスト出演されたら、
めちゃくちゃ話題になりそう^^;

by 青山実花 (2018-06-16 16:45) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます。

この夫、そうなんです、
ますます嫌味がパワーアップしてるんです^^;
ホームドラマだから、
奥さんは戻ってくるけど、
現実だったら別れてるかもしれませんね^^;

by 青山実花 (2018-06-16 16:46) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

そうですかね、
やっぱり、この映画の
「寅さん」化は無理ですかね。

でも、山田洋次監督は
現在86歳ですので、
あと30年生きるとしたら、
寅さんも夢ではないと思うのですが。

他の出演者さんたちはどうかしら。
あと30年踏ん張れるかしら。

それより何より、
裏・市長さんと私は生きているかしら。
いくら映画を作ったって、
観る人がいないんじゃ、
意味がありませんものね。


いやですわぇ、
俺様な男は。

そんな男に限って、
過去の事をごちゃごちゃ言ったり、
つまらない事で人を責めたり、
人間が小さいんですよねぇ。

え?
わたくしにお金を貸してほしいんですか?
いくらいるんですか?
1226万円ですか?
何に使うんですか?

仕方ないですわね。
出してあげますわ。

利息は1日1割でよろしいかしら。

by 青山実花 (2018-06-16 16:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。