So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「青い夜霧の港町」 [映画]

aoiyogirinominatomachi.jpg
〔1956年/日本〕


ボクシングのチャンピオン・大倉健(大木実)は、
試合中、対戦相手の内藤剛を殺してしまった事から、
リングを降り、
今は船乗りをしている。


内藤の墓参りに行った大倉は、
内藤の未亡人・和江と出会い、
互いに心惹かれる。


しかし、内藤の弟・次夫は、
大倉に激しい憎しみを気持ちを募らせており、
いつか、ボクシングで
大倉を倒そうと、
懸命に練習している。


大倉は、リングに戻る気はなかったが、
ある事情から、金が必要となり、
大陽興行社長・関口に
借金の申し込みに行く。


関口が金を貸す条件は一つ。
大倉が次夫と試合をする事・・・。





ボクサーが、
試合中、対戦相手を死なせてしまい、
本人も、家族も、
その事で苦しみ続ける、って、
映画やドラマで、
よくある話のように思うのだけれど、


実際のところ、どうなんだろう。


現実にそのような事があったとして、
死なせてしまったボクサーが、
悩むのは分からないもないけれど、


家族は、
その相手を、そこまで憎むものなのだろうか。
喧嘩して殴った、とかではないわけだし。
もちろん、同じ立場にならない限り、
答える事はできない問題なんだろうけど。


それから、
死なせてしまったボクサーと、
未亡人、もしくは姉(妹)が
恋仲になるというのも、
お約束な気がするんだけど、
これは、ある種の、
ロミオとジュリエット効果みたいなものがあるんだろうか。
好きになってはいけない相手に、
恋してしまった、みたいな。


それにしても、
なんなんだ、この主人公は。


未亡人の和江が、
恋心を告白し、
「私を離さないで」とまで言っているというのに、


「僕も、あなたが好きです。
 でも、でも、僕は、ボクシングを捨てて海に出た男です」と、
彼女を振り切って、
船に乗ってしまう。


据え膳食えよー、
こんな綺麗な女が食っていいって言ってんだから、
食ってくれよー、
何、やせ我慢しちゃんてんの?と、
観ているこちらが、
地団太踏みたくなるようなラスト(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(55)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

nice! 55

コメント 4

green_blue_sky

大木実さん、若いころと、年取った顔がほぼ同じとは(^_^;)
by green_blue_sky (2018-05-17 14:23) 

裏・市長

いや~、今まで私は大きな誤解を
していたようです・・・。

こちらのブログの管理人さんは、
純情可憐な乙女が運営しているものだとばかり
思いこんでおりました。

いや~、まったく見当違いでした。

ただのエロオヤジの映画ブログだったんですね!。

「据え膳食えよ!」。

純情可憐な太目…いや、乙女が、
こんなセリフを吐くハズがない!!。

ちょっとショックです。
西城秀樹さんの訃報とともに、
本日のショックベスト2です。

しかし、西城秀樹さん。今時の60代って、
まだまだ若いなぁ・・・。
私よりお若い人がまた先に逝ってしまわれた・・・。
by 裏・市長 (2018-05-18 00:33) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます。

若い頃と、年取った時の顔が同じって、
羨ましいのか、そうでないのか、
ちょっと微妙ですね^^;

by 青山実花 (2018-05-22 15:32) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

いえ、裏・市長さんは、
全然誤解なんかしておりませんわよ。

私が純情可憐な乙女なことは、
現実の私を知っているかたなら、
誰もがその通りだと
答えるはずですわ。
だって事実ですもの。
70年前の事ではございますが。

いえね、わたくしのような後期高齢者になると、
据え膳食わなかった男性が、
後になって、どれだけ後悔するか、
そんな例を山のように見てきたのでございます。

そうですよ、
秀樹をごらんなさい。
63歳で亡くなるなど、ご自分でも想像していなかったと
思いますよ。
据え膳は80歳になったら食えばいいや、
なんて、呑気な事を言ってはいられないんですよ。
明日には何があるか分からないんですから。

by 青山実花 (2018-05-22 15:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。