So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「ラブレス」 [映画]

loveless.jpg
〔2017年/ロシア〕


ロシアの夫婦・ボリスとジェーニャには、
離婚協議中。
どちらにも恋人がいて、
顔を合わせれば、
罵り合う日々。


夫婦の間には、
12歳の息子・アレクセイがいる。
2人は、
アレクセイを押し付け合うばかりで、
引き取ろうという気は、まるでない。


そんなある日、
ジェーニャは、
アレクセイの姿が見えない事に気付く。


探しても探しても、
アレクセイは見つからない。
アレクセイの失踪がきっかけとなり、
夫婦は、
2人の関係を見直すようになるが・・・。





夫婦が上手くいかなくなり、
別れ話が出る。
それはいい。


どちらか、もしくは両方に、
恋人ができる。
まぁ、人間だから、
そういう事もあるかもしれない。
勝手にしたらよろしい。


夫婦の問題は、どーでもいいけど、
この映画の子供の扱いには胸が痛くなる。


お願いだから、
嘘でもいいから、
子供にだけは、
「お前が世界で一番大切」と
言ってあげてほしい。
思わせてあげてほしい。


両親が罵り合い、
自分を押し付け合っているのを
聞いている息子は、
激しく泣いている。


こんな風に書くと、
声を上げて号泣しているかと
思われる方もおられると思うのですが、


そうではなく、
息子は、声を押し殺して、
でも、これ以上激しく泣くことはないだろうと
思われるくらい、
激しく泣いている。


ものすごい場面だ。
強烈な場面だ。
おそらく私は、
あの少年の様子を、
永遠に忘れられないと思う。


その後、
息子は失踪するわけだけど、


オチは書かないけど、
私はとても納得。
こういう終わりがあっていいし、
生きるって、
実際、映画のようにはならないし。


この映画の監督、
アンドレイ・ズビャギンツェフ(読みにくい(笑))の
作品は、
「父、帰る」の1本しか観た事がないので、
知ったような事は言えないけど、
ラストの解釈は、
観客に委ねるというのが、
作風なのかもしれない。


評価 ★★★☆☆

nice!(54)  コメント(10) 
共通テーマ:映画

nice! 54

コメント 10

薔薇少女

>息子は、声を押し殺して、
でも、これ以上激しく泣くことはないだろうと
思われるくらい、 激しく泣いている。

私達は罵り合ったりはしなかったけれど、
うちの息子もある時期、こんな思いをしていたかも・・・
夫も息子も我慢強いから、決して私の前では泣かなかった!
自分が、こらえ性が無い感情むき出しの我儘な人間なので、
私に似なくて良かったなとつくづく思います!
by 薔薇少女 (2018-05-02 16:49) 

きよたん

胸が痛いですね
子供の頃の体験は一生影響していく気がして。。
わけあって離婚することがあっても親は十分子供に
寄り添ってほしいです
by きよたん (2018-05-02 17:58) 

馬爺

おはようございます。
今日は雨風が強くてこんな日は映画でも見るのがいいですね。
by 馬爺 (2018-05-03 08:56) 

ponnta1351

誕生日のコメント有難う御座いました。
身につまされそうな映画ですね。
by ponnta1351 (2018-05-03 09:40) 

裏・市長

結局、この映画の登場人物、
全員が子どもやねん。

子どものクセに子どもを作ったあげくが、
離婚協議中。
どちらにも恋人がいて・・・。
その相手もまた、子どもである。

一番の被害者は、12歳の息子やねんけど、
この夫婦はお互いに自分が一番の被害者、
自分が一番かわいそうと思ってんじゃね?。

じゃあないと子どもの前で罵り合いなんか出来ないわ。
どうか、この息子がこれを反面教師として、
まっすぐ育ってくれますように…。

ただ、このようなパターンの場合、
高確率でカエルの子はピョン吉になってしまう…。


どうでもいいけど、アンドレイ・ズビャギンツェフって、
日本でいうところの、きゃりーぱむぱむ(文字でも書けない)
みたいなもんか?。

親は考えろよ!キラキラネーム海外版じゃん!。

そう考えると、「明」なんて単純で火星人でも読めるぜ!。
by 裏・市長 (2018-05-04 12:00) 

青山実花

薔薇少女さん
コメントありがとうございます。

薔薇少女さんのご家庭の事情を
完全に知っているわけではないので、
軽々しい事は言えないのですが、

息子さんは、可愛いお子様を、
ちゃんと薔薇少女さんに会わせてくださっているし、
立派に成長されていると思います。

私もめちゃくちゃワガママな人間なので、
時々、恥ずかしくなることがあります。

by 青山実花 (2018-05-06 20:44) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

子供の頃の強烈な体験は、
下手したら、
その子の一生を左右する場合もありますよね。

離婚するのは、もう仕方ない場合もありますが、
せめて子供だけは
愛してあげてほしいものですね。

by 青山実花 (2018-05-06 20:45) 

青山実花

馬爺さん
コメントありがとうございます。

雨の日に、映画を観る・・・
素敵ですね。
晴耕雨鑑って感じです^^

by 青山実花 (2018-05-06 20:46) 

青山実花

ponnta1351さん
コメントありがとうございます。

なんだか色々考えてしまう映画でした。
ponnta1351さんも、
機会があったら、観てみてくださいね。

by 青山実花 (2018-05-06 20:46) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

今の世の中、
大人の子供化、
子供の大人化が言われて
久しいですけれど、
本当にそんな感じですね。

もうね、最悪、
夫婦は勝手にすりゃいいんですよ。

でも、この世で、
親以外に、誰が子供に、
「世界で一番大切」って言ってやるんでしょう。

誰も言ってくれやしません。
だからこそ、嘘でもいいから、
言ってやってほしいんです。
子供だって、馬鹿じゃないから、
それを嘘だと分かってはいても、
「親が嘘をついてまで、自分を傷つけまいとしている」
というのは伝わると思うんです。

とにかく押し付け合うなんて、最低。


なるほど、裏・市長さんの息子さんの名前候補は、
「明(みん)」ですか。
やはり、ご自身が明治生まれだから、
それにちなんでの事なのでしょうか。

奥様は平成14年生まれだと聞きましたので、
2人目のお子様のお名前は、「平(へー)」という事に
なりますわね。

by 青山実花 (2018-05-06 20:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。