So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「土佐の一本釣り」 [映画]

tosanoipponduri.jpg
〔1980年/日本〕


高知県の漁村で暮らす順平(加藤純平)は、
中学を出るとすぐ、
カツオ船の船員になり、
今は見習い中。


船からおりた漁師たちの楽しみは、
酒と女。
先輩たちから、
酒を飲まされた純平は、
その後、女をあてがわれる。


純平には恋人がいる。
2つ年上の高校3年生・八千代(田中好子)。
水商売の女と交わる事はあっても、
素人女は生涯八千代だけ。
それだけは固く心に決めている。


しかし、ある時、
純平が、女と浜にいたのを見た八千代が、
2人の関係を誤解し・・・。





一人高知県映画祭4本目。


高知といえば、鰹。
私も、旅行中、鰹のお刺身食べました。
2月なので、シーズンではなかったけれど、
とても美味しかった。


そんな鰹の味を思い出しながら
観た本作だけれど、
タイトルが「一本釣り」という割に、
鰹釣りの場面は、
最初と最後だけ(笑)。


あとは、主人公の純平が、
いかにして、スーちゃんをどうにかするか(笑)、というのと、
喧嘩の話が殆ど。


原作は11年も連載が続いた漫画という事なので、
もっと深い物語があるんでしょうけれど、
それを90分の映画にしたのだから、
色々端折られてしまうのは、
仕方ないのかもしれない。


調べてみると、スーちゃん、
キャンディーズの解散から復帰して、
最初に出た映画がこれなのね。
24歳のスーちゃんが高校生。
ちょっと厳しかったけど、
可愛いから、ま、いっか(笑)。


昨日の「南国土佐を後にして」もそうだったけど、
高知の男って、
どうしてこうも、一途なの?(笑)


純平君も、昨日の小林旭さん同様、
絶対、据え膳食わない。
どんなに女から迫られても、振り払う。
その意志の強さが、
土佐の男って事なんでしょうか。
なんて素晴らしい。


純平が、
先輩漁師がヤクザに連れていかれたと
勘違いして、
乗り込んでいく場面が中々面白かった。


その時の、
ヤクザの親分役が成田三樹夫さん。
他にも、
加藤武さん、宍戸錠さん、蟹江敬三さん、
樹木希林さん、岡本信人さん、阿藤快さんなどなど、
名優すぎる皆さんが多数出演していて、
登場する度に、「あ!」と思ってしまう。


それから、この映画の続編が
2016年に公開されていたというのも知らなかった。
レンタル店にあるようなので、
そのうち観てみるつもり。


評価 ★★★☆☆

nice!(53)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

nice! 53

コメント 6

mitu

一カ月に40本映画を観るって・・・すごっ!
お主、ただ者ではございませんね(*_*)
by mitu (2018-03-10 14:14) 

green_blue_sky

今も愛読しているビッグコミックスの作品の映画ですが、観ていないです。アニメの印象が強すぎて昔は観れない(笑)
出ている人が濃すぎる、時間があればレンタルで観てみます。
by green_blue_sky (2018-03-10 15:27) 

きよたん

わー、土佐の男かっこいいです
by きよたん (2018-03-10 21:13) 

青山実花

mituさん
コメントありがとうございます。

いえいえ、
その分、ニュースもドラマもバラエティも、
ほぼ見ていないので、
今、世の中で何が起こっているのか
よく分からないという、
とほほな人間なんですよ^^;
by 青山実花 (2018-03-10 21:23) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます。

コミックの方はとても人気なようですね。
きっと面白いのでしょうね。

いつか機会がありましたら、
観てみてくださいね。
by 青山実花 (2018-03-10 21:24) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

一途な男性というのも、
またいいものですよね^^
by 青山実花 (2018-03-10 21:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。