So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「本日ただいま誕生」 [映画]

honjitsutadaimatanjo.jpg
〔1979年/日本〕


戦時中、中国に抑留されていた、
大沢道雄(植木等)は、
凍傷で両足を失い、大変なショックを受ける。
さらに、日本に引き上げる途中で、
仲間の坂本(中村敦夫)や横田(川谷拓三)に
置き去りにされてしまう。


大平原で死にかけていた大沢だが、
親切な中国人に助けられ、
何とか帰国する。
義足を作り、
やっと歩けるようになった大沢は、
小さな商売を始める。


そんなある日、
自分を置き去りにした坂本と横田に、
バッタリ再会する。
土下座して許しを乞う2人に、
全てを水に流した大沢は、
3人で商売を始める。


最初は上手くいっていた商売だが、
次第に立ち行かなくなり、倒産。
さらに、妻も出てゆき、
人生のどん底にいる大沢は死のうとするが、
それもできず、
頭を剃り、僧侶になろうと決意する。


托鉢行脚しながら、
旅先で様々な人と交流した大沢は・・・。





植木等さんの、シリアスな映画。


実在した、法永寺住職・故小沢道雄さんの、
戦後から僧侶になるまでの、
数奇な運命を描いた作品。


なんと、この映画、
1979年に製作されたはいいが、
ほんの少しの劇場で上映されただけで、
フィルムを紛失してしまい、
それが、2012年になって、
渡辺プロダクションの倉庫で、
30数年ぶりに見つかったのだそうだ。


植木さんは、
この映画の完成を、
殊の外望んだそうだ。
大変に内容の濃い物語なので、
きっと思い入れも大きかったのではないでしょうか。


戦時中、異国で両足を切断するという、
大変な悲劇に見舞われた上に、
大平原に、生きたまま置き去りにされるという、
その残酷なシーンから、
映画に釘付けになってしまう。


人間の置き去りなど、
絶対にあってはならない事だけれど、
戦争は、人間の気持ちを狂わせてしまうのだろう。
悲劇としかいいようがない。


置き去りにした者にしても、
その後を、平気の平左で生きていたわけではないらしい事は、
再会した時の様子から想像できる。
大沢を誘って、
商売を始めた事も、
「全ては彼のためだった」というセリフもある。


大沢は、懸命に生きるけれど、
人生、なかなか上手くはいかず、
不幸な事の方が多いように見受けられる。


悲しかったのは、
貧しい暮らしに耐え切れなくなった妻が、
突然、出ていってしまった事。
貧しさは、2人で乗り越えていけると思って
観ていたので、ショック。


でも、妻は妻で苦しんだ。
せっかく妊娠したというのに、
食べていけないという理由で、
大沢に無断で堕胎したりしている。
貧しくなかったら、産んでいただろうに、
辛い場面だった。


クレージーキャッツのメンバーが、
それぞれ数秒間だけ顔を見せる。
本当に仲がいいんだなぁと、
微笑ましい気持ちになった。
私の一番好きな石橋エータローさんが
すでに脱退したあとなのが残念だけど。


評価 ★★★★☆

nice!(55)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 55

コメント 2

裏・市長

わかった、わかりました。
みなまで言うな、いや、書くな。

青山実花さんが本当に伝えたい事は
わかった。

高田市の「ブログマスター」と、
後ろ指をさされるこのワタシが、
今日もたった一言で表現して差し上げましょう。

「…エータロー…LOVE」。

…あぁ、またしても青山実花さんに勝ってしまった…。
ちょっと大人げない気もしますが、勝負の世界は
厳しいということをわかってもらいたいのです。

…あぁ、また青山実花さんを好きに
もてあそんでよろしいのですね。
神様ありがとう、ボクにラスカルをくれて…。


戦争というのはすべてを狂わせるな。
すべてが狂っていたのだから仕方がない、
そういえばそれまでだが、
不幸になった人ばかりじゃないのが、
不公平なとこだな。

ウチの田舎の誰とは言わんが、村上さんとこは、
戦争で焼け出されて死に絶えた家の土地、
財産、全部のっとった。みんな知ってる。
で、それが続いて、今も村一番の金持ちだ。

やったモン勝ち。そんな時代が確かにあった。

戦争を待ち望んでいる層もきっといるだろうな。
一発逆転を狙って。
そんなヤツらの野望を叶えさせてはいけない。

一発逆転はワシのモンなのだから…。

by 裏・市長 (2018-03-05 17:56) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

もう、裏・市長さん、
一体何なんですか?

毎日毎日、
勝負を挑んで、
「勝った」と言い張っては、
わたくしから、財産を取り上げようとなさるとは。

新手のオレオレ詐欺でしょうか。
裏・市長さんの役割は、
受け子なのでしょうか。
お金を受け取りに来ようとなさっても、
刑事が張り込んでいるかもしれなくてよ。
気を付けてお越しくださいませね。


まぁ、村上さんたら、
わたくしがいつも妄想している事を
実践された、素晴らしいかたなのですね、
ご尊敬申し上げますわ。

わたくしも、よく思うのでございます。
タイムマシンで戦後に戻ったら、
混乱のどさくさに、
渋谷区松濤にロープを張り、
ここは自分の土地だと言い張り、
いただいてしまうのに、と。

それをした暁には、
裏・市長さんにも、30坪ほど分けて差し上げますので、
ぜひ別荘をお建てになってくださいね。

あとはタイムマシンを発明するだけですわ。
早くしてくださいね、
わたくしが生きている間に、早く。

by 青山実花 (2018-03-09 09:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。