So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「セリーナ 炎の女」 [映画]

serena.jpg
〔2014年/チェコ〕


1929年。
グレート・スモーキー山脈の
奥深い場所で、
ジョージ・ペンバートン(ブラッドリー・クーパー)は
製材所を営んでいる。


ある日、ジョージは、
火事で焼け出され、
家族を失った、
美しい女・セリーナ(ジェニファー・ローレンス)と出会い、
結婚する。


二人の愛は、揺るぎないものに思われたが、
セリーナは流産し、
2度と子供を産めない体になってしまう。


セリーナの気持ちは荒れ、
いつしか、その憎しみが、
ジョージの昔の恋人で、
彼の子供を産んだ女に向けられ・・・。





ブラッドリー・クーパー命の女友達に
誘われ、
急遽、観に行くことになった。


私はもう、
どんな映画でも観たいので、
他の事ならともかく、
「映画行こう」と言われると、
すぐ付いて行ってしまう(笑)。
幼児だったら、誘拐されているところだ。


この映画、
「世界にひとつのプレイブック」や
「アメリカン・ハッスル」の、
クーパーと、ジェニファー・ローレンスのコンビだというのに、
上映しているのは、
日本で1館だけ。
「未体験ゾーンの映画たち2018」という企画の中の
1本らしい。


人気の2人だというのに、
抱き合わせ販売みたいな風にされるって、
どういう事なんだろう。
いや、別に憤っているわけではなく、
映画業界のからくりって、
よく分からないなぁと思って。
二人ともアメリカ人なのに、
チェコ映画というのも不思議だし、
2014年の作品を今頃?とも思うし。
まぁ、ヒットが見込めないというのが、
一番の理由なんだろうけど。


で、映画。


深い愛情で結ばれていたはずの夫婦が、
流産をきっかけに、
妻が狂気に変わり、
夫の昔の恋人を
殺そうとまで
思い詰める物語。


ただの「昔の恋人」というのなら、
そこまで憎しみを向けないんだろうけど、
決定的なのは、
永遠に子供を持てなくなってしまった妻に対して、
恋人は、夫の子供を産んでいるという事実。


しかも、夫は、
隠してはいるけれど、
その子供に対して、
断ち切っても、断ち切れないほどの
愛情を持っているらしいことが、
嫌でも伝わってくるのだから、辛い。


嫉妬の感情は理屈ではないし、
心で荒れ狂う、
その嵐を持て余し、
追い詰められるのだから、
始末が悪い。


この映画の面白い所は、
夫は結構、
ワルというか、
保身のためなら、
何をしても構わないと思っている所。


「そ、それをしたら駄目でしょ」と思う場面が、
何度もある。


でも、私は、
不思議とそれがイヤではなかった。
良い面ばかりの人間はいない。
表の顔もあれば、
裏の顔もある。
誰だって、自分が一番大事だろう。
それが人間なんだろうなぁ、と。


評価 ★★★☆☆

nice!(48)  コメント(4) 

nice! 48

コメント 4

きよたん

確かに私もきれいごとばかりの映画は
好きではありません。
存在感のある人間を描いた映画に共感を覚えます
by きよたん (2018-02-24 19:16) 

裏・市長

「上映しているのは日本で1館だけ」。

なにそれ!。
そんなん上映してないにも等しいやん?!。
しかも2014年の製作?。謎すぎる…。

と、調べたら、この作品、
4月4日にDVDが発売されるのか…。

わかった!。
これで「劇場公開作品」のカンバンが付けられる。
映像特典にも、「日本公開版予告編」がある。
日本語吹き替えも入ってる。
…すべては仕組まれた出来事だったのだ!。

でも、スクリーンで観たい人には、
貴重な機会やな。ボクなんか、どういう形でも
見られればいいや…って人種はともかく。


今日はいいこと聞いた。
そうかー、気がつかなかった・・・、
青山実花さんを誘い出すには、
「映画に行こう」と言えばよかったのだ。

なんで今まで気が付かなかったんだろう。
こんな簡単な事に。
そうかー、映画な。映画だったんだ。

あれは良いよ、環境的にも暗いし、
椅子と椅子も近い。ペアシートなるものも存在する。

そうかー、映画な。
気付かんかったなぁ…。映画な。
by 裏・市長 (2018-02-25 10:14) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

ロマンティックな綺麗ごとなら、まだいいのですが、
偽善的だったり、正義を振りかざすだけの
お話は嫌ですね。

そういう人にも魅力を感じないかも^^;

by 青山実花 (2018-02-25 22:30) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

なるほどー、
仕組まれた罠に、
友人と私はハマったというわけなんですわね。

まぁ、いいですわ。
ブラッドリー・クーパーのイケメンを
大きなスクリーンで思いっ切り堪能できましたので。

「わたくし、あの映画を劇場で観たんですわよ、おほほ」と、
いつか誰かに自慢できる日まで、
この思い出を、
心で温めておきたいとおもいますわ、おほほ。


あら、裏・市長さん、
わたくしを映画に誘ってくださるの?

それは行くわ。
行かせてもらいますわ。

で、何を観るんですの?
え?
「マジンガーZ対デビルマン」と、
「マジンガーZ対暗黒大将軍」の2本立て?

・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・う、裏・市長さん、ごめんなさい、
わ、わたくし、
急に、急用を思い出しましたので、
その2本立て、ぜひ観たいのですが、
今日は失礼いたしますわ。
映画はまたの機会に、という事で。
アデュー。

by 青山実花 (2018-02-25 22:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。