So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「ナイル殺人事件」 [映画]

nilesatsujinjiken.jpg
〔1978年/アメリカ〕


最近、莫大な遺産を相続したリネット(ロイス・チャイルズ)は、
親友・ジャクリーン(ミア・ファロー)から、
ジャクリーンの恋人・サイモン(サイモン・マッコーキンデール)の
仕事の世話をしてほしいと頼まれる。


数か月後、
リネットとサイモンが電撃結婚をする。
そう、サイモンはジャクリーンを捨て、
美しいリネットを選んだのだ。


ところが、
夫妻が新婚旅行に出掛けたエジプトの
行く先々にジャクリーンが現れては、
汚い言葉で、二人を罵る。


ナイル川下りの船に乗った夫妻だが、
そこにも、ジャクリーンは乗船。
さらに、船には、
リネットに恨みを持つ者が
多数乗り合わせていた。


ついにリネットが銃殺された。
船には、名探偵ポアロが乗っており、
事件解決に乗り出すが・・・。





今年の初めに、「オリエント急行殺人事件」を観て、
感想を書いたばかりだけれど、

http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2018-01-02
映画の最後に、
次は「ナイル殺人事件」が映画化されるような事が
仄めかされていたので、
これはもう、
1978年版を先に観ておこうと思い、
借りてきた。


うん、
こちらもなかなか面白い。


狭い、限られた空間での殺人事件、
そこにいる人間の全員が、
被害者に何らかの恨みを持っている、などの点が、
「オリエント~」に似ていなくもないけれど、


当然の事だけど、
犯人も、動機も、
全然違う。


何と言っても、
面白いのはジャクリーンを演じるミア・ファロー。


リネットとサイモンが、
新婚旅行先のエジプトのピラミッドの頂上で、
熱烈なキスをしていると、
なんと、ジャクリーンが、
鬼のような形相で、
そこに登ってくる。


それはもう、
「出たーーーーー!」としか言いようのない
登場の仕方で、
恋人に捨てられた挙句、
親友と結婚されてしまった女の、
憎悪と哀しみに満ちた、
凄い表情を浮かべている。
その場面だけでも、観る価値あり。


自分を捨てた男の新婚旅行先を
付いて回るって、
どんだけ執念深いの。
当時は、おそらくまだ、
「ストーカー」という言葉も概念もなかったのだろう。
劇中、彼女がそう呼ばれる事はなかったけど、
今だったら、
その場で通報されても、
おかしくないレベル。


その後、リネットが殺され、
当然、一番最初にジャクリーンが疑われるわけだけど、
彼女にアリバイがあるのは、
観ているこちらが、一番良く知ってる。
じゃあ、誰が犯人?って流れで。


ポアロは、犯人候補の乗客一人一人に、
「あなたなら、こんな方法で殺せたはずだ」と
説明し、
その仮定の映像が流れるので、
とても分かりやすい。


気になるのは、
リメイク版の「ナイル殺人事件」が
一体いつ頃公開されるんだろうって事。


できれば、この感動を忘れないうちに、
早く観せてほしいなぁ。←ワガママ~(笑)。


評価 ★★★★☆

nice!(53)  コメント(10) 
共通テーマ:映画

nice! 53

コメント 10

mitu

ミア・ファローさんは好きな女優さんでありますが
その「出たーーーーー!」という顔はかなり怖そうですね(^^ゞ
by mitu (2018-02-07 15:00) 

green_blue_sky

映画館では見ていないですが、これでポアロが好きになりました。
アガサ・クリスティー、「青の列車の謎」、中学時代に読もうとして挫折して以来、ポアロ小説は読むのをやめて映画やテレビのみです。
リメイク版、決定はしていますが、公開日は発表されていないですね。
by green_blue_sky (2018-02-07 15:10) 

zombiekong

オリエント・ナイル・地中海と観光地巡り版のポアロシリーズは、のちの日本の2時間ミステリードラマなどにも影響を与えてますね。美しい景色に殺人の取り合わせは最高の娯楽(!?) 日本と違って殺人の動機が湿っぽくないのも良いです。
by zombiekong (2018-02-07 19:57) 

don

おお、懐かしいです。
これたぶん、子供のころ映画館で見た映画かな。
ストーリーはまったく忘れましたが^^;

by don (2018-02-08 12:41) 

裏・市長

さすがは映画レビュー界にこの人あり!と、
大和高田市のノラ猫たちが、
お魚くわえながら噂しただけの事はある、
青山実花さん!。

まだ公開されてもない映画の予習という訳ですね!。
目の付けどころがいい!。

リネット、なんぼ皆に恨まれてるねん!。
しかし、この悪行の数々、
そら、殺されても仕方ないかな、自業自得かな。

よくいてますねん。
お前、それ、人としてどうよ?ってな、
行動・言動をとっても、本人はまったく
悪いと思ってない。

そして知らず知らずのうちに恨みつらみ、
脂身が増えてゆく…。

…怖いですね、怖ろしいですね、
気をつけましょうね。
それではサヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。

で、ナイル殺人事件、いつ公開すんの?。
え?企画が進んでるだけで、
撮影もまだはじまってない?!。

…あんた、そりゃあ先物買いが過ぎるよ…。

by 裏・市長 (2018-02-09 04:19) 

青山実花

mituさん
コメントありがとうございます。

「ローズマリーの赤ちゃん」の時は、
恐怖に怯えきった表情をしていたミアですが、
この映画では、逆に、
人を恐怖に陥れていましたよ(笑)。

by 青山実花 (2018-02-09 23:13) 

青山実花

green_blue_skyさん
コメントありがとうございます。

私も本は好きですが、
翻訳ものはちょっと苦手かも^^;

早くリメイク版「ナイル殺人事件」が観たいです。

by 青山実花 (2018-02-09 23:14) 

青山実花

zombiekongさん
コメントありがとうございます。

これを日本で作り直したとしたら、
「湯けむり旅情殺人事件」といった
所ですかね(笑)。

by 青山実花 (2018-02-09 23:14) 

青山実花

donさん
コメントありがとうございます。

子供には、
この殺人の動機は
ちょっと難しいかもしれませんね。
忘れているのも、仕方ないかと思われます^^;


by 青山実花 (2018-02-09 23:14) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

だって裏・市長さん、
子供のころ、
学校の先生から言われませんでした?
予習だけはきちんとしろ、と。

なので私は、
この年になっても、
先生からの言いつけを守っているのですよ。

次に公開される予定のオリジナル版を観たり、
続編が公開される前に、
正編を観たりと、
毎日の予習は欠かさないんですの。


子供の頃から私は、
勉強以外の事には、
異様に熱心に取り組む、
誰からも尊敬される立派な人間でしたが、
最近はさらにその性格に磨きがかかったきたようですわ。


あら、裏・市長さん、先物買いは大事ですよ。
火葬通貨コインチェックはもう買われたんですか?
早く早く、全財産をつぎ込んで、
今のうちに買っておかないと、
時代に乗り遅れてしまいますわよ。
失敗しても、わたくしの責任ではありませんけれど。
おほほ。

by 青山実花 (2018-02-09 23:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。