So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」 [映画]

5%nokiseki.jpg
〔2017年/ドイツ〕


スリランカ人の父と、
ドイツ人の母を持つサリー(コスティア・ウルマン)の夢は、
一流のホテルマンになる事。


成績優秀な彼は、前途有望だったが、
ある日、自分の視界が曇っている事に気付く。
医師の診察を受けると、
先天性の目の病気と診断され、
手術を受けるも、
視力の95%を失ってしまう。


しかし、夢を諦められないサリーは、
視力の事を隠して、
ミュンヘンの5つ星ホテルの
試験を受け、合格。
研修を受ける事になる。


同期の友人・マックスや、
親切なホテルの従業員たちに助けられながら、
各部署の研修をこなしてゆくサリー。


さらに、配送に訪れたシングルマザーのラウラと
恋に落ち・・・。





悪い話ではない。
一般の人の視力が100%とするなら、
たった5%の視力しかない若者・サリーが、
夢に向かって奮闘するという。


ただ、いくら何でも無理があるでしょ、って。
映画では、
サリーの目が、
どんな風に見えているかを、
時々、映し出すのだけれど、


彼の目に見えるものは、
もう殆ど、光だけで、
あとは、前を歩く人の輪郭さえ危うい感じ。
そのような状態で、
特にきめ細やかなサービスを要求される、
ホテルの仕事ができるとは、
到底思えなくて。


サリーは新人研修で、
ベッドメイキングから、
テーブルセットから、
厨房から、
バーテンダーから、
ホテルにおけるあらゆる仕事を勉強する。


そんな中、彼がピンチになった時は、
必ず、
事情を知っている友人のマックスが
助けてくれるのだけれど、
研修が終われば、
マックスとは別の部署に配属されるだろうし、
その時、どうするの?ってのも疑問だし。


で、仕事もそうなんだけど、
恋におちたラウラの、
5歳の息子を安易に預かってしまう場面は、
もっと駄目だと思う。


なにせ、子供を預かるというのは、
命を預かるという事。
5%しか視力のない人が、
してはいけない事だと思うのだけれど。


ラストも、
ちょっと、何というか、
「恩を仇で返す」みたいな感じなっちゃって、
なんだかなー、って。
おそらく、多くの観客は、
サリーがホテルの、
どの部署に配属されるか、
期待して観ていたんじゃないかしら。
たとえ5%しか見えていなくても、
それならそれで、
彼に相応しい場所を、
きっとホテルは用意してくれる、って。


サリー役のコスティア・ウルマンが
とってもチャーミングなだけに残念。
もう少し、設定を変えるか、
もしくは、
「5%」を、せめて「30%」くらいにして、
極度の近視程度だったら、
まだ納得がいったんだけどなぁ。


評価 ★★☆☆☆

nice!(66)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

nice! 66

コメント 12

hatumi30331

何だか良い映画!?って思ってたけど・・・
なるほどね。
違和感あったのね。

WOWOWでやったらチェックします!^^
by hatumi30331 (2018-01-31 12:43) 

きよたん

ポスター見ると面白そうだけど。。
確かに現実感のない作品はピンときませんよね
納得できないっていうか
by きよたん (2018-01-31 21:52) 

よーちゃん

うーむ。確かに5パーセントの視力で
子供を預かるのは無茶っぽいね(^_^;)
by よーちゃん (2018-02-01 08:24) 

mitu

現実に、時々視界がぼやけるお年頃なので^^他人ごとではない
子供を預けた人は、彼の状況を知っているのかな?
しっかりした子供だったら、逆に助けになってくれるでしょうけど
やっぱり、設定に無理がありそうですね(^^ゞ
by mitu (2018-02-01 10:52) 

Ginger

予告で観て、いいなー、と思う反面、こんなの可能なのか、とも思っていました。やはり、あまりにもリアリティーからかけ離れると伝わり辛くなるのかもですね。。。
by Ginger (2018-02-01 14:45) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます。

すみません、勝手な事を書いて^^;
あくまでも私が感じた事ですので、
hatumi30331さんも
いつか確認してみてくださいね。

by 青山実花 (2018-02-03 21:51) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます。

映画を観ていただくと分かるのですが、
主人公は、
本当に見えていないんですよ。
あれはちょっとないかなーって。

by 青山実花 (2018-02-03 21:52) 

青山実花

よーちゃんさん
コメントありがとうございます。

子供を預かるのは責任重大ですものね。
事故があってから、
「ごめんね」では済まされないと思うので。

by 青山実花 (2018-02-03 21:52) 

青山実花

mituさん
コメントありがとうございます。

子供を預けた女性は、
主人公が目が悪い事は、
夢にも知らないんですよ。
で、案の定、
子供を迷子にさせてしまって、
パニックになるという。
怖ろしい場面でした。

by 青山実花 (2018-02-03 21:53) 

青山実花

Gingerさん
コメントありがとうございます。

私も全く同じです。
予告で、面白そうと思う気持ちと、
設定に無理があるかも、と思う気持ちとで、
迷っていました。
もう少しリアルに作ってほしかったです^^;

by 青山実花 (2018-02-03 21:53) 

裏・市長

あ、青山実花さんもこの映画、
ご覧になられたんですね!。

偶然、ボクも観たんですよ。
でも、奈良県では上映されていなくって、
はるばる東京まで行こ…うかなと、
思ったんですけど、
入場料より交通費のほうが高くなるじゃん?と、
新幹線の入場手形を購入してから気が付き、
みどりのおばさんに、払い戻してもらいました。

でも、どうしても観たくって。
だって、障がいを持つ人が努力して、
立派なホテルマンになるまでの
立身出世物語でしょう?。
花登筺作品に通じるものがあるじゃないですか。

…なんで、こんな評価低いんですか?。
これって営業妨害に近くなくなくない?。
現在、上映中の映画ですよ?。

小ヒット上映中で、日本でも数えるほどの
選ばれし映画館でしか上映されてない、
貴重な映画ですよ?。

これは不当な評価だと思います。

わがままなボンクラのために、
父親のレストランを練習場に解放してやったり、
ガラス磨きのコツを伝授したり、
さりげないフォローの数々…。

無償の友情を貫くマックスの姿に
心、うたれました。

そのマックスに免じて、
次回、パート2では、
せめて評価ホシ3つはあげてほしいと
切に願います。

あぁ…マックスがよかった。本当によかった…。
by 裏・市長 (2018-02-04 02:02) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます。

わたくしも、この映画、
2点にしようか、2.6点にしようか、
PCの前で
ずいぶん逡巡いたしましたのよ。

裏・市長さんとわたくしの共通の恩師である、
花登筺先生作品の、
初の外国での映画化。

本来なら、主人公は、
大村崑さんでお願いしたい所だったのですが、
大村さんも現在86歳のご高齢、
とてもドイツの雪山での
厳しい撮影に耐えられそうにもないと、
お断りされ、
その時点で、
映画の品格がすでに落ちてしまったのだと
考えられます。


マックスを演じた、
田原俊彦さんは、本当に良かったですわ。

遅刻はする、
ズルはする、
無類の女好き、などなど、

長所ばかりのトシちゃんですから、
厳しい研修を
サリーの分まで働き、
合格まで行きつけたのだと
思っております。

どうやら次回作、
「5パーセントの奇跡 瓢箪から駒」では、
野村義男さんが主演なさるそうですわね。

もうH崎Aゆみの
バックでギターを弾くのは飽きたのかしら。
フォトショの加工の手伝いをさせられて疲れたのかしら。

by 青山実花 (2018-02-10 12:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。