So-net無料ブログ作成

「ザ・ワイルド」 [映画]

thewild.jpg
〔1997年/アメリカ〕


大富豪のチャールズ(アンソニー・ホプキンス)は、
モデルの若い妻・ミッキーの撮影旅行に、
カメラマンのロバート(アレック・ボールドウィン)や
スタッフたちと一緒に
アラスカにやって来る。


ロバートの希望で、
奥地に住むインディアンの撮影のため、
ミッキーを残して、小型飛行機で出発した一行だが、
途中で飛行機が鳥の大群にぶつかり、
湖に墜落。
助かったのは、
チャールズ、ロバート、そして助手のスティーブの3人。


何とかして生きて帰らなければ。
歩き始めた彼らだが
途中で巨大なヒグマに遭遇。
スティーブが食われてしまう。


チャールズとロバートは何とか逃げたが、
人の味を覚えたヒグマは、
彼らに追いつき・・・。





これはアニマルパニック物扱いではなく、
ちゃんとした(?)サバイバル映画。


アンソニー・ホプキンス演じる主人公・チャールズの
博識が凄い、という設定。
何せ彼は、
針一本で方角を知る方法、
氷から火を起こす方法、
○○族の風習などなど、
とにかく知らない事がない。


そして冷静沈着。
彼がパニックになる事は殆どなく、
次々訪れる危機を乗り越える。


あと、セリフにはないけれど、
彼は自分の「運」を信じているように、
私には見受けられた。
人が大富豪になるには、
もちろん努力が第一だろうけど、
運もとても大切な要素だと思うし、
彼は「自分はこんな所では死ぬはずがない」という
自信のような、
確信のようなものがあるような気がして。


ヒグマのシーンは凄い。
この映画で使われてる熊は、
「小熊物語」や「レジェンド・オブ・フォール」などにも出てくる、
アメリカでは有名なタレント熊なのだそうだ。
どうりで演技がうまいはずだ(笑)。


そんなサバイバルなお話に、
ミッキーとロバートが、
実は恋愛関係なのではないか、という
疑惑が絡んでくる。


まぁ、チャールズにとって、
ミッキーはどう見ても、トロフィーワイフで、
年齢的にも合わないし、
彼女が金目当てなのは明らか。


いっときでも、
若い嫁と過ごせたんだから良かったじゃん、というのは
言っちゃだめ?(笑)


評価 ★★★☆☆

nice!(55)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 55

コメント 6

美美

これ見ましたよ。
でてきたヒグマの迫力が凄かったですね^^
by 美美 (2016-10-31 21:42) 

tommy88

言っちゃダメです。これほどフリンが流行して、でも、思いっきり年下とデキてる連中は崇拝の対象ですし。男性諸氏からの反発はあるでしょう。わたしは別に反発はせず、若い=浅い、という構図があって、ずっとお姉様としか付き合ったことがありませんでした。年下と付き合ったのは今の妻がわたしより8つ年下だった時が初めてかしら。今は7つ年下ですが。◆アレック・ボールドウィンはモテる役が似合う顔立ちの良さですが、悪い人の役が上手いと思います。そしてこの熊も、上手に怖い顔をしていました。また、今までに、アンソニー・ホプキンスの取り乱した役は見たことがないので、探そうと思いました。彼は出てくるだけで落ち着いてしまっておりますから。

by tommy88 (2016-11-01 07:29) 

裏・市長

おはようございます!。

「ザ・ワイルド」!いいねぇ~。
アクション映画かな?。
ジャケットを見るからに野郎2人の
激しいアクションを期待させるねぇ~。
「ダイハード」X2って感じですかねぇ?。


・・・やっぱ「クマ」かよ!!!。


「人の味を覚えた」・・・。

あんまり大きな声で言えないんですけど、
ボク密かに思っている事。
牛よりも豚よりも、イノブタよりも
実のところ一番おいしいのは・・・、
人間じゃないかと・・・。

雑穀やらのエサで育てられたモンがあれほどうまいんだ。
うまいモンばっかり食ってる人間がまずいハズがない!。

一部の富裕層の裏・社会では、
人肉シェフとかいるんじゃないかと疑ってるワケですよ。

共食いは…とか言ってるけど、
あれは人間が人間を食べたがらないように
仕向けるための闇の力ですよ。

現に今、すでに牛や豚のエサに廃棄食料が
使用され「共食い」が行われている現実・・・。

人間・・・うまいで・・・。

本日はホラー風味増量でお送りしました・・・。
by 裏・市長 (2016-11-01 10:34) 

青山実花

美美さん
コメントありがとうございます

おぉ!
観られてますか。
嬉しいです。

こういうのを見ると、
熊って獰猛なんだな、と痛感しますね。
by 青山実花 (2016-11-02 08:04) 

青山実花

tommy88さん
コメントありがとうございます

もしも、初老の女性が20代の男の子と一緒になっても、
世間は崇拝してくれないでしょうねぇ^^;
相手の男の子にしたって、
金目当て感が、女の子よりハンパないし。
いくら男女平等になったとはいえ、
そういう印象というのは永遠に変わらない気がします(笑)。

私もアンソニー・ホプキンスの取り乱した姿は
記憶にないです。
取り乱す前に食われそう(笑)。
私も探してみます。

by 青山実花 (2016-11-02 08:11) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

きゃ~~~!!!
や~め~て~!!!!!
人が人を食う映画を薦めるなんて~!!!!!

クマシリーズが終わったら、
今度はそちらに行きたくなってしまうではないですか~。
「八仙飯店之人肉饅頭」とかさ(笑)。
私の映画人生からは、一般映画が消え、
このブログはホラー専用チャンネルになってしまいます~。


人肉が美味いかどうか、
食べた事はないから分かりませんが、
たしか佐川一政氏が、
女性の胸は脂肪ばかりであまり美味くないと
言っていた記憶があります。
他の部位は知りません(笑)。


> 一部の富裕層の裏・社会では、
> 人肉シェフとかいるんじゃないかと疑ってるワケですよ。

スナッフフィルムが存在するとの
噂があるくらいですから、
こういう催しがあっても不思議ではないかも・・・
っていうか、この映画自体、食人のプロである、
「ひつちん」のレクター博士が主演じゃないですか!
博士は、映画「レッド・ドラゴン」の中で、
お客様に人肉料理を振る舞っていましたね。
まぁ、この時は、お客様は何も知らず、
あとでパニックになっていましたが。

狂牛病などの原因は共食いにあると、私は以前から考えています。

by 青山実花 (2016-11-02 08:53) 

トラックバック 0