So-net無料ブログ作成

「ブラックフット」 [映画]

backfoot.jpg
〔2014年/カナダ〕


アレックスと恋人・ジェンは、
休暇をカナダの自然公園で過ごす計画で
出掛ける。


最初の夜、
アレックスが薪を集めて戻ってくると、
ジェンが、
一人で山歩きをする見知らぬ男・ブラッドを
夕食に誘ったと言う。
怪しげなブラッドを不審に思うアレックスだが、
彼は夕食をとると去っていく。


翌朝から、
本格的な山歩きが始まり、
森林を進んでゆく2人。
アレックスが、
正規の道を外れ、
樹海の中を歩き始めたが、
ジェンは山に詳しいという彼を信じ、
付いてゆく。


ところが、樹海の奥にあるはずの湖がない。
実はアレックスがここに来たのは、
ハイスクール以来で、
記憶はあやふやだったのだ。


ジェンは怒るが、
どうする事もできない。
そこで一夜を明かした2人だったが、
なんと、テントに大熊が近付いて・・・。





最近、マタギの映画ばかり観ていたら、
コメント欄で、
「クマに出会え」とのご進言をいただき、
しかし、邦画の熊映画で思い付くものは
もう観てしまったので、
今度は海外に行ってみる事にした(笑)。


このジャケットは期待できる。
きっと最初から熊が大暴れするに違いない、と、
DVDのスイッチを入れる手も震えたが(嘘(笑))、
本格的に熊が出てきたのは、
1時間半の映画で、1時間を過ぎてから。


いや、しかし、
熊なんか関係なく、
私はこの映画が大好きだ。


なぜかって、
この映画、男女の心理がめっちゃ上手く描かれているではないか。


まずは、
最初の夕食に、
成り行きから、見知らぬ男を誘ってしまう女。
それを知って不機嫌になる男。


これは男が怒って当たり前だ。
(おそらく)初めての旅行の、初めての夜だと言うのに、
なぜそんなことをする。
物凄く言葉は汚いけど、
「この馬鹿女!」と、
心で罵ってしまったよ。


それから、
知ったような顔をして、
樹海をずんずん進んで行き、
挙句に迷ってしまう男。


ここで女はパニックになり、
男を責めるけど、
これも分かる。
彼女の一言一言が至極もっともだし、
これは命に係わる事ではないか。


これは実話だそうで、
本来、熊に襲われる事がメインのアニマルパニック物ではなく、
樹海で迷った人が、
どうやって助かったを描いた映画なのに、
おそらく、日本の映画会社が勝手に、
熊を大げさにクローズアップしたのだろう。
ジャケット写真のような場面はないし。


もちろん、熊に襲われる場面は怖いし、
人間が喰われる場面も、あるにはあるけど。


評価 ★★★☆☆

nice!(54)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 54

コメント 8

きよたん

カナダの山の中にグリズリーレイクという湖が
ありそのあたりにニジマス釣りに行ったことがあります
大きな熊 出なかったけどいま思い出すと確かに出そうでした
by きよたん (2016-10-30 19:43) 

hatumi30331

なるほど、そういうことでこの映画に〜(笑)
お疲れさまでした。
by hatumi30331 (2016-10-30 19:55) 

えーちゃん

(▼∀▼)はっ (▼ω▼)ぴ~(▲∀▲)はろ (▲ω▲)うぃん

青梅市に行けば熊に遭遇出来るかも(^^;
てゆーか、今度はイノシシに襲われた人が出たらしいニャ。
青梅市には行かない方がいいニャ?
by えーちゃん (2016-10-31 02:38) 

裏・市長

"Trick or Treat"~♪。

ついにクマを求めて、海外にまで飛び出したか!。
ここまで来ると尊敬の念を抱くほどだ。

このジャケットイメージの場面が「ない」というのは、
ちょっと「アカン」のじゃないか?。

目当てのクマが出るまで、1時間待たなきゃならないのも、、
クマ映画としては、どうなんだ?!。
エロビデオで延々とインタビューを
見せられるようなモンではないのだろうか?。
(例えがちょっと・・・)。

もう「クマ」が出ていればなんでもいいかい?。
出演者クレジットに、
熊田曜子
熊谷真実
熊谷美由紀
レオナルド熊
マイク真木・・・なんてのがあったら失神しちゃうな!。


「デンデラ」は観たけ?とお聞きしようかと思ったら、
すでにインデックスに入っていた・・・。
オススメようとする映画があっても、
インデックスを見れば、95%ぐらいまで、
すでに観ていらっしゃるのだ・・・。

邦画、洋画に関しては絶対に勝てないというのは、
わかっちゃいるけど、いるけどさ・・・。

ちょっと山にこもって修行してくるわ。
途中、野性のクマに出会えるのが理想だ。
by 裏・市長 (2016-10-31 09:15) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます

おぉ!
グリズリーレイクとはそのままですね。
出そうでしたか!
出なくて良かったですね^^

カナダで釣り、いいですねー。
私もしてみたい!

by 青山実花 (2016-11-01 09:46) 

青山実花

hatumi30331さん
コメントありがとうございます

毎日毎日、クマに食われる映画ばかり観ています。
そのうち夢に出てくると思います。
目が覚めたらヘトヘトになっていると思われます(笑)。

by 青山実花 (2016-11-01 09:49) 

青山実花

えーちゃんさん
コメントありがとうございます

青梅市ですか。
野生の動物は見てみたいですが、
襲われるのが怖いですね。
でも青梅市には行った事がないので、
行ってみたいです。
by 青山実花 (2016-11-01 09:51) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

映画と、エロビデオ、
どちらも佳境に入るまでに1時間かかるとするなら、
エロビデオの方がマシです。
だって、エロビデオは早送りするもん(笑)。
映画を早送りしたのでは、
胸を張って「観た!」とは言えないので^^;

では、タレントの熊切あさ美さん主演で映画を作りたいと
思います。
マイク真木さんは父親役。
撮影場所は熊本県で。
監督は熊井啓さんにお願いしたいところですが、
亡くなっているのが残念です。

熊川哲也さんのバレエドキュメンタリー映画という
手もありますね^^

それから、以下は真面目な話ですが、
「少ド」の「未来からの挑戦」で飛鳥清明を演じた、
熊谷俊哉さん、昨年亡くなっていたんですね。
かなりショックを受けました。
学ランが似合うカッコいい男の子だったのに・・・。
53歳って若すぎです。

95%は盛り過ぎです。
20%くらいだと思います。
裏・市長さんの方が、ずっと凄いと思います。

山にこもられるのなら、同行いたします。
クマが冬眠するまえに、
早くマタギの修行をしなければなりません。

by 青山実花 (2016-11-01 10:37) 

トラックバック 0