So-net無料ブログ作成

「イタズ 熊」 [映画]

itazu.jpg
〔1987年/日本〕


マタギの岩田銀蔵(田村高廣)は、
ある日、「片耳」と呼ばれる人食い熊を射止める。


その夜、「片耳」の毛皮を吊るした土間に小熊が入り込み、
その場を離れない。
「片耳」は母熊だったのだ。


銀蔵の孫・一平は、
母(桜田淳子)と離れて暮らす淋しさからか、
「ゴンタ」と名付けた小熊を殊の外可愛がる。
ゴンタも一平に懐き、成長するが、
次第に近所の鶏小屋や農作物を荒らすようになる。


ゴンタは自然に帰すしかない。
そう決めた銀蔵は、
一平と共にゴンタを山に運び、放つ。


一年後、大熊が現れ、人間を襲った。
それはゴンタだった。
銀蔵は山に入り、
ゴンタと対峙するが・・・。





昨日に引き続き、
またマタギ映画。
どこまで凝るんだ、自分(笑)。


本作も、
昨日の「オーロラの下で」も、
以前観た「マタギ」も、
監督は全て後藤俊夫さんという方だ。
この後藤さん、
何かマタギに思い入れがあるのだろうか。


本来、野生であるはずの熊を、
小熊の頃から飼ってしまうと、
その後どうなるのか、という問題を描いている点が、
他の2作、そして「リメインズ」とはちょっと違うけど。


その小熊がとにかく可愛い。
ふわふわで、ころころしていて、
パンダを見ている時の気持ちと似ている。
しかし、熊は熊。
成長すれば危険になる事は
目に見えている。


ここまで観た時、
私は、グレゴリー・ペックの1947年の映画、
「仔鹿物語」を思い出した。


どちらも少年の成長を描いた物語である事に
変わりはないけれど、
アメリカの開拓者家族の、
少年に対する教育に、
日本人には無い感覚があり、
一緒にビデオを観た女友達と
話し合った記憶がある。


どちらがいい、
という事はなく、
どちらもいい。
国や状況が変われば、
教育も変わる。
ちなみに、アメリカ人的教育を、
友人は、「なし」、
私は、「あり」だと言った。
この「イタズ」と観比べてみるのも、面白いかもしれない。


昨日の「オーロラの下で」も本作も、
桜田淳子が出ている。
どちらも秋田に住む女の役で、
秋田出身だからと選ばれたのか、
単に監督に気に入られていたのか。


変な騒動がなければ、
きっといい女優になっていただろうに、
勿体ない気もするけど、
今の彼女が、今の生活を楽しんでいるのなら、
他人がとやかく言う事ではないし。


評価 ★★★☆☆

nice!(63)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 63

コメント 12

BERA

マタギシリーズ、どこまで続くのでしょうか。(笑)
それにしても、意外にマタギの映画って多いんですね。
by BERA (2016-10-26 12:20) 

mitu

桜だ淳子さん、コンバインのCMとかね
秋田出身だからなのかな
純白なイメージでしたが、まさかの合同結婚式でしたね
ほんとに、いい女優さんになられたでしょうに(-.-)シミジミ
by mitu (2016-10-26 15:04) 

NO14Ruggerman

マタギに凝られてますね。(微)
映画ではないのですが「邂逅の森」というマタギ小説をお勧めします。
映画化されたら主役はトヨエツかなぁと勝手に思いを巡らせております。
読書量に乏しい私ですがマイランキングでは五指に入る作品ですね。
by NO14Ruggerman (2016-10-26 15:31) 

裏・市長

そうまでしてマタギたいのか・・・!。

わかった。
まず、永遠の宿敵であるクマに出会おうぜ!。
話はそれからだ。
ライバルの存在なくして、
マタギになろうなんて、14年3カ月早い!。

桜田淳子さんは惜しいのさ。
あの人、あの当時ではコメディもできる、
女優、歌手だったのに、××××て・・・。
(よそ様のコメント欄ですので、気を遣って、
伏せ字にしております。この素晴らしい配慮)。

思うんだけど、
すげぇ結婚したくて×××とか××に
××するんだったら、××に××したら
いいんじゃないのか?。

ただ、難点は相手が必ず××××とは限らない、
そして気軽に××できないコト。

××だからって、××したら××だよな!。
なので×××な人は××ればいいんじゃない?。
(まったくわかんねぇ!)。


アナタ様が物ごころついた頃には、
田村高廣という俳優はすでに、おじいちゃん役者
だったと思われるが、
田村高廣さんは本当にカッチョイイ!。

世間的な評価はやはり、田村正和さんで、
ボクが初めてファンレターを出したのが、
田村英里子さんで、
はじめて返事をいただいたのも田村英里子さんだったが、
(どうでもいいハナシ)
バンツマの血を確実に受け継いでいるのが、
この長男坊の田村高廣さんだと思うのだ。

もう、皆さんほったらかしで暴走して
書かせていただくと、必殺シリーズ第3弾、
「助け人走る」で演じる浪人・中山文十郎。

これが「男の色気」をゾクゾク感じるほどのいい男!。
必殺シリーズの中でもベスト3のうちの一本に
挙げたい作品、それが「助け人走る」。

あ、イタズの話しなくちゃ・・・。
by 裏・市長 (2016-10-27 09:03) 

よーちゃん

ほんま、どこまで凝るのんーっ(;^_^A
by よーちゃん (2016-10-27 09:04) 

青山実花

BERAさん
コメントありがとうございます

マタギの映画、
もっと見たいのですが、
さすがにこれで終わりです(笑)。
全部で4本でしたね。
by 青山実花 (2016-10-27 16:25) 

青山実花

mituさん
コメントありがとうございます

桜田淳子さんは、
演技が下手というわけでもないですし、
残念ですね。
まぁ、女優をすることだけが、
幸せへの道ではないのですが。


by 青山実花 (2016-10-27 16:28) 

青山実花

NO14Ruggermanさん
コメントありがとうございます

「邂逅の森」はタイトルだけ知っています。
何か賞を取っていますね。
必ず読んでみたいと思います。

それにしてもトヨエツ!
マタギの雰囲気にピッタリですね。
映画化されないかな^^
by 青山実花 (2016-10-27 16:30) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

はい、
もう4回もマタいでしまいました。
マタギへの転職も時間の問題かと思われます(笑)

そうですね、
近いうちに、熊に出会いたいのですが、
どこへ行けばいいのでしょう。
斑鳩に熊はいるのでしょうか。
「日出処の天子」にも、
野生の鹿は出てきますが、熊は出てきませんでした^^


素晴らしいご配慮、
ありがとうございます・・・
・・・って、
「×」ばかりで、分かんねーよ!(笑)

どうやら、あの組織は、
有名人は優遇されても、
一般人は、アフリカの奥地に行かされる可能性もあるとか。
普通は考えられない事ですが、
洗脳されているような、あの目を見ると、
ご本人も納得のご様子。
それはそれで、どうする事もできませんね。


私も田村高廣派です。
大好きです。
昨日も、「背徳のメス」を観ました。
一番好きなのは「泥の河」ですが、
若尾文子さんとの「清作の妻」も捨てがたいです。
他にも色々ありすぎて、
書ききれません。
いつかどこかで語り合いましょう。

中山文十郎さんは、
すみませんが、存じ上げません。
今ちょっと時間がないので、
今度調べてみます。

裏・市長さんが
田村英里子さんをお好みだったとは!
コメントは・・・控えます^^

by 青山実花 (2016-10-27 16:52) 

青山実花

よーちゃんさん
コメントありがとうございます

しつこい性格で済みません^^;
凝り出すと、全制覇しないといられないもので・・・(笑)
by 青山実花 (2016-10-27 16:55) 

えーちゃん

桜田淳子~
大昔チョッとだけファンでした(^^;
by えーちゃん (2016-10-28 02:15) 

青山実花

えーちゃんさん
コメントありがとうございます

おー、淳子さんのファンでしたか^^
百恵さんよりお好きだったのでしょうか。
気になります~。
by 青山実花 (2016-11-19 20:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0