So-net無料ブログ作成

「ある天文学者の恋文」 [映画]

arutenmongakushanokoibumi.jpg
〔2016年/イタリア〕


天文学者で大学教授のエド・フィーラム(ジェレミー・アイアンズ)と、
彼の教え子・エイミー(オルガ・キュリレンコ)は、
深く愛し合っているが、
それは、2人だけの秘密。


ところが、ある日、エイミーは、
エドが数日前に亡くなっている事を知り、
大変なショックを受ける。


しかし、その後も、
亡くなったはずのエドから、
メールや手紙や贈り物が届き、
エイミーは混乱する。


その謎を解き明かすため、
彼女は、
エドの実家があるエジンバラや、
2人が過ごした事のあるイタリア・サンジュリオ島を
訪れるが・・・。





試写会で観た。


いやはや、ビックリだ。
この主人公のケータイには、
マナーモードという機能は付いていないんだろうか(笑)。


最初から最後まで、
ケータイ鳴りっぱなしの映画。
エイミーがどこにいても、
何をしていても、
「電信柱の陰から見てるのか!?」と言いたくなるくらいの
絶妙なタイミングで、
エドから自撮りの動画メールが入り、
その度に、
中座したり、
周囲の人から顰蹙を買いながら、
ケータイを操作する彼女。


一体、何度ケータイが鳴っただろう。
もう二度と観る事はないけど、
何かの間違いで観てしまった時は、
絶対数えようと思う(笑)。


あまりの内容に、
しまいには笑いがこみ上げてきて困ったわ。
(笑う映画じゃないし(笑))


いい年したエドが、
自撮りの動画を送り続けるってのも、どうなのよ。
若く美しい恋人を持った自分に酔ってるのか?(笑)


これは真面目な話だけど、
人は自分の死後まで、
恋人にメッセージを送り続けたいって思うものなのだろうか。


まぁ、人それぞれだから、
何とも言えないけど、
そんな事をしては、
恋人はいつまでも
自分の呪縛から逃れられない気がする。


そりゃあ、自分の事を忘れられてしまうのは
悲しいけど、
でも、恋人だって忘れはしないでしょ。
彼の事は永遠に心に残しながら、
また新しい一歩を踏み出す。
それでいいじゃない。


オルガ・キュリレンコがとっても綺麗。
さすがボンドガールだけの事はある。


彼女が、エドの死を知った場面は
ショックだったなぁ。
あれほど愛し合った、
世界で一番大切な人の死を知らなかったって、
どれほど辛い事か。
建物を出て、
路上で横たわってしまった彼女の気持ちは
よく分かる。


彼女は、学生をする傍ら、
映画のスタントマンの仕事をしているのだけれど、
縊死の場面の撮影にビックリ。


だって、本当に首を吊るのよ。
苦しくなって、もがいて、
下におろされた彼女に監督が、
「もう少し我慢しろ」と。
我慢て。
本当に死んだら誰が責任取るんだよ。


私は、そういった場面は、
映像を上手くつなぎ合わせて作るのだと
思ってきたけど、
これが本当だとしたら、
今後、映画で縊死する場面が出てきた時、
息苦しくて深呼吸しながらでないと
観られなくなると思う。


評価 ★★☆☆☆

nice!(58)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 58

コメント 6

きよたん

試写会にお誘いくださりありがとうございました。
亡くなった恋人からの着信や電話やDVDひっきりなしで
少しうっとしいくらいでしたね
主人公が悲しみから少しでも早く旅立てるといいのですが
その兆しがもう少し感じられたらと思いました。
by きよたん (2016-09-14 17:38) 

sakamono

ご訪問、ありがとうございました。
先日のオフ会、おつかれさまでした。
ずい分とたくさん映画を観てらっしゃいますね。
私も若い頃の一時期、マイナーな映画ばかりを観ていました。
初めて泣いた映画は「ニュー・シネマ・パラダイス」でしたが、
これは今イチでしたか^^;。
またの機会にも、よろしくお願い致します。
by sakamono (2016-09-14 23:48) 

裏・市長

おはようございます!。

首吊りを「スタント」扱いしてしもて
エエんやろか・・・?。
ワイヤーもなしに一発勝負をするなら、
それはもう仕事ではなくて、
ギャンブラー・・・。

でも、それも「実話」かも知れない・・・。

死してなお、度々、女のケータイ鳴らすほど、
マメな男なのに、
死んでも数日気付いてもらえない…。
気付いてやれよ、女!。

自分が死んでからも相手にメッセージや、
贈り物を送りつけたりはしたくないのぅ。
でも、逆はまったくオッケー。

実際、暮らしに追われる日々なので、
自分が死んだ後の事まで考えて、
自画撮りしてるほどの余裕はない。
で、タイマーセットして、死ぬ直前に
別れたりしてたら、どーすんのよ?。
タイマー解除しないと死ぬに死ねんわ!。

>>もう二度と観る事はない
正直やな!。
でも、人生は有限やからね。
まだ見ぬ作品に時間を割きたい。
その気持ちはわかる。

人間、正直がいちばんやな。
by 裏・市長 (2016-09-15 09:38) 

青山実花

きよたんさん
コメントありがとうございます

しょーもない映画にお誘いしてしまって、
申し訳なかったです。
これに懲りずにまた行きましょうね。

たしかにエイミーが
立ち直ってゆく様子を
丁寧に描いていたら、
もう少し入り込めたかもしれませんね。
思い出すのはジェレミー・アイアンズの
自撮りの顔ばかり(笑)。

by 青山実花 (2016-09-16 14:43) 

青山実花

sakamonoさん
コメントありがとうございます

こちらこそ、ありがとうございました。

映画は大好きで毎日のように観ています。
私もマイナーな映画、好きです^^;
特に邦画の。

そうなんです、
「ニュー・シネマ・パラダイス」の監督とは
思えないような映画で。
次回作に期待ですね^^
by 青山実花 (2016-09-16 14:46) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

全く同感ですね。
首を吊ると、
首の骨が折れる、と
聞いた事があるのですが、
万が一、そんな事になったら、
映画撮影時の事故では済みませんよね。

>気付いてやれよ、女!。

だって、男は死んだ後も、
少しの間、
生きている体で、メッセージを寄越してくるんですもの。
なんだか面倒くさい男なんですよ^^;

>死ぬ直前に別れたりしてたら

そうしたら、きっと男女関係なく、
「なんだよ、こいつ、死んだ後までストーカーかよ、
 ウゼー、キモイんだよ」
と思われるでしょうねぇ。

私も死後までストーカー扱いされないように、
この映画みたいなことをするのは、やめよっと。
(する気だったのかよ!(笑))

>まだ見ぬ作品に時間を割きたい。

これも同感です。
めざせ生涯1万本ですものね。
のんきにしてたら、
目標達成できないわ(笑)。
by 青山実花 (2016-09-16 15:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0