So-net無料ブログ作成

「赤いアモーレ」 [映画]

akaiamore.jpg
〔2004年/イタリア〕


ある少女がバイク事故を起こし、
病院に担ぎ込まれる。
少女の父はその病院に勤務する外科医・セルジオ・カステリット。
カステリットは、
重体の娘にショックを受けながら、
昔の事を思い出していた・・・。


15年前、カステリットは、
ある村で、車の故障で立ち往生し、
その近所に住む貧しい女・ペネロペ・クルスに助けられる。
激情に駆られた彼はクルスと関係し、
その後も、逢瀬を重ねるようになる。


カステリットには、
ジャーナリストの美しい妻・クラウディア・ジェリーニがいたが、
どうしてもクルスと離れられない。
そんなある日、クルスが妊娠。
ジェリーニとの離婚を決意したカステリットは、
家に帰り、いつそれを切り出そうか、
ジェリーニの様子を伺っていた。


すると、
なんという事か、
ジェリーニから妊娠を告げられる。
嬉しそうなジェリーニに、
クルスの事を言い出せなくなってしまったカステリットは・・・。





不倫だ、不倫なんだけど、切ない。
実生活で不倫と聞けば、
「良くない」と思うだろうが、
これは映画だ。
映画の中の不倫は、
物語を盛り上げるための、
大切な要素の一つだ。


何が切ないって、
愛人・ペネロペ・クルスと
妻・クラウディア・ジェリーニに、
あまりにも差がありすぎて、
悲し過ぎて。


いくら人間に上下は無いとは言っても、
美しく、仕事のできるジェリーニに対して、
掘建て小屋のような家に住み、
貧しい生活をしているクルスとでは、
その差は歴然としている。


セルジオ・カステリットだって、
クルスを愛しているとは言っても、
ジェリーニより先にクルスと出会っていたら、
結婚する気になるだろうか。
医者の妻として問題外だと、
見向きもしなかったのではないのか。


クルス自身も、
そんな自分を分かっているかのように、
いつも地味で、質素で、
「一ヶ月に一度でも、一年に一度でもいい、会いにきて。
私を捨てないで」って・・・。
はぁ。。。溜息。
その女心、悲しいわ。


こう書いてはなんだけれど、
この映画のクルスは、
とっても不細工だ。
数々の俳優と浮名を流してきた、
美人女優・ペネロペ・クルスとは思えないような、
美しくない役だ。


でもそこがリアルで、
素晴らしい。
やっぱり彼女って、
思っていた以上に凄い女優なんだろうと思う。


評価 ★★★☆☆

nice!(48)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 48

コメント 6

ぼんぼちぼちぼち

不倫はドラマになりやすね。
あと昭和歌謡!
by ぼんぼちぼちぼち (2016-01-11 14:09) 

su-nya

ペネロペ・クルス、たしかアルモドバル監督の映画でも
(ストーリーが全部ごっちゃになってしまうのです)
あまり美しさ全開、ではない役でしたが
それもうまいんですよね。
不倫・・・タイムリーですね。
いまだに世間はけっこう厳しいということを
知りました。
by su-nya (2016-01-12 05:35) 

裏・市長

携帯電話やインターネットが発達した現代、
物語を作るにはもう「不倫」しか残されていない!。

連絡ができなくて、すれ違う、
駅の伝言板に書いたメッセージを見落として・・・、
ありえへん!。
もうドラマ作りに残された道は、
「不倫」と「殺人」、
それを崖の上に追い詰める片平なぎさと、
船越英一郎。

・・・なんだ、毎週土曜日にやってるじゃん。

by 裏・市長 (2016-01-14 00:07) 

青山実花

ぼんぼちぼちぼちさん
コメントありがとうございます

「昭和歌謡」といえば、
ラピュタ阿佐ヶ谷でエンドレスで流れている
古い歌謡曲って、
家に帰ってからも、ずっと耳から離れません^^;
あの選曲のセンスって凄いですよね。
今度カラオケで歌おう、なんて思ったりする曲もありますが^^;

by 青山実花 (2016-01-16 18:04) 

青山実花

su-nyaさん
コメントありがとうございます

アルモドバル監督と不細工なペネロペといえば、
「ボルベール」でしょうか。
あの映画のペネロペは、
女より、母が前面に出ていて良かったですね。
私もとても感心しました。

世の中がとても自由になったと感じる今でも、
やっぱり不倫は許されないようですね。

by 青山実花 (2016-01-16 18:13) 

青山実花

裏・市長さん
コメントありがとうございます

分かります~。
車の渋滞、電車の遅延、エレベーターに閉じ込められた・・・などなど、
どんな理由でも、
今なら電話1本でOK。
擦れ違いのドラマは、
なかなか生まれませんね。

船越英一郎さんといえば、
またまた離婚の噂が出ていますね。
なんでも、奥様が怖すぎるとか^^;
いっその事、
片平さんでなく、奥様と2時間ドラマを撮るとよいかもしれませんね。
そしたら、普段ドラマを観ない私でも、
絶対に観ちゃうんだけどなぁ。

by 青山実花 (2016-01-16 18:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0