So-net無料ブログ作成

「アバウト・タイム 愛おしい時間について」 [映画]

abouttime.jpg
〔2013年/イギリス〕


イギリスの田舎町で、
両親・妹・伯父と暮らすドーナル・グリーソンは、
21歳の誕生日に、
父から驚愕の事実を知らされる。


その内容とは、一族の男たちは全員、
タイムトラベルの能力が備わっているというもので、
暗がりで両手を握りしめ、
行きたい時間を思い浮かべれば、
すぐにそこに行けると言う。
ただし、行けるのは過去のみで、
未来は無理だと。


以来、彼は、
タイムトラベルを繰り返しながら、
過去の小さなミスを修正するようになる。


弁護士になるべく、ロンドンで暮らすようになったグリーソンは、
ある場所で魅力的な女性・レイチェル・マクアダムスと出会う。
しかし、タイムトラベルで知人の危機を救ったせいで、
マクアダムスとは出会っていない事になってしまい、
思案に暮れる。


何とか彼女との再会を果たした彼は、
今度こそと、何度かミスを修正しながら、
やっと恋人同士になれたのだが・・・。





タイムトラベルの能力が備わった主人公、という、
一見、荒唐無稽な設定でありながら、
とても自然で、
涙が滲んでくる物語。


ドーナル・グリーソンの
真面目で誠実な感じが大変にいい。
彼は、自身の能力を、
決して金儲けに使ったりはしない。
とにかく、レイチェル・マクアダムス一筋。


それは、他の女からの誘惑される場面でも顕著で、
もうギリギリ、このまま進めば浮気確実って所でも、
相手を振り切って、マクアダムスの所へ帰る。
女にしたら、理想の相手だわ(笑)。


笑える場面も多く、
劇場内は、クスクスとした声が聞こえる。
私も何度か、声を出して笑っちゃった。
観た方なら分かるけれど、
グリーソンがマクアダムスの両親に会う場面なんか、最高。


これを観ていると、
過去をどんなに修正しても、
結局は、自分が得られるもの以上のものは得られないと分かるし、
それから、2つのものは得られないと分かる。


2つのものを得られないとするなら、
それを得る為には、努力するしかないわけで、
そこで、真面目なグリーソンのキャラが生きてくるというわけだ。


これって、一族の男性にだけ、
その能力が備わってるって設定だけど、
グリーソンの子供が女の子ばかりだとして、
で、孫が生まれる前にグリーソンが亡くなったとしたら、
どうなるの?
能力の事は知らされないままになってしまうのかなぁ。
娘に伝えてあればいいけど、
事故や突然死って事も有り得るし。
そうなったら、勿体ないな(笑)。


それから、もし私に過去に戻れる能力があったとしたら、
どのあたりに戻って、
どこを修正するかなぁと考えたけど、
私には戻りたいような過去はない、
というより、修正したい事だらけで、きりがない(笑)。
それに、本当に修正するなら、
私が生まれる前にまで遡らなければならない気がするし。
(確かユーミンもそんなような事を書いていたような)


私の隣に座っていた、
中学生らしき3人の女の子たちから、
「今まで観た映画の中で一番好き」という
声が聞こえてきた。


まだ若い、可愛い子たち、
そんな風に良い映画を観て、
いっぱい感動して、
その感動をずっと胸に留めておいてほしい、と、
思ってしまった出来事。


評価 ★★★★☆

nice!(37)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 37

コメント 6

Rchoose19

戻れる過去の時間が短い方が良いのかな♪
私は過去が長すぎて修正点が多いなぁ~(^^ゞ
やっぱり一番最初の選択肢に戻るかなぁ~。
でも今現在もたいして悪くはないけども…(^_^;)
by Rchoose19 (2014-10-29 00:55) 

desidesi

ポスターだけチラッと見て、
普通のラブストーリーかと思ってました。
中学生の女子が認めるなら、
面白そうですね。
by desidesi (2014-10-29 11:29) 

yonta*

私も「今まで観た映画の中でかなり好き」です(^^)
ドーナル・グリーソン演じる主人公とその家族が、なんとも素敵で。
(家の庭で上映会も、うらやましかった~)

あわや浮気?って場面。
走って帰る彼に「よしっ!いい子!」って拳を握ってました。
犬を褒めてるみたいですが^_^;
ほんと理想の相手ですよね。

キャラクターが全体的にかわいいというか・・口の悪い脚本家も
チャーミングでしたし、お父さんのビル・ナイもよかった。
妹役の女優さん、とても気になったのですが、あんまり有名では
ないのかしら・・・

とても楽しめたのですが、途中から、だんだん苦しくなってきました。
同じこと思ったんです。「きりがない」って。
(修正することを妄想しすぎて勝手に苦しくなったんですね^_^;)
もうせっかく生きてきたんだから、わざわざやり直すことないって。
私はこんな能力いらん!
と、観終えて思いました(笑)。

「きみがぼくを見つけた日」や「ミッドナイト・イン・パリ」、
レイチェル・マクアダムスの彼って、よくタイムトラベルしますね^_^;
by yonta* (2014-10-30 22:20) 

青山実花

Rchoose19さん
コメントありがとうございます。

私の方こそ、
修正有り過ぎの人生で、
どこに戻っていいのか分からない感じです^^;

本当、私も今がいいや、って思います。
多くを望めばキリがないですものね^^

by 青山実花 (2014-10-30 23:41) 

青山実花

desidesiさん
コメントありがとうございます。

私も、映画を観る時は、
なるべく予備知識を入れないようにしているので、
この設定には驚きでした。

中学生が太鼓判を押したのですから、
間違いないですよ^^
by 青山実花 (2014-10-30 23:44) 

青山実花

yonta*さん
コメントありがとうございます。

本当に、ドナルド・グリーソンも、ご家族も、
みんながいい人で素敵でした。

「据え膳食わぬは男の恥」とは言いますが、
その「据え膳」を食わなかったグリーソンは天晴れでしたね。
(なぜに食わない?と思う映画もたまにありますが(笑))。

妹を演じた女優さんを調べてみましたら、
リディア・ウィルソンさんという方のようですね。
他の出演作を検索してもヒットしなかったので、
あまり知られていない方なのでしょうか。

私の人生など、失敗だらけ、恥だらけで、
千回修正しても駄目な気がします^^;
ここまで、なんとかやって来たのだから、
もう戻るのは嫌です~。
隣の中学生の3人組くらいの年齢だったら、
きっと修正する箇所も少ないんでしょうねぇ。
羨ましいです(笑)。

あ、本当にそうですね。
レイチェル・マクアダムスって、
タイムトラベル顔?
いや、タイムトラベルさせ顔ですかね(笑)。

by 青山実花 (2014-11-03 19:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0