So-net無料ブログ作成

「マグダレンの祈り」 [映画]

magdalenenoinori.jpg
〔2002年/イギリス〕


1964年。アイルランド。


マーガレット(アンヌ・マリー・ダフ)は、
従兄に凌辱され、
「清らか」でなくなったという理由だけで、
“マグダレン修道院”に入れられてしまう。


同じ日に修道院に入った少女は他に2人いた。
バーナデット(ノラ・ジェーン・ヌーン)は、孤児院出身で、
美しすぎるが故、少年の気を引いたという「罪」、
そしてローズ(ドロシー・ダフィ)は、
父親のいない子を産んだ「罪」。
ローズの両親は彼女を恥じ、
子供はすぐに里子に出されていた。


修道院で寝起きする多数の少女の境遇は、
どれも似たり寄ったりで、
厳格なシスター・ブリジット(ジェラルディン・マクイーワン)の元、
過酷な労働をさせられている。


ウーナ(メアリー・ミューレイ)という少女が脱走するも、
父親に連れ戻され、
シスターに髪を刈り上げられる。
建物の全てのドアには鍵が掛けられ、
修道院とは名ばかりの監獄状態。


3年前に男の子を産んでここに入った、
クリスピーナ(アイリーン・ウォルシュ)は、
姉が裏門に息子を見せに来るのを、
遠目に見る事を最大の喜びとしていたが、
様々な出来事の挙句、
神父に性的な奉仕をするようになってしまう。


一生こんな所にいたら、
気がおかしくなってしまう。
バーナデッドはローズを誘い、
逃亡する事を決心し・・・。





先日書いた、「あなたを抱きしめる日まで」のコメント欄で、
この映画をご紹介いただき、
とても興味を持ち、早速借りてきた。


「あなたを~」は、
未婚の母となり、修道院に入れられた女性の
後日譚がメインのお話だったけれど、
こちらは修道院の生活そのものが描かれている。


宗教の事はよく分からないけれど、
こういった類の映画を観る度に、
禁欲的すぎるというのは逆に、
なんて性的なんだろうと思ってしまう。


シスターたちは、
「全ての欲望は罪」みたいな事を言うけれど、
自分だって、親に欲望があったから
生まれてきたんじゃないの?と聞いてみたくなる。
その辺りは、自分の中でどう折り合いを付けているんだろう。


シスターの一人などは、
少女たちを全裸で並ばせて、
体の品評会をして喜んでいる。
その様子のおぞましさったら。
「お前、どんだけストレス溜まってんだよ」と言いたくなる。
そんな事してる暇があったら、神様を捨てて、
男でも作ったら?って。
(この発言もセクハラですかね。でも正直な気持ち)


その点、神父の方が、
男ゆえ、直接的な肉体接触に持ち込むだけ、
分かりやすい。
(それでも最悪だけど)


神父とクリスピーナの関係を知ったマーガレットは、
お仕置き半分、悪戯半分な感じで、ある事をする。
すると2人は大勢の人が見ている前で、
とんでもなく恥ずかしい事態に陥ってしまう。
(あれはないわ(笑))
観ているこちらは、多少溜飲が下がるという作り。


少女たちを矯正させるのが本来の目的である修道院だけど、
あんな所にいたら、
余計におかしくなりそうだ。
バーナデットは、病気になった意地悪な古参の女に、
酷い言葉を投げかけている。
どんどん性格が荒んでいくようだ。


シスター・ブリジットがある事で困っている時、
ローズはその解決方法を知っているけれど、
わざと教えない。
シスターが日頃から彼女たちに優しくしていたら、
ローズだって、そんな事はしないだろう。
日頃の言動は、
最終的に自分に返ってくるのだと思わずにはいられない。


マグダレン修道院は、
90年代半ばまで運営されていたそうだ。
そんな最近まで・・・
と驚いてしまう。


評価 ★★★★☆

nice!(27)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 27

コメント 2

su-nya

早速記事アップされたんですね!
本当に衝撃を受けた映画です。
禁欲的すぎるというのは、かえって性的、言い得て妙です。
きっと抑え込もうとすると、何かがおかしくなってしまうんでしょうね。

おかしいと思うのは、女の人はみな「罪人」扱いでこんな
監獄まがいのところに強制収容されるのに、相手の男の人は
きっと何も変わらず日常生活を送っているんだろうな、ということです。


by su-nya (2014-04-29 11:28) 

青山実花

su-nyaさん
コメントありがとうございます。

考えさせられますね。
女性の味方だと思われるシスターたちの
あの意地悪な感じ。
一体何がしたいんだ?と思います。

そこに当たり前に存在する欲望を無理に抑え込もうとしても、
抑え切れないものが、
滲み出てきてしまうのでしょうね。

本当に!
例えばマーガレットの例などは、
どう見ても彼女が被害者なのに、
従兄は罰せられる事もない。
観ているこちらが悔しい気持ちでいっぱいでした。

by 青山実花 (2014-05-02 15:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0