So-net無料ブログ作成

「アリス」 [映画]

Alice.jpg
〔1990年/アメリカ〕


マンハッタンで暮らすアリス(ミア・ファロー)は、
財力のある夫・ダグ(ウィリアム・ハート)と、
可愛い子供に囲まれる、
幸せな主婦。


しかし、子供を学校に送って行った際に出会った、
父兄のジョー(ジョー・マンテーニャ)にときめく。
アリスは彼に恋をしてしまったようだ。


原因不明の背中の痛みに悩まされたアリスは、
中華街で診療所を営む、
ドクター・ヤン(ケイ・ルーク)を訪ねる。


ドクター・ヤンは、ハーブを元にした薬を処方し、
アリスに渡す。
薬は不思議な効果を表し、
今までの内気な彼女とは正反対の自分が目を覚ます。
大胆にも、ジョーをデートに誘うアリス。


その後、ヤンの所へ通う度に、
違うハーブを処方され、
次々、不思議な体験をするアリス。
昔亡くなった恋人・エド(アレック・ボールドウィン)が出てきて、
一緒に空を飛んだり、
透明人間になったり、
子供時代に戻って、両親に会ったり。


そういった経験を重ねるうちに、
今までの自分の生活に疑問を覚え・・・。





ウディ・アレン監督作品。
タイトルの通り、
マンハッタンを舞台にした、
大人の、「不思議の国のアリス」。


アリスは、大変な金持ちの人妻で、
住んでいるマンションは、めっちゃ豪華、
家事や子育ては、家政婦が殆ど行い、
彼女の仕事は、
夫の為に、綺麗である事くらい。
毎日は、美容院やお買い物や、
社交で終わる。
しかし、そんな生活を彼女は、
心のどこかで疑問視している。


特別美人でもなく、
スタイル抜群というわけでもないミア・ファローだけれど、
だからこそ、この役がピッタリだ。
彼女が大変する不思議な出来事というのも、
雰囲気に合っていて、
荒唐無稽な感じはしない。
もしこれが、現在の生活を享受するだけの女だったら、
(それはそれで羨ましいけど(笑))
物語は成り立たない。


ジョーとの関係も発展する。
2人で透明人間になるハーブを飲んだ場面が可笑しい。
ジョーは大喜びで、
人気モデルが入った試着室に一緒に入る。
まったく、透明人間になったらしてみたい事ナンバーワンは、
どこの国でも同じね(笑)。


でも良い事ばかりではない。
透明人間になった事で、
夫の浮気を知ってしまうアリス。
透明にさえならなければ、
知らなくて済んだ事なのに。


ファンタジー風味だけれど、
ラストは現実的。
目覚めた女って感じかな。


私もあんなハーブがあるなら飲んでみたいな。
まずは空を飛べるハーブがほしい。
で、次は透明人間、と(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0