So-net無料ブログ作成

「一枚のめぐり逢い」 [映画]

ichimainomeguriai.jpg
〔2012年/アメリカ〕


イラク戦争に派兵された海兵隊のザック・エフロンは、
戦場で、落ちていた一枚の写真に気付く。


写真を拾おうと、近寄った瞬間、
さっきまでザックが座っていた場所が爆発、
もし写真を見つけなかったら死んでいたと思われ、
命を救ってくれた写真を大切に保管する。


アメリカに帰ったエフロンは、
美しい女性が写ったその写真の、
背景の景色から、
女性が住んでいると思われる街をネットで見つけ、
彼女を探す。


街で訪ね歩き、やっと見つけた彼女・テイラー・シリングは、
犬の訓練所を運営する、シングルマザー。
事情を話し、礼を言おうとするが、
シリングは、エフロンが求人広告を見て来たのだと勘違い、
彼は、彼女の祖母・ブライス・ダナーに気に入られ、
雇われる。


写真の落とし主は、彼女の兄。
幼い頃両親を亡くし、
兄を頼りに生きてきたシリングにとって、
兄の戦死は、彼女の心に大きな傷を残していた。


また、街には、
シリングの元夫で、警察官のジェイ・R・ファーガソンがいたが、
権力を振りかざす最低の男で、
ストーカーのように彼女の生活を見張っていた。


次第に親密になるエフロンとシリング。
シリングの息子もエフロンに懐く。
しかし、それを面白く思わないファーガソンは、
息子を取り上げると、シリングを脅してくる・・・。





特にひねりのない、
気楽に楽しめるラブストーリー。


写真の持ち主が、テイラー・シリングと兄妹だったというのが、
ちょっと肩透かし。
あの予告を観れば、
殆どの観客は、恋人か夫と思うんじゃないだろうか。


しかし、それだとジェイ・R・ファーガソンの存在が
生きてこないので、
それも有りかと思ったりもする。


ザック・エフロンは、帰国直後、
戦場で受けたトラウマに苦しんでいたようだが、
途中からそんな事は、
綺麗さっぱり描かれずに終わった(笑)。


エフロンはとても無口で、
生きる事がちょっと不器用そうで、
だから、シリングとも、
それほどすぐには恋愛関係にはならない。
何でもかんでも、すぐ出来上がってしまうよりは、
好感が持てた。
ただ、無口すぎてイラつく面もあるが。
「もっとハッキリ説明しなよ」って(笑)。


オチは、正直、驚くくらい安易(笑)。
最後まで都合が良い。
まぁ、いいけど(笑)。


教会で、
エフロンとシリングの息子が、
ピアノとヴァイオリンで合奏する場面が、
可愛くて好き。
難しい曲でないのがまた、かえって微笑ましかった。


評価 ★★★☆☆

nice!(22)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 22

コメント 6

坊や

青山さまの映画コメントはストレートで解りやすくてシンプルで、
どこかコミカルで・・ うまく言えませんが楽しいです!

by 坊や (2012-06-21 12:07) 

青山実花

坊やさん
コメントありがとうございます。

いつもこんな駄文を読んでいただいて、
さらに、お褒めの言葉までいただいて、
本当に申し訳ないような気持ちです。
ありがとうございます。

何か面白い事があると、
茶化したくてたまらなくなる性格のようで、
普段の会話はもっとキツいかもしれません。
坊やさんのブログも、可愛くて良いです♪

by 青山実花 (2012-06-21 20:47) 

yonta*

昨日観ました♪
私も写真の持ち主は夫だと思っていたのと、
ブライス・ダナーはテイラー・シリングの母だと思ったので、
「あれ?あれ??」でした(笑)。
ザック・エフロンの後遺症は、犬たちに癒されて
いつのまにか治ってしまったのでしょうか^^;

教会のシーン、微笑ましかったですね。
なにげに悪役のジェイ・R・ファーガソンの
演奏を聴いている表情も良かったです。

ほんとうに、とても都合の良いラストでした(笑)。
by yonta* (2012-06-21 23:15) 

レモン

この映画も 面白そうですね。

でも★三つは、ビミョー?かな。(^_^)

ところで、「ガール」は、めちゃ面白かったです!

来週UPします~♫
by レモン (2012-06-22 07:33) 

青山実花

yonta*さん
コメントありがとうございます。

あ、私も同じです~。
ブライス・ダナーはお母さんだと思っていたので、
ちょっとビックリ。
とても綺麗なお祖母さんですよね。

そっかぁ、犬に癒されたんですね。
路上でジェイ・R・ファーガソンに拳銃を向けられた時の、
咄嗟の瞬発力には、元軍人を感じましたね(笑)。
すんごく早い対応でした。

私も、教会でのファーガソンや、皆さんの表情、好きです。
あそこで改心するのかなと思っていたら、
余計な事を言う輩が出てきて、ガックシ。
それから、あのオチ。
あれって、ある意味、禁じ手ですよね~(笑)。

by 青山実花 (2012-06-22 17:13) 

青山実花

レモンさん
コメントありがとうございます。

ビミョーという事ではないのですが、
ラブストーリーとしては、
わりと平坦な展開でしたので(笑)。
結構楽しめると思います。

「ガール」のレビュー、楽しみにしています。
by 青山実花 (2012-06-22 17:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0