So-net無料ブログ作成

「犬神家の一族」 [映画]

inugamike2006.jpg
〔2006年/日本〕


先日観た、1976年版「犬神家の一族」を、
30年後に、同じ市川崑監督がセルフリメイクした作品。


ストーリーはもちろんだが、
細かい描写も殆ど同じに作られている。
テーマ音楽も同じ。
金田一耕助役も同じ石坂浩二が演じている。
ネットでは、石坂の老いは隠せないといった事が多く書かれているが、
私はそれほど違和感を感じなかった。
もちろん多少老けてはいるが、
石坂は基本的に、あまりルックスの変わらない俳優さんだと思う。


何か事件が起こる度に、
その場の居合わせた誰かを、「あいつが犯人だ」と決めてかかる、
慌て者の警察署長役も、
前と変わらない加藤武が演じているが、これがもうはまり役で(笑)。
金田一と本当にいいコンビだ。


松子、竹子、梅子は、それぞれ、
富司純子、松坂慶子、萬田久子が演じている。
富司純子は前作、高峰三枝子に比べて、
多少線が細い気がするが、
実の息子である尾上菊之助が、
劇中でも実の息子・佐清を演じており、
息子を思う母の気持ちが、
観る者により伝わるような作り。





本や映画の感想が、
年を経て、変化してゆく事はよくあるが、
今回、この2本を観て、
私の見方が一番変わったのは、
珠世さん。


私の中で、珠世さんは今までずっと、
大変に美しく、かつ高潔な精神の持ち主だと思ってきたのだが、
今観てみると、
彼女って働きもせず、何をしているんだろう(笑)。


犬神佐兵衛の恩人の娘という理由だけで、
犬神家で暮らしていて、
湖にボートを浮かべて、
一日中空を見ていたり、ものすごく優雅で呑気(笑)。


学生や主婦、というならまだ分かるけど、
そうじゃないし、
お洋服やその他身の回りの物を買うお小遣いは、
誰に、どうやって貰っているのか(笑)。


家事は女中がしてくれるし、
一日中ぼんやりして、
それでもご飯を食べられる自分に、
何か感じるものはないのだろうか(笑)。
彼女は何を考えて生きていたんだろう。


とても好きだった珠世さんに、
こんな感情が湧くとは思ってもいなかったわ(笑)。
現代なら、叩かれそうな女だけど、
時代が違う事と、
犬神家の持つ莫大な財産が、
それを感じさせなかったのでしょうね。


評価 ★★★★☆

nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0