So-net無料ブログ作成

◆おしまいのデート◆ [本]


おしまいのデート

おしまいのデート

  • 作者: 瀬尾 まいこ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2011/01/26
  • メディア: 単行本


これはいい本。
胸が締め付けられる。


5つの短編からなる本作。
タイトル通り、どれも“最後のデート”が描かれている。
ただ、デートといっても、
普通に想像する男女のそれではなくて、
おじいちゃんと孫娘だったり、
高校の老教師と男子生徒だったり、
男子高校生の二人だったりと、
デートとは、恋愛中の二人だけの言葉じゃないんだよ、と、
そんな内容。


読み始めた時から、
“おしまい”と分かっているから、
それが切なくてたまらない。
読んでいるこちらは、
ただ、主人公の二人にどのような終わりが訪れるのか、
知りたいのは、その点だけになってしまう。


最後って、本当に悲しい言葉だ。
人には様々な事情があり、
どんな形にせよ、
必ず別れがやってくる。
それをあらためて思い知らされた感じ。


一番泣けたのは、
「ランクアップ丼」。
悲しい別れが胸を突く。

nice!(13)  コメント(4)  トラックバック(1) 

nice! 13

コメント 4

yonta*

「おしまい」って、字だけ見るとやわらかい感じがしますが、
とてもせつない言葉ですよね。

二度と会えない別れは、とてもつらいけれど、
ちょっとしたおしまいも苦手です。
電話を切る時とか、食事の後、友人と別れたりする時、
タイミングがはかれなくて・・
もういいトシなので、かっこよくさらっと、でも冷たくなく「じゃあね」が
できないものかと(笑)。

関係ない話ですみません。
でもこの本、読んでみたいです。
by yonta* (2011-11-05 22:48) 

青山実花

yonta*さん

そうですね、
やわらかい言葉でも、
「最後」というのは変わりませんもの。

確かに私も、
友人とのお別れが上手くできていないかも。
なんとなく、口の中でごにょごにょとお別れを言って、
右と左にさようならって感じで。
もう少しちゃんとした大人にならなくちゃダメですね(笑)。

とても読みやすい本ですので、
いつかぜひ読んでみて下さい。

by 青山実花 (2011-11-06 18:58) 

藍色

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
by 藍色 (2013-03-29 16:57) 

青山実花

藍色さん
コメントありがとうございます。

トラックバックをさせていただきました。
これからも宜しくお願いします。
by 青山実花 (2013-03-30 19:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1