So-net無料ブログ作成

「ツーリスト」 [映画]

tourist.jpg
〔2010年/フランス・アメリカ〕


アンジェリーナ・ジョリーは、
常に見張られている。
パリの朝、ホテルを出て、
優雅にカフェでお茶する時も、
車がピッタリ張り付いてくる。
彼女もそれを承知しているようで、
特に嫌がる風でもなく、
どこまでも優雅なんである。


そんな彼女が列車の中でジョニー・デップと出会う。
冴えない数学教師のデップは、
数年前に妻を亡くし、傷心の旅行者。
ジョリーはデップの向かいの席に座り、
デップもまんざらではなさそうだ。


その後、様々な展開があり(省略)、
デップは巻き込まれる形で、
追われたり、殺されそうになったり、警察にぶち込まれたり、
散々な目に遭わされる。
でも、なぜかへこたれない。
ジョリーの美しさに目が眩んでしまったようだ。





こういった、大スター同士を組み合わせて、
お話は後から付けときましたぁ、みたいな映画は、
それほど好きではないのだけれど、
これは、世間が言うほど酷いとは思わなかったな。


追われ続ける二人なのだけれど、
見終わった後、体に残る映画の余韻に、
ドタバタした感じがない。
思うにそれは、
舞台がヨーロッパ(ほぼベニス)で、
カーチェイスではなく、
もっぱら船での追いかけっこだからなのかもしれない。



ジョリーの物腰も、あくまでも優雅で、
身に纏うお洋服は超高級そうなものばかり。
そして、顔が叶恭子みたいなのだよ。
叶恭子が走ったり、慌てたりする姿が想像しにくいように、
ジョリーも決して慌てない。
そんな感じ。


オチも好きだな。


評価 ★★★★☆

nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 6

みぃみ

こんにちは。

唇のぽってり具合・おしりふりふり・ちょっと高飛車、鑑賞しながら、私も叶恭子氏が頭に浮かんでいました(^^)。
恭子さんは苦手ですが、エリーズの事はそのまま受け入れる事ができたのはアンジーの魅力ゆえかもしれません。

船のみの移動手段ゆえ、ゆったりと時が流れるベネチアの雰囲気と上手く調和したストーリーと映像美、私はけっこうお気に入りの映画です♪。

by みぃみ (2011-03-31 13:59) 

のむら

オールロケで旅情豊かでしたよね〜。
観光ムービーというか、「あんな旅、いっぺんしてみたい。あのホテルにも、いっぺん泊まってみたい」と思いました。
ロケ地の力を感じました〜。
by のむら (2011-04-01 00:09) 

青山実花

みぃみさん、コメントありがとうございます。


本当に、叶恭子サンに似ていますよね。
とても綺麗で羨ましい。

一つだけ注文があるとしたら、
もう少しだけ、
お肉がついてもいいと思いました。


サスペンスでありながらドタバタしていない、
優美な映画でありました。
ジョニー・デップのパジャマ姿がまた可笑しくて♪
by 青山実花 (2011-04-01 11:38) 

青山実花

のむらさん、コメントありがとうございます。


私もあのホテル、泊まってみたいです~。
それも普通のお部屋じゃイヤ。
スイートじゃないとね。

っていうか、あれがホテルじゃなくて、
自宅だったらどんなに素敵だろうと思いながら
観ていました(叶わぬ夢・・・)。

by 青山実花 (2011-04-01 11:42) 

desidesi

ヨーロッパの美しい風景の中で、
オッサンが美女にたぶらかされる話しだろうと
タカをくくっていたんですが、
まさに、一杯食わされたっていう感想です。
意外な展開が面白かったです。
by desidesi (2014-10-06 00:36) 

青山実花

desidesiさん
コメントありがとうございます。

なかなか面白い映画でしたね。
もっと単純なものを想像していたら、
そうきたか、って感じで。
忘れている部分も多いので、
もう一度観てみたいです。
by 青山実花 (2014-10-09 19:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 3