So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

「ヘイト・ユー・ギブ」 [映画]

hateugive.jpg
〔2018年/アメリカ〕


16歳の黒人女子高生・スターは、
スラム街に住んでいるが、
「意識高い系」の両親の方針で、
兄と共に、進学校に通っている。


学校では、
恋人も友人も、白人。
真面目なスターは、
スラングも絶対口にしない。
白人が使うとクールだけど、
黒人が使うとアバズレに見えるだけだ。


ある日、スターは、
地元のパーティに行き、
幼馴染で初恋の相手・カリルと出会い、
車で送ってもらう。


すると、途中でパトカーに止められる。
押し問答の末、
銃を持っていると勘違いされたカリルは、
警官に射殺されてしまう。


目撃者は唯一、スターだけ。
けれど、証言台に立てば、
学校でどう思われるだろう・・・。
悩み抜いた彼女は・・・。





試写会で観た。


上映前に、
「第57回 優秀外国映画輸入配給賞」の
授与式があった。

IMG_4737.JPG

この式典には、一昨年の第55回の時も
参加させていただいていて、2回目。
 ↓
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2017-04-20


前回も書いたけれど、
映画好きには、たまらない式典。
2018年4月から2019年3月までに、
日本に輸入されたあらゆる外国映画の中から、
最も優れた作品を買った会社が表彰される。


今年の最優秀賞は、
20世紀フォックスさんで、
理由はやっぱり、「ボヘミアン・ラプソディ」の
買い付けだそうだ。


優秀賞のギャガさんも、
「グリーンブック」その他、素晴らしい映画を輸入されたけれど、
やはり、売り上げなども、審査の対象になるという。


個人的に、
「女と男の観覧車」その他を買い付けたという理由で、
ロングライドさんが奨励賞を受賞したのが嬉しかった。
「女と~」は、私の去年のベスト3に入る映画なので。


式典のあと、
20世紀フォックスさん配給の、
「ヘイト・ユー・ギブ」が上映されたわけだけど、


これも大変な見応え。


白人警官による、黒人射殺事件のニュースは、
日本でも、しょっちゅう耳にするし、
何度も映画になっているけれど、
何度見ても、毎回衝撃を受けてしまう。


まして、今回の映画の主人公は、
真面目な16歳の女の子。
不良の匂いは1ミリもしないし、
両親とも仲がいい。
なのに、そんな事に巻き込まれて。


一つ教訓。


もし、アメリカで、
警察官に車を止められたら、
絶対、逆らってはいけない。
ダッシュボードに手を置いて、
警察官の指示に従った方がいい。


それは、権力に屈服するのとは絶対に違う。
自分の命を守るため。
とにかく、相手の気の済むようにさせて、
やり過ごすため。


それに、警察官の説明にも一理あるな、と思った。


同乗している女の子が、
もしかしたら、監禁されているのではないか、
乱暴されているのではないか、と、
あらゆる可能性を考えるという。
これが、警察官が主人公の映画だったら、
また感想も変わってくるだろう。


犯罪を取り締まるというのも、大変な事だ。
もちろん、
人種差別や、
いじめのような事は、
絶対にあってはならないけれど。


評価 ★★★★☆

nice!(94)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

4月16日のシャンシャンと動物たち。 [できごと]

4月16日。
1ヶ月半ぶりに、シャンシャンに会いに行ってきました。


とはいえ、前回同様、また後ろ向きでお食事(笑)。
 ↓
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2019-02-27
何度か並び直したので、
お顔の見える写真もあるのですが、
ガラスが反射していたりして、
人様にお見せできるようなものがなくて(笑)。

IMG_4730.JPG




という事で、今回は、
シャンシャン以外の動物たちの写真を
いくつか載せてみます。


IMG_4676.JPG

IMG_4674.JPG

最近、「ダンボ」の実写版とアニメ版を立て続けに観たので、
一番気になっている、象。


前回行った時は興奮しているようでしたが、
今回は、とても穏やかでした。




IMG_4681.JPG

IMG_4686.JPG

ニホンザルの集団は、
人間関係の縮図のようで、
ちょっと苦手かも。


以前、野性のニホンザルが見られるというどこかの観光地で、
片腕のない子猿を、
他の猿たちが、
寄ってたかっていじめていたのを見た事があって・・・。




IMG_4688.JPG

IMG_4689.JPG

ホッキョクグマは、とても綺麗。
ガラスの近くに来てくれてラッキーでした。




IMG_4697.JPG

IMG_4699.JPG

バクって、何度見ても、
「意外と大きいのね」と思ってしまいます(笑)。


デッキブラシのような硬い物ででこすられて、
痛くないのかな?と思いましたが、この表情。
とっても気持ちよさそう。




IMG_4706.JPG

ネコ科の猛獣は大好き。
精悍でいいなぁ、とトラを見ていたら、


ライオンは、のんきそうにひなたぼっこ(笑)。
暖かいうえに、おなかがいっぱいだったのかもしれません。

IMG_4702.JPG

nice!(139)  コメント(14) 
共通テーマ:映画

「恐喝こそわが人生」 [映画]

kyoukatsukosowagajinsei.jpg
〔1968年/日本〕


新宿のクラブでボーイをする・村木(松方弘樹)は、
店のマネージャーが、
酒屋と密造酒の取引をしているのを聞いてしまい、
口止めのため、殴られる。


憤った村木は、
仲間の、
関(室田日出男)
野口(城アキラ)
お時(佐藤友美)と組み、
酒屋を強請り、金をせしめる。


それがきっかけとなり、
「四つ葉会」を結成した彼らは、
恐喝に精を出すようになるが・・・。





昨日書いた、
「わが恐喝の人生」
 ↓
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2019-04-15
のタイトルを最初に見た時、


「たしか、『恐喝こそわが人生』という映画があった気がするけど、
2つの映画は何か関係があるのだろうか」、と思い、
調べてみた。


するとやはり、
こちらの「恐喝こそわが人生」は、
「わが恐喝の人生」をリメイクしたもののようで、
深作欣二監督の作品ということを知る。


そうなると、もう気になっていられない。
早速、観る。


うーん、これはもう、
どう考えても、
「わが恐喝の人生」の勝ち。


このストーリーは、
仲の良かったチンピラが、
片方が、犯罪者に、
そして片方が、刑事になる、というのが、
面白い所なんだと思うけど、


この映画には、
将来、刑事になる友人は出てこない。


なので観ているこちらは、
ただひたすら、主人公の恐喝だけを
見せられる事になる。


まぁ、あまり捻らず、
犯罪映画に徹したかったのかもしれないけど。


村木と、お時が、
途中、男女の関係になるというのも、
わたし的には、あんまり好みじゃないかなぁ。


仲間は仲間として、
一線を守っていないと、
雰囲気が生々しくなるよね。


ラストは、
え!?え!?え!?って感じで、
巻き戻して、もう一度観てしまった。
そこは中々面白かった。


評価 ★★★☆☆

nice!(100)  コメント(5) 
共通テーマ:映画

「わが恐喝の人生」 [映画]

wagakyoukatsunojinsei.jpg
〔1963年/日本〕


村木駿(梅宮辰夫)と小沢五郎(千葉真一)は、
幼い頃からの友達同士。
2人は揃って、ナイトクラブ「エテルナ」でボーイをしている。


ある日、「エテルナ」の太客で、
政財界のボスでもある水野(三島雅夫)を
脅迫者から救った駿は、
水野に気に入られ、
仲間4人で、「四つ葉会」を結成し、
恐喝に精を出すようになる。


真面目な五郎は、
駿のそんな行状を心配するが、
ついには、自分の恋人まで、
強引に駿に奪われてしまう。


ところが、水野が急死し、
後ろ盾を無くした駿は・・・。





「恐喝の人生」て(笑)。
そんな人生、嫌だなぁ。


とはいえ、中々面白い。
梅宮辰夫と、千葉真一の対比がいいんだけど、
ある場面で、そうきたか!と
ちょっとビックリ。


というのは、
不良の梅宮さんに対して、
真面目な千葉さんは、
「公務員になりたい」という夢を持ち、
コツコツ勉強している。


私は、
「そっかぁ、区役所の職員にでもなって、
 安泰を望んでいるのね、堅実堅実」と思って観ていたんだけど、


久し振りに2人が再会した時、
千葉さんがなっていたのは、
なんと、刑事。
千葉さんの言う「公務員」とは警察勤めの事で、
彼は努力して、試験に合格したというわけだ。


カッコいー!
まさしく有言実行。
それには、さすがの梅宮さんも驚いておった。
彼も千葉さんは、
区役所の職員になるものだと思っていたらしい(笑)。


2人は、その後、
刑事と犯罪者、という形で対峙してゆく。


ボーイ時代の梅宮さんに、
ふんぞり返って酒をぶっかけた
人気女性タレントが、
その後、梅宮さんにスキャンダルを握られた途端、
急に色仕掛けで迫ってくる場面を興味深く見た。


芸能スキャンダルが、
決して嫌いじゃない私だから、
こんな事、芸能界ではよくあるんだろうなぁ、って。


まぁ、たった1つの出来事で、
足元が崩れるのは、梅宮さんも同じ。


彼が他人を恐喝しても、
無事でいられたのは、
政財界のボス・水野がいてこそ。
それはまるで、
虎の威を借る狐。


その虎がいなくなったら・・・ねぇ。


評価 ★★★★☆

nice!(124)  コメント(5) 
共通テーマ:映画

「ダンボ」 [映画]

dumboanimation.jpg
〔1941年/アメリカ〕


あるサーカスの上空に、
たくさんのコウノトリが飛んできて、
動物たちに、赤ちゃんを配っていた。


象のジャンボのところにも、
待望の赤ちゃんがやって来たけれど、
ダンボと名付けられたその子は、耳がとても大きくて、
動物仲間や、
観客たちに笑われてしまう。


ダンボがいじめられたと思ったジャンボは暴れ、
檻に入れられてしまう。
一人ぼっちになったダンボに同情した、
ネズミのティモシーは、
ダンボの大きな耳を羽ばたかせて、
空を飛ぶ訓練をさせると・・・。





先日、実写版「ダンボ」の感想を書いたけれど、
 ↓
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2019-04-12


そうなると、やっぱり気になるのが、
アニメ版の、オリジナル「ダンボ」。


で、早速観てみたわけだけど、
実写版より、
さらに哀しく、
胸が詰まった。


というのも、
アニメのダンボは、
実写版よりも、
ずっと赤ちゃん赤ちゃんしていて、
本当に無垢。


そんな子が、
耳が大きいという理由で、
いじめられ、
お母さんのジャンボとも引き離されて、
何度も、大粒の涙を流す。


しかも、本来仲間のはずの、
象のおばさんたちの集団が、
ダンボを庇うどころか、
すごく意地悪。
女って、時にそういう事がある。
私も気を付けねば。


特別大きな事件も起こらず、
ストーリーは驚くほど単純。
ダンボが空を飛べる事が分かるのも、
ラスト5分くらい。
実写版が、いかに話を膨らませているかが分かるけど、


でも、観て良かった。
愛らしいダンボ。
これからは動物園に行っても、
象を見る目が変わってしまいそうだ。


評価 ★★★☆☆

nice!(124)  コメント(6) 
共通テーマ:映画
前の5件 | -