So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

「99歳 母と暮らせば」 [映画]

99saihahatokuraseba.jpg
〔2019年/日本〕


試写会で観た。


99歳の母親の介護をするため、
神奈川県藤沢市の、
母の家に移り住んだ、
谷光章監督による、セルフドキュメンタリー。


99歳の高齢者を介護する事が、
綺麗事でないのは分かっているけれど、
あぁ、なんて、面白い親子なんだろうと、
笑ってしまうし、
会場からは、笑い声が絶えない。


というのも、
介護される、お母様の千江子さんが、
なんともユーモラスで、
話す言葉の一つ一つが、とても気が利いている。


それを受けて、返答する、
監督の言葉も、また可笑しく、
2人はまるで、親子漫才みたいだ。


私が一番強く感じたのは、
監督の優しさと、心の広さ。
千江子さんが、
どんなにワガママを言っても、
笑って受け流し、決して声を荒げたり、怒ったりはしない。


カメラが回っているから、と言ってしまえばそれまでだけど、
それだけではない、
なんというか、
子供の頃、母からもらったものを返している、
という印象を受ける。


想像だけど、
千江子さんは、深い深い愛情で、
子供たちを育てたのだという気がする。


認知症とはいえ、
千江子さんのハーモニカの腕前には、
感心してしまった。
人間、好きな事、得意な事だけは
決して忘れないものなのだと、
脳の不思議さを思ったりもする。

IMG_4835.JPG

上映後、監督によるトークショーがあった。


認知症の方の介護は、
相手の言う事を否定しない事が大切だと言われる。


例えば、過去の事で多少の記憶違いがあったとしても、
ここは家であり、
重大会議の場ではないのだから、
そうだね、そうだったねと、
肯定してあげれば、
お互い上手くいくのだと。


介護のする上での大切な、「あいうえお」
あ ありがとう
い イライラしない
う うろたえない
え 笑顔で
お 怒らない


私は、介護というものをした事がないので、
何か言う資格はないけれど、


これは、介護だけでなく、
人生の全ての場所で当てはまりそうな、
五カ条だ。


観終わった後も、少しの間、
千江子さんの様子が頭から離れなかった。


評価 ★★★☆☆

nice!(100)  コメント(3) 
共通テーマ:映画

じゅんの。 [時事]

「入口、出口、田口でーす」と言っていた頃が懐かしい。


男は、「二人のもの」。
女は、「自分一人のもの」。


女の愛の方が強いという事か。


それとも、年下の恋人を
犯罪に引き込んでしまった事への罪悪感なのか。

nice!(103)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「パリ、嘘つきな恋」 [映画]

parisusotsukinakoi.jpg
〔2018年/フランス〕


50歳のジョスラン(フランク・デュボスク)は、
無類の女好き。
だけど、深く関わる事はせず、
女は一夜の遊びだと公言している。


ある日、亡くなった母親の車椅子に座っていたところを、
隣に引っ越してきた女性・ジュリーに見られ、
ジュリーは、ジョスランが歩けないものだと勘違いしてしまう。


ジュリーは、ジョスランに、
姉・フロランス(アレクサンドラ・ラミー)を紹介する。
フロランスは事故で歩けなくなり、車椅子生活を送っているが、
テニスをし、
ヴァイオリンの公演で世界を飛び回るような、
アクティブな女性。


今まで会った女と全然違うフロランスに惹かれるジョスランだが、
自分が、本当は歩けるという事を、
言い出しそびれて、
そのまま逢瀬を重ねるようになってしまう・・・。





試写会で観た。


中年のプレイボーイが、
初めて恋に目覚めるも、
車椅子生活と勘違いされ、
それを言い出せずにいる、というコメディ。


このような事が、
現実にあるかどうかは別として、


やっぱりおフランスの人は、
恋愛上手ね。


フロランスが、とっても大人。
大人すぎ。
「そうくるの?」という展開から、
私だったら、あんな対応できるだろうかと思いながら、
観ていた。
すごく、カッコいい。


障害をテーマにしていながら、
まったく、重くなく、湿っぽくもなく、
むしろ、笑っちゃうような展開に、
心が軽くなる。


この映画で、
「嘘はどうの」とか「人を騙すなんて」とか、
そんな無粋な事は、言いっこなし。
コメディなんだし、
ある意味、
ジョスランが、車椅子だと勘違いされなければ、
フロランスとは出会えなかったわけだし、
どんな事でも、
自分のチャンスとして、繋げてゆく。
そこが大事。


それに、10代でもあるまいし、
この年になったら、
もう恋愛に、騙すも騙されるもないでしょ。
嘘なら嘘で、
一生、つき続けていてほしいし、
こっちも、つき続けるわ(笑)。
その瞬間が楽しくて、
本気なら、
それでいい。


実は、ジョスランは、
大きな靴の代理店の副社長で、
大変なお金持ち。
住んでるお家も、めっちゃ素敵。


で、自宅プールでのラブシーンは必見よ。
あんな演出されたら、
きゃー☆となってしまう(笑)。
やっぱりおフランスの恋は素敵。


評価 ★★★☆☆

nice!(113)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「誰もがそれを知っている」 [映画]

daremogasorewositteiru.jpg
〔2018年/スペイン〕


アルゼンチンで家族と暮らすラウラ(ぺネロペ・クルス)は、
妹の結婚式に出席するため、
故郷のスペインの村に帰省する。


結婚式は、にぎやかに、滞りなく進んだが、
ふと気が付くと、
ラウラの娘で、16歳のイレーネの姿が見えない。


必死でイレーネを探すラウラのケータイに、
「イレーネを誘拐した。身代金を用意しろ」とのメッセージが届く。


半狂乱になったラウラのために、
幼馴染で、元恋人のパコ(ハビエル・バルデム)は、
事件解決に向け、奔走するが・・・。





試写会で観た。


タイトルが意味深ね。
「誰もがそれを知っている」=知らない人なんて誰もいはしない。


つまり、主人公ラウラの故郷である、
スペインの田舎の村は、
あまりに閉鎖的で、
どんな事でも、
個人の秘密でも、
村人が知らない事なんか、有りはしない、という意味なわけで。


当然、恋愛沙汰なんか、格好のネタなんだけど、
それ以上に、
この映画で何度も出てくるのが、
お金の事。


あの人は、いくらくらいの資産を持っている、
あの人は、あの土地をいくらで買った、
などなど、
金銭に関する全てが筒抜け。
そりゃあ、事件も起こるわ。


人々は、そんな村が好きではないんだけど、
かといって、そこを出る事もできない。
だから、結婚して、村を出た、
主人公・ラウラは、羨望の的。
帰省して、みんな歓迎はしているのだけれど、
どこか、「あんたばっかり」みたいな空気があって。


ただ、一つ、私には分からない事がある。
スペインから、アルゼンチンに移住するって、
それは、「上がり」なのか?
私からすると、大して変わらない、というか、
スペインの方がいいような気もするんだけど。
向こうの人にしてみたら、
南米とはいえ、アメリカに近いアルゼンチンの方が、
より都会という感覚なのだろうか。


この試写会、
映画も楽しみだったけど、
それ以上に楽しみだったのが、
上映後のトークショー。
ゲストに、新潮社出版部部長の中瀬ゆかりさんが登壇されたのです。

daremogasorewoshitteiru2.jpg
※デイリースポーツさんより
※もう一人のゲストは、フリーライターの高橋ユキさん


知的で、面白くて、頼りになる親方って感じの中瀬さんが、
私は大好き。
笑顔もとっても可愛らしい。
以前、「5時に夢中」で、
中瀬さんがテレビに出ると、
「キティちゃん♪」と指差す、
2歳の女の子が話題になっていたけれど、
その子の言いたい事、ちょっと分かる(笑)。


で、トークショーの中で、中瀬さんが、
「結局、一番気の毒なのは、パコの奥さんですよね」を言ったのに、
おぉー!
私もそうよ、そう思っていたのよ、と、
めちゃくちゃ共感。


だって、何?あれ。
愛する彼が、
帰省してきた元カノのために、
必死こいちゃって、
で、その間、私の事は無視かよ、
私の話は聞いてもくれないのかよ、と、
女なら、殆どの人が思うだろうと思うなぁ。


実生活で夫婦の、
ペネロペ・クルスとハビ様の共演というのも、
興味深かった。


数々の大スターと浮名を流した、
恋多き女ペネロペが、
最後に選んだのは、ハビ様だったか、
やっぱり、何だかんだ言って、
同じスペイン人が良かったのね、と、
結婚した時、思ったものだ。


この映画の中で、
2人が2ショットになる場面も多いけど、
雰囲気といい、背格好といい、
似合いのカップルだなぁと、
しみじみ思った。
できれば、離婚なんて事にならずにいてほしい。


評価 ★★★★☆

nice!(138)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「ウィーアーリトルゾンビーズ」 [映画]

wearelittlezombies.jpg
〔2019年/日本〕


ヒカリの両親は、バス事故で死んだ。
イシの両親は、ガス爆発で死んだ。
タケムラの両親は、自殺した。
イクコの両親は、殺された。


この4人の子供たちは、
火葬場で出会った。
全員、両親をいっぺんに亡くしたというのに、
これっぽちも泣けなかった。
悲しいという感情がよく分からなかった。


そんな彼らが、
バンドを結成した。
名前は、「リトルゾンビーズ」。
その存在は社会現象になるのだが・・・。





試写会で観た。


ちょっと、今までに観た事のないタイプの映画かも。


主人公は、いきなり両親を亡くした子供たち。
とはいえ、
どの子も、両親からめちゃめちゃ愛されていた、
という感じではなく、
両親が死んだからって、
別に悲しくもなく、
それより、ゲームの方が大事、みたいな。


そう、とにかく、全編、
ゲーム感覚で物語が進んでゆく。
画面もそうだし、
電子音も殆ど途切れない。


そんな子供たちが、
バンドを結成するんだけど、
そのデビュー曲というのが、
耳に残って離れない。
すごくいい。


上映後、長久允監督による、
トークショーがあったのだけれど、

IMG_4824.JPG

ボーカルの二宮慶多くんは、
一応、歌の練習らしき事をしてみたけれど、
あまり上手くなりすぎるのが嫌で、
「もう練習しないで」と言ったそうだ(笑)。


たしかに、プロが歌ってるみたいじゃない感じが、
逆に、めっちゃ心に残る。
本当に、このメンバーで、
バンドデビューしたら面白いのに。
監督さんからのメッセージで、
公式MVをyoutubeにアップしたので、
ぜひ観てみてください、との事です(笑)。


こう言うのを観ると、
「今の子は」みたいな事を言いたくなるけど、
自分だって、
子供の頃、夢や希望があったかといったら、
大して何もなかった。


この子たちから、
ゲームとケータイを引けば、
自分もこんなものだったような気もするし。


監督さんが、
ヘラヘラ生きていたっていいじゃないかと言われて、
すっかりその気になった(笑)。
自分に都合のいい意見だけ、
取り入れる女(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(119)  コメント(4) 
共通テーマ:映画
前の5件 | -