So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

「サニー 永遠の仲間たち」 [映画]

sunnyeiennonakamatachi.jpg
〔2011年/韓国〕


イム・ナミは夫と娘と暮らす、
恵まれた40代の主婦。


ナミの母が病気になり、
見舞いに行った病院で、
高校時代の親友・ハ・チュナと再会する。
チュナは癌に冒され、
余命2ヶ月と診断されている。


高校時代、ナミたちは、
女の子7人の仲良しグループで、
いつも一緒に行動していた。
グループの名前を「サニー」と付け、
輝いていた日々。


チュナは、自分が死ぬ前に、
メンバー全員に会いたいと言う。
そんな彼女の願いを叶える為に、
ナミは興信所を使い、
仲間を探す。


6人までは消息が分かったが、
チョン・スジだけがどうしても見つからない。
スジは、ある出来事がきっかけで、
仲間と疎遠になってしまったのだ・・・。





分かるなぁ。
女の子が自分たちのグループに名前を付けて、
きゃっきゃした感じで、
自分がそのメンバーでいられるだけで嬉しいって。


私にもそんなグループが2つある。
1つは「カトレア会」。
カトレアの花のように美しい女性たちの集まりって事で(笑)、
名付けた。
この映画よりは、
もう少し大人になってからできたグループだけど、
本当にみんなの事が大好きで。


今では、住む場所も、
現在の状況も、
それぞれがバラバラで中々会えないけど、
久し振りに会える時は、
とても嬉しくてワクワクする。


もう1つは、
従姉妹たちとのグループで「カナリア会」。
従姉妹といっても、
私と妹以外、
全員が10歳以上年上。
めちゃくちゃ頼りにしている。


この映画も、
「サニー」の女の子たちが、
実に25年ぶりに再会するという物語で、
映画なのに、
なんだかドキドキする。


女の人生も
25年も経てば、
全く違うのは当然で、
金持ちになっていたり、
貧しかったり、
結婚していたり、
独身だったり、
幸せだったり、
ちょっと辛い日々を送っていたり、と
本当に人それぞれ。


それでもメンバーが集まれば、
「あの日」に帰ってしまうのよね。


それにしても、
韓国の女の子たちって激しいわ(笑)。


彼女たちは、
他校の女生徒たちと、
体を張って、大乱闘したりしている。
いくらなんでも、
日本の女子高生で、
あそこまでする女の子たちって、見た事ないなぁ(笑)。


韓国の姑さんは、
とにかくキツいという話も聞いた事があるけど、
この映画にも、そんな姑さんが出てくる。
女子高生、姑、が、
それぞれ激しいのではなく、
激しかった高校生が、
そのまま大人になって、
姑になっただけなのでしょうね(笑)。


※このレビューは、
 3年間くらい、下書きに入っていたものを、
 蔵出ししました。
 もうすぐ、日本でのリメイク作が公開されるからです。
 そのような機会がなければ、
 まだ当分、出す事もなかったでしょう。
 良いきっかけがあって、良かったです。
  

評価 ★★★★☆

23区内全駅制覇・埼玉高速鉄道線 [23区内全駅制覇]

SR19.赤羽岩淵駅
     saitamakousoku19.JPG



--------------------


全駅制覇、27回目の掲載は、
埼玉高速鉄道線です。


前回載せた、東京メトロ南北線の
終点である、
「赤羽岩淵駅」が始発の電車で、
次の「川口元郷駅」は埼玉県になるので、
23区には1駅しかない路線です。


この路線に乗るには、
私はてっきり、
南北線を降りて、
別のホームに移動しなければならないと思っていたのですが、
相互乗り入れをしているので、
自然に埼玉県まで連れていってくれるのですね。


もちろん、「ズル」は絶対したくないので、
一度改札を出てからまた乗り、
特に用事のない「川口元郷駅」まで行きました(笑)。


--------------------


※以下に、このカテゴリーの1回目に書いた文章を
 一応貼り付けておきます。
 初めて来られたかたは、
 駅名表示板が並べられているのを見ただけでは、
 わけが分からないと思いますので(笑)。


--------------------


いつの頃だったか、
都内の初めての駅に降り立った時、
せっかく来たのだからと、ホームの駅名表示板を
写真に撮った事がありました。


そんな事が何回か続いた時、
23区内に駅っていくつあるんだろう、
全て制覇したら面白いだろうな、と考えるようになり、
数年間かけて、
先日、やっと全駅制覇を完了いたしました。


条件は、
駅は、必ず改札を入るか出るかする、
もしくは、
違う路線に乗り換える事。
駅に降りて、写真だけ撮って、また乗るというような
「ズル」はしていません。


駅は、数え方にもよるのでしょうが、
延べにして720ほどあります。
当初はブログにアップしようとは全く考えていませんでしたが、
友人にこの事を話しましたら、
ぜひ見てみたいと言われましたので、
順次、載せていこうと思います。


駅を降りたあと、
周辺を、少し歩いてみたりもしましたが、
とりあえず、「一周目」は全制覇が目標でしたので駆け足で、
「二周目」に、街歩きのような事をしてみたいと
考えています。

nice!(63)  コメント(6) 

「ペンギン・ハイウェイ」 [映画]

penguinhighway.jpg
〔2018年/日本〕


小学校4年生のアオヤマ君は、
日々、勉学に勤しみ、
知識だけが増えてゆく。


アオヤマ君は、
自分が通っている歯医者のお姉さんと
結婚しようと決めている。
お姉さんも、アオヤマ君を
「少年」と呼び、
可愛がってくれている。


ある日、
アオヤマ君の街に、
ペンギンの大群が現れる。
彼らは一体どこから来たのか。


それから、クラスの女子・ハマモトさんと、
森を抜けた草原に行くと、
そこに、巨大な球形の水が宙に浮かんでいた・・・。





試写会で観た。


アニメだけれど、
ちょっと難解な作品。


劇場には、
子供さんも多く来ていたけれど、
このお話し、分かる?
と聞いてみたくなる。


いや、私の頭が固いのであって、
子供は理解しているのかもしれない。
もしくは、
「理解しなければ」と必死になる大人と違って、
ただ、ありのままを受け入れているのか。


私だって、
子供の頃、劇場で映画を観た時、
面白いも、つまらないも、なかった。
ただただ、映画を観るという、
その事実が嬉しかっただけで。


ペンギンがなぜ、
大量発生したかなど、
私には、よく分からなかったけど、
自分が普段、普通に歩いている舗道に、
あれだけの数のペンギンがいたら、と想像すると、
面白くてたまらない。


慌ててスマホで写真撮るだろうなぁ。
そして、
時間が許すなら、
彼らが一体どこに行くのか、
ずっと追いかけるだろうなぁ。
それから、やっぱり、
一応、警察に通報するかなぁ、
なんて、
妄想が膨らむ。


広場に現れた、
巨大な球形の水にも
めっちゃ心惹かれる。


しかも、それは、
大人たちは、
まだ誰も気付いてはおらず、
主人公のアオヤマ君と友人たちの
3人しか知らない。


そんな凄いものを3人占め。
ペンギンは、もしかしたらブログに載せるかもしれないけど、
これは載せないなぁ、なんて、
またまた妄想が(笑)。


夏休みに、
不思議気分に浸りたい方には、
いい映画なのではないでしょうか。


評価 ★★★☆☆

nice!(52)  コメント(6) 

「高崎グラフィティ。」 [映画]

takasakigraffiti2.jpg
〔2018年/日本〕


群馬県高崎市の高校を、
今日卒業した高校生たち。
美紀(佐藤玲)は、
東京の専門学校に進学する予定のはずが、
父が、入学金未納のまま、
失踪した事に気付く。


寛子(岡野真也)は、
30代の恋人と、
すぐに同棲する気でいたが、
彼の様子がどうもおかしい。


優斗(萩原利久)は、
ヤンキーの先輩から、
一緒に中古車販売の仕事をしようと誘われ、
見学に行くが、
そこで行われている、
犯罪を目にしてしまう。


クラスメイトに、
「東大に受かった」と話していた康太(三河悠冴)は、
実は不合格な事を言い出せずにいる。


そんな中、直樹(中島広稀)は、
クラスメイトの女子に告白すると
意気込むのだが・・・。





試写会で観た。


上映前に、川島直人監督と、
メインキャスト5人の舞台挨拶があった。

takasakigraffiti.jpg
※映画.comさんより


この映画は、
「第一回未完成映画予告編大賞」で
グランプリを受賞した作品なのだそうだ。


この賞は、
まだ作られていない映画の、
予告編だけのコンテストで、
グランプリに選ばれると、
かなり高額の賞金が出るらしい。


これは、大変いい企画だと思う。
映画を作りたくても、
お金の無い、監督志望の若い世代の人たちが、
予告編を作った事で、
世に出られるチャンスが与えられる。


もちろん、予告と本編に、
大きな差がある場合もあろうが、
それならそれで、
勉強にもなるだろうし、
審査員に見る目がなかったとも言える。


で、この映画。


リアルと、リアルでない部分が、
渾然一体という印象。


リアルなのは、
高校生たちの、
危うい人間関係。


特に女の子たちは、
上っ面は、友人を心配する体で接しているけれど、
その心は嫉妬で渦巻き、
誰かが席を立った瞬間から、
悪口が始まる。
そういうのって、有りそうだなぁって。


優斗が、胡散臭い先輩から、
ロレックスをプレゼントされて、
組織ぐるみで犯罪をしている中古車屋に行く場面にしても、


観ているこちらは、
何とか理由をつけて帰ってきなよ、
今なら間に合うよ、と思うのだけれど、
それでも、その中古車屋と関わろうとする彼に、
イライラしてしまう。


リアルでないのは、
クラスメイトたちが、
互いの進路を、
卒業式当日まで、まるで知らない事。
そんな事ってある?(笑)


それから、
もう一つ、
東大に行こうとする生徒と、
他の生徒との落差。
この学校の偏差値は一体どれくらいなんだ?って(笑)。


映画のために、
バラエティに富んだ面子が必要なのは分かるけど、
あまりに現実とかけ離れてると、
ちょっとガッカリするというか。


全体的には、
若い世代の悩みが
上手く描かれていて、
真剣に観てしまった。
悪い映画ではなかった。


評価 ★★★☆☆

nice!(53)  コメント(6) 

23区内全駅制覇・東京メトロ南北線 [23区内全駅制覇]

N01.目黒駅
     nanboku01.JPG

N02.白金台駅
     nanboku02.JPG

N03.白金高輪駅
     nanboku03.JPG

N04.麻布十番駅
     nanboku04.JPG

N05.六本木一丁目駅
     nanboku05.JPG

N06.溜池山王駅
     nanboku06.JPG

N07.永田町駅
     nanboku07.JPG

N08.四ツ谷駅
     nanboku08.JPG

N09.市ヶ谷駅
     nanboku09.JPG

N10.飯田橋駅
     nanboku10.JPG

N11.後楽園駅
     nanboku11.JPG

N12.東大前駅
     nanboku12.JPG

N13.本駒込駅
     nanboku13.JPG

N14.駒込駅
     nanboku14.JPG

N15.西ケ原駅
     nanboku15.JPG

N16.王子駅
     nanboku16.JPG

N17.王子神谷駅
     nanboku17.JPG

N18.志茂駅
     nanboku18.JPG

N19.赤羽岩淵駅
     nanboku19.JPG



--------------------


全駅制覇、26回目の掲載は、
東京メトロ南北線です。


この路線の特徴は、
何といっても、ホームドアです。


目黒駅の除く全駅に、
天井から床まである、
立派なホームドアが設置されているのです。


下手なコンビニの入り口より、
ずっと豪華な感じ(笑)。


全ての地下鉄に、
あのようなゴージャスなドアが付いたら、
様々な事故も、
大幅に減るのでしょうが、
実現は、当分(永遠に?)無理な気もします。


--------------------


※以下に、このカテゴリーの1回目に書いた文章を
 一応貼り付けておきます。
 初めて来られたかたは、
 駅名表示板が並べられているのを見ただけでは、
 わけが分からないと思いますので(笑)。


--------------------


いつの頃だったか、
都内の初めての駅に降り立った時、
せっかく来たのだからと、ホームの駅名表示板を
写真に撮った事がありました。


そんな事が何回か続いた時、
23区内に駅っていくつあるんだろう、
全て制覇したら面白いだろうな、と考えるようになり、
数年間かけて、
先日、やっと全駅制覇を完了いたしました。


条件は、
駅は、必ず改札を入るか出るかする、
もしくは、
違う路線に乗り換える事。
駅に降りて、写真だけ撮って、また乗るというような
「ズル」はしていません。


駅は、数え方にもよるのでしょうが、
延べにして720ほどあります。
当初はブログにアップしようとは全く考えていませんでしたが、
友人にこの事を話しましたら、
ぜひ見てみたいと言われましたので、
順次、載せていこうと思います。


駅を降りたあと、
周辺を、少し歩いてみたりもしましたが、
とりあえず、「一周目」は全制覇が目標でしたので駆け足で、
「二周目」に、街歩きのような事をしてみたいと
考えています。

nice!(70)  コメント(12) 
前の5件 | -