So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

23区内全駅制覇・都電荒川線 [23区内全駅制覇]

SA01.三ノ輪橋駅
     toden01.JPG

SA02.荒川一中前駅
     toden02.JPG

SA03.荒川区役所前駅
     toden03.jpg

SA04.荒川二丁目駅
     toden04.JPG

SA05.荒川七丁目駅
     toden05.JPG

SA06.町屋駅前駅
     toden06.jpg

SA07.町屋二丁目駅
     toden07.JPG

SA08.東尾久三丁目駅
     toden08.jpg

SA09.熊野前駅
     toden09.JPG

SA10.宮ノ前駅
     toden10.JPG

SA11.小台駅
     toden11.JPG

SA12.荒川遊園地前駅
     toden12.JPG

SA13.荒川車庫前駅
     toden13.JPG

SA14.梶原駅
     toden14.JPG

SA15.栄町駅
     toden15.JPG

SA16.王子駅前駅
     toden16.JPG

SA17.飛鳥山駅
     toden17.JPG

SA18.滝野川一丁目駅
     toden18.JPG

SA19.西ヶ原四丁目駅
     toden19.JPG

SA20.新庚申塚駅
     toden20.JPG

SA21.庚申塚駅
     toden21.jpg

SA22.巣鴨新田駅
     toden22.JPG

SA23.大塚駅前駅
     toden23.JPG

SA24.向原駅
     toden24.JPG

SA25.東池袋四丁目駅
     toden25.JPG

SA26.都電雑司ヶ谷駅
     toden26.JPG

SA27.鬼子母神前駅
     toden27.JPG

SA28.学習院下駅
     toden28.JPG

SA29.面影橋駅
     toden29.JPG

SA30.早稲田駅
     toden30.JPG



--------------------


全駅制覇、43回目の掲載は、
都電荒川線です。


この都電荒川線は、
全ての路線の中で、
一番写真が撮りにくかったです。


何せ、ホームの幅が狭くて、
駅名表示板の全体を写そうとすると、
線路に落ちてしまいそうになるのです(笑)。


それから、
この遊びを始めた時は、
駅名表示板が緑色だったのに、
ある日、ピンクになっていて、
名称も「東京さくらトラム」に変わっていて、
(”愛称”という位置づけなのでしょうか?)
(それとも、完全に改名?)
ちょっと驚きました。


ただ、私は、
「都電荒川線」の方が好きです(笑)。


--------------------


※以下に、このカテゴリーの1回目に書いた文章を
 一応貼り付けておきます。
 初めて来られたかたは、
 駅名表示板が並べられているのを見ただけでは、
 わけが分からないと思いますので(笑)。


--------------------


いつの頃だったか、
都内の初めての駅に降り立った時、
せっかく来たのだからと、ホームの駅名表示板を
写真に撮った事がありました。


そんな事が何回か続いた時、
23区内に駅っていくつあるんだろう、
全て制覇したら面白いだろうな、と考えるようになり、
数年間かけて、
先日、やっと全駅制覇を完了いたしました。


条件は、
駅は、必ず改札を入るか出るかする、
もしくは、
違う路線に乗り換える事。
駅に降りて、写真だけ撮って、また乗るというような
「ズル」はしていません。


駅は、数え方にもよるのでしょうが、
延べにして720ほどあります。
当初はブログにアップしようとは全く考えていませんでしたが、
友人にこの事を話しましたら、
ぜひ見てみたいと言われましたので、
順次、載せていこうと思います。


駅を降りたあと、
周辺を、少し歩いてみたりもしましたが、
とりあえず、「一周目」は全制覇が目標でしたので駆け足で、
「二周目」に、街歩きのような事をしてみたいと
考えています。

nice!(58)  コメント(7) 
共通テーマ:映画

「寝ても覚めても」 [映画]

netemosametemo.jpg
〔2018年/日本〕


麦(東出昌大)と朝子(唐田えりか)は、
ひょんな事で知り合い、
深く愛し合うようになる。
麦なしでは、
朝子なしでは、
もう生きていかれない。


けれど、麦には放浪癖があり、
「必ず帰ってくる」と言って出掛けたきり、
何か月も帰ってこなかった。


麦を諦めた朝子は、
心機一転、東京に出て、
カフェで働き始めた。


そんなある日、
体が固まった。
客のサラリーマン・亮平(東出昌大・二役)が、
麦にソックリだったのだ・・・。





心から愛した男に、
ソックリな恋人。


でも中身は正反対。
奔放な自由人と、
堅実なサラリーマン。


主人公の朝子は、
その事で悩んでいるけれど、
でも、映画を観ている私は、
それも「あり」なんじゃないかと思った。
そんな事、
世の中には、割とある事なんじゃないのかな。


だって、何度恋をしても、
似たような人を好きになる人も多いでしょ。
やっぱり好みのタイプってあるし。


ただ、この映画のショックな部分は、
その後の展開。


私には、
朝子の行動が、
半分は理解できて、
半分は理解できない。


評価 ★★★☆☆

nice!(46)  コメント(3) 
共通テーマ:映画

「プーと大人になった僕」 [映画]

poohtootonaninattaboku.jpg
〔2018年/アメリカ〕


子供時代を、
「100エーカーの森」で、
プーやその仲間と楽しく過ごしていた
クリストファー・ロビンも、今は大人。


仕事に追われ、
週末を、
愛する妻・イヴリンや、可愛い娘・マデリンと
過ごす事もできない。


そんな彼の前に、
プーが突然現れ・・・。





以前、
アニメの「くまのプーさん」を観た時、
 ↓
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2016-11-06


クリストファー・ロビン君の、
「僕はもう一生、“何もしない”って事はできなくなるんだ」
というセリフにジーンとなった、と書いた。


一見のんきな「くまのプーさん」に、
こんな哲学的な、深いラストがあるんだ、と、
考えさせられ、
今でも機会があると、このラストを、
人に話しているくらい、
自分の中で強烈な印象を残したセリフ。


で、今回、
「くまのプーさん」が実写化されたわけだけれど、
さすがに考えるな、ディズニーは。


ただそのまま、アニメを実写にするのでなく、
クリストファー・ロビンが、大人になっているなんて。
そして、彼はかつて幼かった自分が言った、
「“何もしない”って事ができない」大人になっている。


もちろん、大人になったからには、
働く事は当然だし、
彼には家族もいる。
でも、娘との週末の約束を反故にしてまで、
しなくてはならない事って、何なの?って。


こういった内容の映画を観た時、
いつもの私だったら、
「仕事と家族は比べられないよ、
仕事をしてくれている夫や父に不満を言うのは贅沢じゃない?」と
思ってしまうところなのだけれど、
まぁ、この映画は、
「何もしない」という時間が、
どれほど大切かを描いているわけだから、
イライラせずに観られる。


ディズニー映画だから、
紆余曲折はあっても、
ラストはもちろん、ハッピーエンド。


「もっと肩の力を抜いていこうよ」と
言われてるみたいな、
いい映画だった。


評価 ★★★★☆

nice!(48)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

23区内全駅制覇・東京メトロ有楽町線 [23区内全駅制覇]

Y02.地下鉄成増駅
     yurakucho02.JPG

Y03.地下鉄赤塚駅
     yurakucho03.JPG

Y04.平和台駅
     yurakucho04.JPG

Y05.氷川台駅
     yurakucho05.JPG

Y06.小竹向原駅
     yurakucho06.JPG

Y07.千川駅
     yurakucho07.JPG

Y08.要町駅
     yurakucho08.JPG

Y09.池袋駅
     yurakucho09.JPG

Y10.東池袋駅
     yurakucho10.JPG

Y11.護国寺駅
     yurakucho11.JPG

Y12.江戸川橋駅
     yurakucho12.JPG

Y13.飯田橋駅
     yurakucho13.JPG

Y14.市ヶ谷駅
     yurakucho14.JPG

Y15.麴町駅
     yurakucho15.JPG

Y16.永田町駅
     yurakucho16.JPG

Y17.桜田門駅
     yurakucho17.JPG

Y18.有楽町駅
     yurakucho18.JPG

Y19.銀座一丁目駅
     yurakucho19.JPG

Y20.新富町駅
     yurakucho20.JPG

Y21.月島駅
     yurakucho21.JPG

Y22.豊洲駅
     yurakucho22.JPG

Y23.辰巳駅
     yurakucho23.JPG

Y24.新木場駅
     yurakucho24.JPG



--------------------


全駅制覇、42回目の掲載は、
東京メトロ有楽町線です。


前回、
西武有楽町線を載せた際、
西武線の「有楽町」の名前は、
この、東京メトロ有楽町線に由来している、と書いたので、
その流れで今回、選んでみました。


この路線、池袋駅から地下鉄成増駅まで、
東京メトロ副都心線と、
完全に平行しているのですよね。
乗るのがちょっと難しかったです。


この路線で一番気になる駅が新富町。
昭和のホームドラマ、
「ムー」と「ムー一族」の舞台、
足袋屋の「うさぎ屋」さんが、
ここ新富町にある、という設定なのです。


ドラマは完全なセットでしたが、
私は新富町に行く度に、
「うさぎ屋」さんのありそうな路地を
探してしまうのです。


いいドラマです。
「金八先生」同様、
こちらも、セリフを空で言えるくらい見込んでいます。
樹木希林さんも、家政婦さん役で出ていましたね。
ウザすぎて、逆に笑ってしまう役でした(笑)。



--------------------


※以下に、このカテゴリーの1回目に書いた文章を
 一応貼り付けておきます。
 初めて来られたかたは、
 駅名表示板が並べられているのを見ただけでは、
 わけが分からないと思いますので(笑)。


--------------------


いつの頃だったか、
都内の初めての駅に降り立った時、
せっかく来たのだからと、ホームの駅名表示板を
写真に撮った事がありました。


そんな事が何回か続いた時、
23区内に駅っていくつあるんだろう、
全て制覇したら面白いだろうな、と考えるようになり、
数年間かけて、
先日、やっと全駅制覇を完了いたしました。


条件は、
駅は、必ず改札を入るか出るかする、
もしくは、
違う路線に乗り換える事。
駅に降りて、写真だけ撮って、また乗るというような
「ズル」はしていません。


駅は、数え方にもよるのでしょうが、
延べにして720ほどあります。
当初はブログにアップしようとは全く考えていませんでしたが、
友人にこの事を話しましたら、
ぜひ見てみたいと言われましたので、
順次、載せていこうと思います。


駅を降りたあと、
周辺を、少し歩いてみたりもしましたが、
とりあえず、「一周目」は全制覇が目標でしたので駆け足で、
「二周目」に、街歩きのような事をしてみたいと
考えています。

nice!(66)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

「MEG ザ・モンスター」 [映画]

megthemonster.jpg
〔2018年/アメリカ・中国〕


中国の沖合で、
海洋研究所の潜水艇が、
深海の調査に出る。


そこには、幻想的な世界が広がっていたが、
巨大な「生き物」に体当たりされ、
身動きが取れなくなってしまう。


救助のために呼ばれたのは、
深海レスキューのエキスパート・ジョナス(ジェイソン・ステイサム)。
早速、海に潜った彼が目にしたのは、
200万年前に絶滅したと言われる、
巨大な鮫「メガロドン」だった・・・。





鮫だよ。
今まで見た事もないような、
でかい鮫だよ。


でも、名前は可愛い(笑)。
MEGよ、
メグ・ライアンと同じ名前よ。
綴りも一緒よ。


こんな怖いんだか、可愛いんだか分からない怪物が、
海で大暴れすると聞いちゃ、
観に行かずにはいられないってんで、
早速、出掛けてきた。


しかも、主演はジェイソン・ステイサム。
彼の映画は、
ほぼ、外れがないというか、
一定水準以上に面白い作品が殆どなので、
期待も高まる。


で、感想は、といえば、
やっぱり、一定水準には達していたけれど、
MEGちゃんの暴れっぷりが、
イマイチだったかなぁ。


特に海水浴客で賑わう海岸。
あそこで、ああなって、
あれじゃ、ちょっと・・・
・・・って、意味わかりませんけど、
うーん(笑)。


この映画、
アメリカと中国の合作というだけあって、
中国色がめっちゃ強い。
まぁ、金出してるなら、仕方ないけど。


日本人も出てくるけど、
あれって、わざとじゃないよね?


評価 ★★★☆☆

nice!(51)  コメント(7) 
共通テーマ:映画
前の5件 | -