So-net無料ブログ作成

23区内全駅制覇・上野懸垂線 [23区内全駅制覇]

東園駅     
     uenokensuisenhigashi.JPG

西園駅
     uenokensuisennishi.JPG


--------------------


全駅制覇、7回目の掲載は、
上野懸垂線です。


私がこの遊びを始めた時、
参考にしたのは、
Wikipediaの、
23区内の全ての駅や路線が載っているページです。


そのページをプリントアウトして、
常に持ち歩いては、
次はどこの駅に行こうかと、
ワクワクするような気持ちで、
眺めていました。


Wikipedia以外に、
駅のサイトを運営されているかたのページも、
少し見させていただいた所、
Wikipediaには載っていなかった、
「上野懸垂線」という路線を載せておられる方がいました。


「上野懸垂線」とは、
上野動物園の東園と西園を繋ぐ乗り物で、
特にそれに乗らずに歩いても、
5分もかからないような、短い距離です。


なるほど、「全制覇」というからには、
これにも乗らなくては完璧ではないのか、と思い、
リストに加えました(笑)。


といっても、
それだけのために、
わざわざ上野動物園に行ったというわけでなく、
それ以前から、時々、
園内をブラブラする事があるので、
私にとっては、日常です。
(さすがに、電車には乗った事はありませんでしたが(笑))


平日、
一人動物園をされている女性、いっぱいいますよ(笑)。
皆さん、動物を見て、
ゆっくりした気持ちになりたいのかもしれません。



--------------------


※以下に、このカテゴリーの1回目に書いた文章を
 一応貼り付けておきます。
 初めて来られたかたは、
 駅名表示板が並べられているのを見ただけでは、
 わけが分からないと思いますので(笑)。


--------------------


いつの頃だったか、
都内の初めての駅に降り立った時、
せっかく来たのだからと、ホームの駅名表示板を
写真に撮った事がありました。


そんな事が何回か続いた時、
23区内に駅っていくつあるんだろう、
全て制覇したら面白いだろうな、と考えるようになり、
それを実行するようになりました。


条件は、
駅は、必ず改札を入るか出るかする、
もしくは、
違う路線に乗り換える事。
駅に降りて、写真だけ撮って、また乗るというような
「ズル」はしていません。


駅は、数え方にもよるのでしょうが、
延べにして720ほどあります。
当初はブログにアップしようとは全く考えていませんでしたが、
友人にこの事を話しましたら、
ぜひ見てみたいと言われましたので、
順次、載せていこうと思います。


駅を降りたあと、
周辺を、少し歩いてみたりもしましたが、
とりあえず、「一周目」は全制覇が目標でしたので駆け足で、
「二周目」に、街歩きのような事をしてみたいと
考えています。

nice!(69)  コメント(20) 
共通テーマ:映画

「春の夢」 [映画]

harunoyume.jpg
〔1960年/日本〕


石焼き芋売りの渥美の爺さん(笠智衆)は、
大金持ちの奥平家に芋を売りに行くが、
お手伝いの梅子(十朱幸代)に
家具の移動を手伝わされた挙句、
広い客間の真ん中で、
脳溢血で倒れてしまう。


主の奥平庄兵衛(小沢栄太郎)は、
怒り狂い、
すぐにでも渥美の爺さんを追い出せと言うが、
脳溢血の患者を動かすわけにはいかない。
爺さんは一週間、
ここで世話になることとなった。


庄兵衛の経営する製薬会社は、
現在ストの真っ最中。
さらに、
長女は、男をとっかえひっかえする博愛主義、
次女は、うだつの上がらない画家と結婚すると言い出し、
長男は、神経衰弱気味・・・
と、最近いい事は一つもない。


一方、この家の実権を握る、
祖母(東山千栄子)は、
渥美の爺さんの年齢と名前を知り、
「まさか・・・」という思いを抱きはじめる・・・。





木下恵介監督のコメディ。


舞台劇のように、
物語は、
ほぼ、一軒の豪邸の中で進行する。


脳溢血で倒れた、
石焼き芋屋の爺さんが、
ゴージャスな洋風の客間の真ん中に
布団を敷いて、
寝かされているという絵が、
シュールで可笑しい。


この豪邸の主を演じる小沢栄太郎さんの、
全く期待を裏切らない、
嫌味っぷり(笑)。
小沢さんって、素でお話しされる時は、
本当に素敵なおじさまなのに、
演技になると、
何でこんなに人の神経を逆撫でするような
人になれるのだろう。
天才だと思う。


そんな小沢さんの秘書役を演じる、
久我美子さんが、また絶妙。
彼女は、いつも小沢さんから、
「このオールドミスが!」などと怒鳴りつけられているけれど、
決してひるまない。


久我美子さんって、
品格にかけては、
他のどの女優さんにも負けないんじゃないだろうか、
というくらい、品格のオーラが凄い。
憧れの女優さんの一人。
この物語では、
その後、素敵な恋の予感まであって、
観ているこちらまで、
嬉しくなってしまう。


それから、
とっても、私好みのエピソードなのが、
東山千栄子さんと、笠智衆さんの過去。


「東京物語」で、
ご夫婦役を演じておられたお二人が、
この映画では、
大金持ちの老婦人と、貧しい石焼き芋売り。


こう書けば、
2人の過去に何があったか、
何となく想像がつこうというものだけれど、
ただ、ラストがなんとも・・・。


あぁ、
このオチを見ると、
やっぱり人間、
今したい事をしなければ駄目なんじゃないかと、
本気で思えてくるよ。


評価 ★★★★☆

nice!(64)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「ふんどし医者」 [映画]

fundoshiisha.jpg
〔1960年/日本〕


大井川の近くで、
医者をしている小山慶斎(森繁久彌)。
彼は、徳川家の御典医になれる
能力がありながら、
貧しい者たちのために、
この地に残って開業したのだ。


妻のいく(原節子)は、
慶斎によく仕えていたが、
半丁の勝負事が大好き。
そんないくを、
慶斎は心から愛している。


ある日、近所のチンピラ・半五郎(夏木陽介)が、
腹を刺され、
慶斎は、腎臓の片方を摘出するという
大手術を行う。


半五郎はそれをきっかけに心を入れ替え、
医者になる決意をし、
長崎に渡った。


8年後、立派な医者になり、
帰ってきた半五郎に慶斎は驚き・・・。





凄いな。
凄いものが色々詰まってる。
いい映画だ。


森繁久彌演じる慶斎という医者は、
大変な能力の持ち主でありながら、
大井川の近くで、
貧しい者たちのために、
安い治療費で診療をしてやっている。


そう聞くと、
まるで神様のような人だと思われそうだが、
それだけではない。


慶斎は、
長崎で最新の医学を学んで
帰ってきた半五郎の知識に、
激しい嫉妬心を燃やし、
自分の診断に異を唱えた半五郎の意見を
受け付けない。


能力もパーフェクト、
人間性もパーフェクトな人など、
いはしない。
どんな人間にでも、
嫉妬心はあるし、
それがコントロールできず、
表に出てしまう事もあるだろう。


そこをきちんと描いている、
この物語は面白い。
この映画に
深みを感じる一因だ。


それから、
森繁さんも凄いけど、
もっと凄いのが、
妻のいく役を演じた原節子さん。


はぁ。。。
もう溜息しか出てこない。
なんてなんてなんて素敵なの。
いくは貞淑な妻で、
夫に献身的に尽くしているのだけれど、
でも、博打が大好き(笑)。


賭場に夫を伴って行き、
賭けをし、
持ち金がなくなると、
夫の着物を脱がしたりしている(笑)。


私は賭け事をした事はないけれど、
自分を失わず、
ストレス解消として、
遊ぶのなら、
それはいい利用法かも、と思ったりもして。


半五郎の夏木陽介さんも、
彼の恋人の江利チエミさんも、
そして、
慶斎の親友役の山村聰さんも、
とにかくみんな、
凄くいい顔している。
いい映画だった。


評価 ★★★★☆

nice!(60)  コメント(10) 
共通テーマ:映画

23区内全駅制覇・東武亀戸線 [23区内全駅制覇]

TS04.曳舟駅
     kameido04.JPG

TS41.小村井駅
     kameido41.JPG

TS42.東あずま駅
     kameido42.JPG

TS43.亀戸水神駅
     kameido43.JPG

TS44.亀戸駅
     kameido44.JPG



--------------------


全駅制覇、6回目の掲載は、
東武亀戸線です。


2両の電車が、
この5つの駅を行ったり来たりしているようです。


個人的に、すごく好きなのが、
「東あずま」という駅名。


私はこの駅名を見るたびに、
「馬から落馬した」という言葉を思い出してしまうのです。


「東」と「あずま」、
同じ言葉が重なっているじゃんって(笑)。


すみません、すぐ茶化したくなる性格で。
このような駅名にしたのには、
もちろん何か理由があるのでしょうね。
「あずま」は、「雷」や「吾妻」かもしれないし。
検索すれば分かるのでしょうが、
この駅名に関しては、
「面白いな、好きだな」と思ったままでいたい気がして、
あえて調べてはいません。


--------------------


※以下に、このカテゴリーの1回目に書いた文章を
 一応貼り付けておきます。
 初めて来られたかたは、
 駅名表示板が並べられているのを見ただけでは、
 わけが分からないと思いますので(笑)。


--------------------


いつの頃だったか、
都内の初めての駅に降り立った時、
せっかく来たのだからと、ホームの駅名表示板を
写真に撮った事がありました。


そんな事が何回か続いた時、
23区内に駅っていくつあるんだろう、
全て制覇したら面白いだろうな、と考えるようになり、
それを実行するようになりました。


条件は、
駅は、必ず改札を入るか出るかする、
もしくは、
違う路線に乗り換える事。
駅に降りて、写真だけ撮って、また乗るというような
「ズル」はしていません。


駅は、数え方にもよるのでしょうが、
延べにして720ほどあります。
当初はブログにアップしようとは全く考えていませんでしたが、
友人にこの事を話しましたら、
ぜひ見てみたいと言われましたので、
順次、載せていこうと思います。


駅を降りたあと、
周辺を、少し歩いてみたりもしましたが、
とりあえず、「一周目」は全制覇が目標でしたので駆け足で、
「二周目」に、街歩きのような事をしてみたいと
考えています。

nice!(63)  コメント(16) 
共通テーマ:映画

「黒い猫」 [映画]

kuroineko.jpg
〔1965年/日本〕


銀座でバー「冬の宿」を経営する夕子(小暮実千代)は、
パトロンに飽きられ、
借金の返済を求められた事から、
自殺を図る。


一命はとりとめたが、
当分、店には出られない。
そこで、夕子の娘で大学生の恵美子(三田佳子)が、
代理ママを務める事になった。


ど素人の大学生ママの珍しさは、
銀座界隈で話題となるが、
反発するホステスも多い。


ある日、ホステスを連れて、
慰安旅行に出掛けた恵美子は、
静養に出ていたはずの母が、
バーテンの三木と一緒にいるのを知り、
呆然とする・・・。





三田佳子さんが、
女子大生ながら、
銀座のバーのママとして奮闘する、
という物語であるが、


三田さんって、こんなに綺麗だったっけ、
と思うくらい、とっても綺麗。


私の中で三田さんは、
地下に秘密部屋がある、
凄い豪邸に住む人という印象しかなかったから(笑)。


ど素人のバーのママ、というのもいいけれど、
何より、女子大生の役がピッタリだ。
将来は法曹関係の道に、というだけあって、
すごく知的に見える。


ど素人に、
銀座のママが務まるのかという疑問は
大きいけれど、
それより、私が不思議に思ったのが、
小暮実千代さんのキャラ設定。


映画は、小暮さんの自殺未遂から
始まるのだけれど、
どうやら、彼女は、
過去に何度も、同じ事をしているらしい。


生き馬の目を抜くとも言われる、
夜の銀座で商売をする人が、
そんな弱弱しいメンタリティで、
今までよく、店がもったな、と。


しかも、彼女は、
自殺前に、パトロンに予告電話をかけているらしい。
なんというかまってちゃん。
本気で死ぬ気なんか、
全然なさそう。


そんな小暮さんが、
若いバーテンと逃避行するんだけど、
そのバーテンを演じるのが、
露口茂さん。
このキャスティングはすごく好き(笑)。


だって、「太陽にほえろ」の山さんよ。
山さんが、マダムと逃げちゃうのよ。
しかも、逗留していた旅館で、
支払いができなくて、
旅館の主人から、罵倒されるのよ。


山さんにも、こんな過去が・・・
と思うと、
実に感慨深い(笑)。
しかも、彼、
その後、小暮さんをポイ捨てするし。


ところで、この映画のタイトル、
「黒い猫」って、どういう意味なんだろう。


バーの名前でもないし、
誰かが黒猫を飼っているわけでもないし。
セリフに「黒い猫」なんて出てきたっけ?
私が聞き逃しただけ?
観た事がある方がおられたら、
教えてください。


評価 ★★★☆☆

nice!(65)  コメント(8) 
共通テーマ:映画