So-net無料ブログ作成
検索選択

「だまされて貰います」 [映画]

damasaretemoraimasu.jpg
〔1971年日本〕


東北のある村に、伊賀良太郎(植木等)という男がやって来た。
政治家の秘書を名乗る良太郎は、
村の男・忠作(加藤茶)と、
忠作が惚れているハーフの娘・花子(小山ルミ)に、
「ここの村に、近いうちに新幹線が通る」と言い、
さらに、村人全員もそれを信じる。


良太郎が東京に帰った後、
騙されている事に気付いた村人たち。
しかも彼は、花子に、
「一緒に父親を捜してやる」と言い、
連れていってしまう。
忠作は怒り、2人を追いかけて、
自分も東京へ行く。


良太郎は、発明家・早川源内(谷啓)と知り合い、
源内が、
「ガソリンによる公害をなくす薬」の
研究をしている事を知る。
良太郎は、それを、
「水をガソリンに変える薬」だと勝手に吹聴し、
それを聞きつけたアメリカの企業から、
契約の話が持ち上がる。


アメリカに飛んだ良太郎、
アメリカに父を捜しに行った花子、
花子を追いかけて、これまたアメリカに行った忠作。
ハワイ、ニューヨークを舞台に、
ドタバタドタバタ・・・。





クレージーキャッツの映画も、
後半になると、
植木等さんが主役なのは変わらないけど、
もれなく加藤茶が準主役で出てくるという、
クレージーからドリフへシフトしようとする、
時代の流れ(単にナベプロの思惑か(笑))がよくわかる。


ただ、植木さんが、どんなに過剰な演技をしても、
どこかスマートに見えるのに対して、
加藤茶の演技は、ひたすらくどい(笑)。
世間がそういうものを求めた時代だったのか。
2人の質感が違うので、
同じ画面に収まっていても、
ピッタリ息が合っている・・・というほどではない。


他の、植木・加藤のコンビ映画では、
加藤が故郷を捨て、上京し、
植木さんがそれを追いかけるといったパターンが多いけど、
本作では逆。


さらに、物語は進んで、
ハワイ→ニューヨーク→ラスベガスへ。
本当に当時のナベプロは勢いがあったのね。
めっちゃ贅沢。


そして、広いアメリカで、
加藤茶は、
探している植木さんを必ず見つけるという(笑)。
有り得ないけど、
まぁ、こちらも、最初からそんなものだと思っているので、
特に文句はない(笑)。


加藤茶は、恋焦がれている小山ルミとも、
ニューヨークの公園でバッタリ再会。
その後、互いの気持ちを確認し合った2人が可愛かった。


クレージーキャッツの映画を観るようになった時、
個人的に、
メンバーの中で石橋エータローさんが一番気に入って、
彼を観るのが楽しみだったのだけれど、
70年に脱退してしまったのが残念。
喧嘩別れなどではなく、
病気が理由だそうだ。


評価 ★★★☆☆

nice!(62)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「君の膵臓をたべたい」 [映画]

kiminosuizowotabetai.jpg
〔2017年/日本〕


母校の高校で教師をしている僕(小栗旬)は、
図書室の本の整理をしながら、
生徒と話すうちに、
高校時代のクラスメイト山内桜良(浜辺美波)と過ごした、
数か月の出来事を思い出す・・・。


内気な高校生の僕(北村匠海)は、友達もなく、
一人で過ごすのが好きだった。
ある日、僕は病院の待合室で、
「共病文庫」とタイトルされた、
日記を拾う。


数行読んだそこには、
「自分は、膵臓病でもうすぐ死ぬ」と書かれており、
驚いていると、
持ち主が、クラスメイトの桜良だと知り、
さらに驚く。


以来、2人は友達になり、
デートするが、
桜良は入院。
そして一時退院して、
待ち合わせている時・・・。





試写会で観た。


この衝撃的なタイトルの本は、
以前から知ってはいたけれど、未読。


読んでから観るのも、
観てから読むのも、
その辺のこだわりは私にはないけれど、
(こだわりがあったとしても、
 すべてがそんなに上手くタイミングが合うわけないし)
これは、読んでから観た方が、
より楽しめるのではないかと思われる。
今回は仕方ないけど。


タイトルから、
おそらく難病ものかと想像がついたけれど、
やはり主人公の少女・桜良は、
膵臓に、重い病を抱えている。


そして言う。
体のある部分が悪い時は、
同じ部分を食べるといいらしい、と。
だから私は、
「君の膵臓をたべたい」と。


ラスト近くの桜良の、
「人が今ここにいるのは、
 運命でもない、必然でもない、
 自分で選んで、流れてきたんだ」
というセリフは、
なんとなく私が普段から思っている事と似ている気がして、
肯いてしまう。


僕と桜良は、
恋人同士というわけではない。
桜良は、僕を、
「仲良し君」と人に紹介する。


ほんっとにいい年して
笑われてしまうけど、
私は「仲良し」って言葉の語感や、
「仲良し」としか言いようのない関係が
とっても好きで、
自分も誰かと話している時、
よく、この言葉を使ってる気がする。


「恋人」や「友達」という言葉には、
何か含みがある場合も多いけど、
「仲良し」と言ったら、
それ以上でも、それ以下でもなく、
ひたすら
いい関係が連想されて。


場内は、泣いているかたが結構いるように
感じられた。
それから、隣の若いカップルは、
手を繋ぎ合って観ていたようだ。
いや、決してジロジロ見ていたわけじゃないです。
そんなもん、チラっと見ればわかる(笑)。
そして、この映画は、
そんな風にして観るのが、
正しい鑑賞法なのかもしれない(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(71)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「痴人の愛」 [映画]

chijinnoai.jpg
〔1960年/日本〕


河合譲治(船越英二)は、
職場で、「堅物」「君子」とあだ名される、
真面目で融通の利かない中年男。


しかし彼には、
誰にも話していない秘密があった。
池袋のアルバイトサロンで一目惚れした
若い女・ナオミ(叶順子)を引き抜き、
部屋に住まわせ、
譲治の理想の女として育てているのだ。


ナオミに英語やピアノを習わせ、
教養を身に付けさせようとする譲治だが、
彼女は、そのようなものには全く身が入らず、
ピアノ教室で知り合った男たち(田宮二郎・川崎敬三)と
遊び回っている。


「男たちとは遊ぶだけで、肉体的接触はない」と言う、
ナオミの言葉を無理矢理信じていた譲治だが、
ある日、
決定的現場を見てしまう。


怒り狂った譲治は、
ナオミを家から追い出すが・・・。





現在、角川シネマ新宿で開催されている、
「おとなの大映祭」。

otonanodaieisai.png

ラインナップの中に、
3回映画化された「痴人の愛」の、
ソフト化されていない、
叶順子版が入っていたので、
「やった!」と思い、早速出掛けた。


いいねぇ、
譲治とナオミのコンビは(笑)。


譲治はナオミを飼って(人間に使う言葉じゃないが)、
自分の思う通りの女にさせようとしているけれど、
実は、ナオミに翻弄され、
いいように扱われている。


譲治が仕事から帰ると、
家の中はぐちゃぐちゃ。
どんなに疲れていても、
お片付けする(笑)。


そして、
「ねぇぇ~、パパ~、お車買ってぇ~」と甘えられ、
最初は突っぱねても、
結局、買ってやる。


いや、彼が英語を教える場面などは、
結構、厳しいのだよ。
ただ、ナオミは全くやる気がない。
ナオミは、最初から、
譲治の思う通りの女になろうなんて気は
さらさらないし。


実際、譲治は、
ナオミにどうなってほしいのか。
教養を身に付けた、
貞淑な女?


でも、本当は彼は、
奔放な彼女に翻弄されている自分を
喜んでるんだよね?
もしナオミが、
貞女になったりしたら、
一番困るのは譲治なんじゃないかしら(笑)。


叶順子さんが、ナオミの突き抜けていている感じを
上手く演じている。
彼女は、ボーイフレンドたち全員と
関係しているけれど、
それを、
譲治に対する裏切りだとかは、
まるで思っていない、というか、
裏切りなんて概念さえないようで、
とにかく享楽的に生きているだけ。
羨ましく思う人も、実は多かったりして(笑)。


京マチ子さん版を観た時、
ラストが原作と違う気がしたけど、
こちらは近いかな。


さきほど、
「痴人の愛」は3度映画化されていると書いたけれど、
調べてみると、
どうやらもう1本、
「谷崎潤一郎『痴人の愛』より ナオミ 」という、
エロ映画っぽい作品が、
80年に劇場公開されているようだ。


これも観た方がいいんだろうか。
迷うけど、
観ないと、
「痴人の愛」を制覇したとは言えない気がするしなぁ(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(64)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

種村有菜 原画展 ~20th anniversary~ [美術]

tanemura3.jpg

現在、池袋の西武百貨店で開催されている、
漫画家・種村有菜さんの原画展に行ってきました。


誘ってくださった友人も、私も、
種村有菜さんの漫画は読んだことがなく、
知っている事といえば、
種村さん原作の「神風怪盗ジャンヌ」が
アニメになっているという事くらい。


でも、漫画を知らなくても、
友人も私も、
原画を見るのがとても好きなので、
喜んでお誘いをお受けしたというわけです。


会場に入ると、
お客様たちが、盛んに写真を撮っておられてビックリ。
知らなかったのですが、
この原画展は、
写真撮影OKなのだそうです。

tanemura2.JPG

それなら、と、
私も数枚撮らせていただきました。


漫画の原画展には何度か行っていますが、
毎回、その美しさには酔ってしまいます。

tanemura1.JPG

種村さんの絵も、
本当に綺麗でした。
全体的に、黒の服を着た女の子の絵が印象的。


今度、漫画を読んでみたいと思っています。

nice!(61)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ジョン・ウィック チャプター2」 [映画]

johnwick2.jpg
〔2017年/アメリカ〕


伝説の殺し屋・ジョン・ウィックが、
犬の仇を討ってから数日後。
あとは、盗られた車を取り返すだけだと、
保管場所に行き、
また、壮絶な殺し合いをする。


そんな彼の所へ、
イタリアンマフィアのダントニオが、
殺しの依頼をしにやってくる。
しかし、自分は足を洗った身と、
ダントニオを追い返す。


プライドを傷つけられたダントニオは、
ジョンの家にバズーカを撃ち込み、全壊。
妻との思い出いっぱいの家を失ったジョンは
怒りに震える。


ジョンの復讐を恐れたダントニオは、
世界中の殺し屋に、
ジョンの殺害を依頼する・・・。





試写会で観た。


前作で、
ワンコを殺され、
その復讐のために、
多数のマフィアを殺したジョン・ウィック。


今度は、その時奪われた愛車を
取り戻すべく、
冒頭から大立ち回りするんだけど、
車本体が武器のように、
ぶつけたり、ぶつけ返したりで、
大騒ぎ。
最初から、引き込まれる。


車を取り返したジョンは、
その後、
大量の武器を、自宅の床に戻し、
コンクリートで塗り固める。
それは、もう二度と殺しはしないという、
固い決心を表現する場面。


けれど、天才を世間が放っておくわけもなく、
やっぱり殺しの依頼が。
そして断るジョン。


しっかし、いくら殺しを断られたって、
腹いせに、
家にバズーカを撃ち込むかね(笑)。
バズーカというと、私はすぐ、
「早朝バズーカ」を思い出してしまうので
コントにしか見えなくて(笑)。


興味深かったのは、
ジョンを狙うダントニオが、
世界中の殺し屋に、
「7億円で、ジョンを殺せ」と
一斉送信する場面。


すると、そこら辺にいる、
一般人のような顔をした人たちのケータイが、
鳴り出す。
世界中の殺し屋って、
オンラインで繋がってるの?
私が知らないだけで、
そこらにそんなに沢山いるの?
あの人も?あの人も?あの人も?(笑)


ジョンの殺しっぷりで好きなのは、
絶対、敵の頭を撃つ事。
狙った相手は確実に殺す。
それが大事。


・・・って、あくまでも映画の話です。
こんな事を書いてはいても、
私は決して危ない女ではないです(と思う(笑))。


評価 ★★★☆☆

nice!(78)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画