So-net無料ブログ作成

「悪魔祓い、聖なる儀式」 [映画]

akumabarai.jpg
〔2016年/イタリア〕


試写会で観た。


悪魔祓いで有名な、
イタリア・シチリア島のカタルド神父。
この神父の教会での様子に密着した、
ドキュメンタリー映画。


最初から茶化してはいけないけど、
「悪魔」のいる国はいいなぁと、思ってしまう(笑)。


映画の最初の方で、
小学生くらいの男の子を連れた両親が、
カタルド神父に、
なにやら訴える。


「この子は、学校の先生に暴言を吐き、
 唾を吐きかける。
 悪魔が憑りついているに違いありません」と。


もし日本で、そのような子供がいたとしたら、
親の躾を問題視するか、
脳や精神に、何か病を抱えているのかも、と
そちらの心配をするだろう。
悪魔云々なんて、親が言うとは思えないし、
本気で言っている親がいるとしたら、
まず親の方から、検査を勧められる・・・ような気がする。


他の人たちも似たり寄ったり。
恋人に暴力を振るってしまうのも、悪魔のせい。
人生が上手くいかないのも、悪魔のせい。


もちろん、神父が話を聞いてくれて、
悪魔祓いをして、
それでスッキリするなら、
悪い事とは思わない。
ある種の、カウンセリングみたいなものだろう。


ただ、観ていて、
一部、悪魔祓いより、
本気で病院に行った方がいいのではと
思う人がいる。
私も専門家ではないので、
余計なお世話なんだろうけど。


映画は、ひたすら神父を追い、
ナレーションは一度も入らない。


この、ナレーションが入らないという部分が、
日本人にはとっつきにくいかも。
西洋人のように、
悪魔祓いについて肌で理解できないので
解説が入らない映像を
ただ見せられているのは辛い。


これがNHKのドキュメンタリーだったら、
日本人好みの映像に
仕上がるんだろうなぁ(笑)。





今回の試写会は、
劇場ではなく、
ライブハウスで開催されました。
私は、そのような形での試写は初めての体験なので、
とても面白く、珍しく、楽しく感じました。


私は、劇場で飲食をするのは
あまり好きではないと、
何度か書いた事があるのですが、


今回のように、きちんとテーブルがあるなら、
軽食を食べながら映画を観るというスタイルも
悪くなかったです。


もちろん、音を立てたり、
お喋りしたり、ケータイを見る、鳴らす、
などの行為は、
今まで同様、御法度ではありますが。


私は、隅っこの、
ゆったりとしたソファー席を選んだのですが、
自宅で観ているように心地良かったです。


評価 ★★★☆☆

nice!(71)  コメント(14) 
共通テーマ:映画

「ザ・サークル」 [映画]

thecircle.jpg
〔2017年/アメリカ〕


フリーターのメイ(エマ・ワトソン)は、
正社員になるべく、
仕事を探していたところ、
憧れていた、
巨大SNS企業、「サークル」に採用され、
有頂天になる。


社長・ベイリー(トム・ハンクス)の
目に留まったメイは、
ある計画の実践者に抜擢される。


それは、「サークル」が開発した、
超小型カメラを24時間、身に付け、
自分の生活全てを晒す、というもの。


メイの顔と名前は、
全世界にネット配信され、
たちまち
アイドルのような存在になってゆく。


ところが、
彼女のした事で、
友達が傷つき、
ついには大事件が・・・。




試写会で観た。


ネットに、どハマリしようが、
PCやスマホとは無縁で生活しようが、
それは人の勝手。
自由にすればいい。


SNSを活用するにしても、
発信する内容については、
人それぞれ。


自分の私生活を日記風に書く人、
自分の作り出した作品を披露する人、
日々起こるニュースをピックアップし、自分なりの感想を書く人、
趣味だけに絞って、それについて綴る人、
などなど、様々で、
それはそれ、好きにすればいい。


ただ、自分の価値観を人に押し付けたり、
自分がしている事と同じ事を、
他人に強いるのは、
良くない。
これは、今のネット社会に警鐘をならす映画だ。


ある人にとっては、
何でもない事が、
人によっては大変な苦痛に感じる事がある。
自分の私生活を晒す事に、
それほど抵抗のない人もいれば、
絶対に嫌だという人もいる。
そこを理解しなければ、
どんなに口先で、
「みんな違って、みんないい」なんて言ったって、
それは、嘘くさい、上っ面だけの言葉になってしまう。


主人公のメイの友達は、
メイとは違う価値観の持ち主だ。
けれど、メイがした、
ある出来事がきっかけで、
辛い状況に陥ってゆく。


詳しくは書かないけど、
友達は追い込まれる。
観ているこちらが
「しつこい!しつこい!しつこい!もうやめてあげて!」と
叫びたくなるような。


トム・ハンクスが怖い。
善人役が多い彼が、
何か含みのある会社の社長役をすると、
本当に腹黒く見える。
暴力を振るうタイプの悪人でなく、
何かゾっとするような悪人。


メイが24時間付けているカメラのせいで、
両親の性行為中の場面が映されてしまうに至っては、
何をかいわんや。
最悪。
そのせいで、彼女は両親と連絡が取れなくなる。
当然だろう。


色々考えさせられる。
私も気を付けねば、と思わされる場面多数。


評価 ★★★☆☆

nice!(61)  コメント(14) 
共通テーマ:映画

星輝美さんトークショー [できごと]

昨日書いた、「少女妻 恐るべき十六歳」の上映後、
主演の星輝美さんのトークショーがあり、
そのまま残って見させていただきました。

hoshiterumi2.jpg
※お若い頃の星さん。可愛い♪


星さんは、数本の映画にご出演なさったのち、
ご結婚して引退されたそうで、
公の場に出てくるのは、
なんと55年ぶり。
今までも、何度もオファーがあっても、
全てお断りなさってきたそうで、
ファンの方にとって、このイベントは、
ご登壇というより、
ご降臨と言った方がいいようです。

hoshiterumi.jpg


星さんのファンの方が、
どれだけ多いかは、
当日の劇場の様子からも、分かります。

hoshiterumi.jpg


座席が全て埋まったのは当然として、
立ち見、
そして、通路に座る方まで出る始末。
大盛況でした。

hoshiterumi3.jpg

星さんのお姿は、
キュートな20代の頃のまま、
少し年を重ねたかな、というくらいの
可愛らしく、素敵なまま。


そして、お話は、
55年ぶりに人前に出たとは思えないくらい面白く、
劇場内は爆笑の渦。


特に、ご結婚前にお付き合いされていたという
菅原文太さんとのエピソードは、
本当に面白かったです。


文太さんと恋人同士だった星さんですが、
8歳年上の文太さんは、
いつしか父親のような存在になってしまい、
「ウザくなっちゃって」と(笑)。
そんな中、
現在の旦那様と知り合い、
旦那様は、
「星さんを譲ってほしい」と
文太さんにお手紙を書かれたとか。


あの、菅原文太がウザがられ、
そして、フラれる・・・
凄いエピソードです(笑)。
もちろん、無名時代のお話で、
星さんは、
「彼があれほどの大スターになるなら、
 結婚しても良かったわね」と言われ、
また爆笑。


素晴らしい時間を過ごさせていただきました。
星輝美さん、本当にありがとうございました。

nice!(70)  コメント(18) 
共通テーマ:映画

「少女妻 恐るべき十六歳」 [映画]

shojoduma.jpg
〔1960年/日本〕


16歳のユキ(星輝美)は、
ヤクザの組が仕切る、
売春組織で働いている。
戦争で家族を失った彼女にとって売春は、
生きるための手段だと思っている。


ところが、チンピラの五郎(鳴門洋二)と
親しく会話するようになってから、
ユキの気持ちに変化が現れる。
五郎と一緒にいたい、
ここから抜け出したい、と。


そんな中、逃げようとした、
仲間のひろ子と、ひろ子の恋人・本間が、
見せしめのように殺される。


ユキと五郎の気持ちは、
それでも変わらない。
2人の本気を見た、
ベテラン売春婦・銀子は、
彼らを、
河口湖に住む、かつての恋人の所に
逃がそうと画策するが・・・。





タイトルはセンセーショナルだけど、
内容は、写真からも分かるように、
ちょっと爽やかな恋愛ものっぽい。


もちろん、ショックな場面は多い。
まだあどけない16歳前後の少女たちが、
ヤクザに見張られながら、
売春したり、美人局しながら、
日銭を稼ぐなんて。


ただ、少女たちにズベ公感があまりなく、
売春は生活のために仕方ないといった雰囲気なのが、
不潔さを感じずにいられる一因なのかもしれない。


ユキが「仕事」を終えて、
部屋に帰ると、男が部屋で待っている。
私は「少女妻」というのは、
この男が夫で、
ユキが妻という意味だと思っていたのだけれど、
どうやら、こやつは単なるヒモらしい。


しかも、ヤクザたちは、
「人事異動」と称して、
これからは月1回ずつ、
ヒモを入れ替えるという、勝手な掟を作り出す。
物凄く嫌な気持ちになる。
女を一体何だと思っているのか。


そんな中、芽生えた、
五郎との恋。


2人が遊園地でデートした場面は、
闇社会の映画とは思えないくらい可愛く、爽やか。
現に2人は、
見知らぬ女子高生から、
「”現代の若者たち”というテーマで写真を撮らせてほしいと」言われる。
何も言わなければ、
売春婦とチンピラの組み合わせなどとは
とても見えないからこそ、声を掛けられたのであろう。


けれど、ユキは激しく怒り出す。
それは、声を掛けられた事に怒ったのではなく、
自分と同じ年頃の少女が、
制服を着て、
青春を謳歌している事への怒りと苛立ち。
そう、ユキは、
根はとても真面目なのだ。
学校に行きたいと話す場面もある。


その後の2人の逃避行は緊張するけど、
いつの間にか、
天知茂と宇津井健が主役のようになっちゃってるのが
ご愛嬌(笑)。


まぁ、
闇社会、青春、ハードボイルドと、
色々味わえるから、いっか(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(58)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

「女獣」 [映画]

meju.jpg
〔1960年/日本〕


現金輸送車が襲われ、
犯人グループの一人・秀子が、
内輪揉めの末に殺される。


婦人警官の瀬川路子(松浦波路)は、
囮捜査のため、
新宿のヤクザが仕切る、
ズベ公グループの一員になる。


グループの中で、
女たちから一目置かれている朝子(小畑絹子)は、
どこか品があり、
路子は彼女にシンパシーを感じる。


朝子と親しくなるうちに、
彼女が、昔殺された父親の仇を取るために、
ヤクザの情婦になった事が分かる。


ところが、朝子が机に隠していた拳銃が、
秀子を殺したものと
同一なのが分かり・・・。





強烈なタイトルだけれど、
内容は、
囮捜査のため、
新宿の闇組織に潜入する
婦人警官の物語。


しっかし、
この映画のように、
女性が潜入捜査するなんて事、
現実にあるんだろうか。


とにかく、危ないったらない。


ヤクザに、自分の情婦になれと言われ、
ホテルに連れ込まれ、
貞操を奪われそうになったり、


ホテルから逃げたら逃げたで、
それに腹を立てたヤクザから、
覚せい剤を打たれそうになったり。


映画だから、
すんでの所でいつも助かるけど、
現実だったら、
そういつも、上手く逃れられるとは思えない。
囮捜査というものが、
現実にあるとするなら、
そういった時は、
どうやって難を切り抜けるのであろうか。


ところで、
覚せい剤を打たれそうになった路子を助けた時の、
朝子のセリフがいい。
「あんた、ヤクの力を借りなきゃ、
 女をモノにする事もできないのかい!」と。


全く全くその通り。
この種の男って、
暴力や薬で女を自由にしようとするけど、
一体何が楽しいというのか。
体をモノにしても、
心まではモノにしていない。
もっと自分の魅力で、
女に本気で惚れられてみろって。


路子とは立場も状況も違うけれど、
朝子も、ある種の囮みたいなもので、
元々、真面目な人間なのに、
今は、完全に薬中になってしまっている。
父の仇のために、そんな事に・・・
と思うと、可哀想でならない。


色々あるけど、
ラストは強引に解決(笑)。
それなりに面白かった。


評価 ★★★☆☆

nice!(60)  コメント(15) 
共通テーマ:映画