So-net無料ブログ作成

23区内全駅制覇・JR横須賀線 [23区内全駅制覇]

JO16.西大井駅
     yokosuka16.JPG

JO17.品川駅
     yokosuka17.JPG

JO18.新橋駅
     yokosuka18.JPG

JO19.東京駅
     yokosuka19.JPG


--------------------


全駅制覇、15回目の掲載は、
JR横須賀線です。


西大井駅には、
某国民的中年男性アイドル
(最近、娘さんがモデルデビューしたあのお方)
のお母様がプロデュースしているという
ラーメン屋さんがあり、
数年前、食べに行った際に(←ミーハー(笑))
写したものだと記憶しています。


最近、友人が久し振りにお店の前を通ったら、
残念な事に、すでに閉店したいたそうです。


--------------------


※以下に、このカテゴリーの1回目に書いた文章を
 一応貼り付けておきます。
 初めて来られたかたは、
 駅名表示板が並べられているのを見ただけでは、
 わけが分からないと思いますので(笑)。


--------------------


いつの頃だったか、
都内の初めての駅に降り立った時、
せっかく来たのだからと、ホームの駅名表示板を
写真に撮った事がありました。


そんな事が何回か続いた時、
23区内に駅っていくつあるんだろう、
全て制覇したら面白いだろうな、と考えるようになり、
数年間かけて、
先日、やっと全駅制覇を完了いたしました。


条件は、
駅は、必ず改札を入るか出るかする、
もしくは、
違う路線に乗り換える事。
駅に降りて、写真だけ撮って、また乗るというような
「ズル」はしていません。


駅は、数え方にもよるのでしょうが、
延べにして720ほどあります。
当初はブログにアップしようとは全く考えていませんでしたが、
友人にこの事を話しましたら、
ぜひ見てみたいと言われましたので、
順次、載せていこうと思います。


駅を降りたあと、
周辺を、少し歩いてみたりもしましたが、
とりあえず、「一周目」は全制覇が目標でしたので駆け足で、
「二周目」に、街歩きのような事をしてみたいと
考えています。

nice!(48)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「ガザの美容室」 [映画]

Ghazzahnobiyoshitsu.jpg
〔2015年/パレスチナ〕


クリスティンは、
パレスチナ地区のガザで、
美容院を経営している。


そこには、
様々な女性が集ってくる。
離婚調停中の主婦、
結婚を控えた娘、
出産間近の女性・・・。


通りの向こうで
発砲音が聞こえ、
美容院の中でも、
軽い諍いが起こる。


けれど、女の一人が言う。
「戦争を始めるのは、いつも男。
 私たちが争ったら、それは男と同じになってしまう」と・・・。





試写会で観た。


もう全く、
私たち日本人にとっては、
ニュースの中でしか知らない、
非日常な世界が、


この映画の登場人物たちにとっては、
日常の出来事で、
このような国に生まれていたら、
そりゃあ、
人生も全然違っただろうというのが、
最初の感想。


美容室の中には女性しかいないけれど、
外では普通に、
銃撃音が聞こえているし、


それから、ビックリしたのが、
ライオンを連れた男が普通にいる事。


その男が、
嫌がらせのように、
美容院の前にライオンを座らせる。


日本でそんな事があったら、
街中がパニックになり、
大変なニュースになるだろう。


面白く思ったのは、
日本でも、
江戸時代、
床屋さんは、人が集まる交流の場所だったそうだけど、
こんなに文化が違う場所でも、
それは同じなんだなぁ、って事。


なんだろう、
髪をいじられる場所って、
人を開放的にするんだろうか。


とはいえ、
私は、ここ20年くらい、
美容院に行った事がなく、
髪はいつも自分で切っている。


別に美容院が嫌いなわけではないのだけれど、
行くのが面倒くさい(笑)。
だから、美容院をサロンのように思った事はないのだけれど。


・・・と、ここまで書いて思い出した。
美容院に行った事、
あるではないか。
ブログにも書いたんだ。


それはカンボジアに行った時。

http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2011-11-11-2

あれは楽しい体験だった。


評価 ★★★☆☆

nice!(50) 
共通テーマ:映画

「キスできる餃子」 [映画]

kissdekirugyoza.jpg
〔2018年/日本〕


イケメン大好き藤田陽子(足立梨花)は、
顔だけで選んだ夫に捨てられ、
幼い娘を連れて、
宇都宮の実家に帰る。


実家の餃子屋を継げばいいや、と、
考えていた陽子だったが、
実家に着いて愕然。
腰を悪くした父は、
もうとっくに、店をたたんでいたのだ。


陽子は、店を再開させようとするが、
陽子の結婚に猛反対だった父は、
出戻ってきた彼女に、
「自分は絶対手伝わない」と宣言。


陽子は、
自力で美味しい餃子の開発を始めるが、
中々うまくはいかない。


そんなある日、
新聞配達員・亮(田村侑久)に出会った陽子は、
またまた、イケメン好きの虫がムズムズと。
しかし、実は彼の正体は、
スランプで苦しむプロゴルファーだったのだ・・・。





試写会で観た。


夫に捨てられたシングルマザーが、
実家の宇都宮に帰って、
餃子店の再開に奮闘し、
さらに、恋をする、という物語。


「ご当地映画」と、
ホリプロのコラボと考えれば
いいのだろうか。
特に大きな矛盾点もないので、
ツッコミどころもなく、
気楽に観られる。


まぁ、現実離れしているとするなら、
恋に落ちる青年が、
実は、有名なプロゴルファーだったって部分。


ただ、そこも、
分からなくもない。
私も、ゴルフは全く知らないし、
有名なプレイヤーさんが目の前にいたとしても、
全く気付かないだろうから。


タイトル通り、
餃子が何度も出てくる。
餃子は大好きなので、
人物より、
そちらが気になる。
空腹の時、
観ない方がいいかも(笑)。


タイトルの、
「キスできる餃子」とは、
にんにくなどが入っていない餃子の事で、
主人公が考え出した、
乙女な(?)餃子の事らしいけど、


やっぱり、餃子には、
にんにくがいっぱい入っていた方が、
美味しい気がする。


デートの時は、2人で、
同じにんにくの入った餃子を食べればよろしい、
と思うのは、
私が、乙女でないからか(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(60)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

23区内全駅制覇・東京メトロ丸ノ内線 [23区内全駅制覇]

M01.荻窪駅
     marunouchi01.JPG

M02.南阿佐ヶ谷駅
     marunouchi02.JPG

M03.新高円寺駅
     marunouchi03.JPG

M04.東高円寺駅
     marunouchi04.JPG

M05.新中野駅
     marunouchi05.JPG

M06.中野坂上駅
     marunouchi06.JPG

M07.西新宿駅
     marunouchi07.JPG

M08.新宿駅
     marunouchi08.JPG

M09.新宿三丁目駅
     marunouchi09.JPG

M10.新宿御苑前駅
     marunouchi10.JPG

M11.四谷三丁目駅
     marunouchi11.JPG

M12.四ツ谷駅
     marunouchi12.JPG

M13.赤坂見附駅
     marunouchi13.JPG

M14.国会議事堂前駅
     marunouchi14.JPG

M15.霞ヶ関駅
     marunouchi15.JPG

M16.銀座駅
     marunouchi16.JPG

M17.東京駅
     marunouchi17.JPG

M18.大手町駅
     marunouchi18.JPG

M19.淡路町駅
     marunouchi19.JPG

M20.御茶ノ水駅
     marunouchi20.JPG

M21.本郷三丁目駅
     marunouchi21.JPG

M22.後楽園駅
     marunouchi22.JPG

M23.茗荷谷駅
     marunouchi23.JPG

M24.新大塚駅
     marunouchi24.JPG

M25.池袋駅
     marunouchi25.JPG



--------------------


全駅制覇、14回目の掲載は、
東京メトロ丸ノ内線です。


丸ノ内線は、普段はあまり乗らない路線です。


別に嫌いなわけではないのです。
私の生活圏にかすらないうえに、
新宿や池袋や東京に行くのには、
別の地下鉄のルートがあるので、
乗りたくても、乗る機会がないのです。


丸ノ内線カラーの赤は、
目立つのでとても好きです。


--------------------


※以下に、このカテゴリーの1回目に書いた文章を
 一応貼り付けておきます。
 初めて来られたかたは、
 駅名表示板が並べられているのを見ただけでは、
 わけが分からないと思いますので(笑)。


--------------------


いつの頃だったか、
都内の初めての駅に降り立った時、
せっかく来たのだからと、ホームの駅名表示板を
写真に撮った事がありました。


そんな事が何回か続いた時、
23区内に駅っていくつあるんだろう、
全て制覇したら面白いだろうな、と考えるようになり、
数年間かけて、
先日、やっと全駅制覇を完了いたしました。


条件は、
駅は、必ず改札を入るか出るかする、
もしくは、
違う路線に乗り換える事。
駅に降りて、写真だけ撮って、また乗るというような
「ズル」はしていません。


駅は、数え方にもよるのでしょうが、
延べにして720ほどあります。
当初はブログにアップしようとは全く考えていませんでしたが、
友人にこの事を話しましたら、
ぜひ見てみたいと言われましたので、
順次、載せていこうと思います。


駅を降りたあと、
周辺を、少し歩いてみたりもしましたが、
とりあえず、「一周目」は全制覇が目標でしたので駆け足で、
「二周目」に、街歩きのような事をしてみたいと
考えています。

nice!(73)  コメント(16) 
共通テーマ:映画

「サラエボの叫び」 [映画]

sarajevonosakebi.jpg
〔2017年/ボスニア・ヘルツェゴヴィナ〕


試写会で観た。


ヘヴィメタルバンド、アイアン・メイデンのボーカル、
ブルース・ディッキンソンが、
1994年に、
当時、戦時下にあったサラエボで、
ライブを行った時の様子を描いたドキュメンタリー。


時々書いているけれど、
私はヘヴィメタやハードロックが大好きなので、
この試写会に行ける事になって、
とても嬉しかったし、楽しみだった。
もちろん、アイアン・メイデンも好きなバンドの一つだ。


ただ正直、このような試写会に、
観客が来るのかという思いで、
劇場に向かったのだけれど、
なんと、超満員でビックリした。


しかも、
アイアン・メイデンのTシャツ着用率めっちゃ高し(笑)。
ヘヴィメタ、ハードロックのファンは、
まだまだ沢山いる。
そういえば、去年行った、
ナイトレンジャーのライブも満員だった。
 ↓
http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2017-10-11
なんか、嬉しい(笑)。



映像は、
いわゆる戦場カメラマンのような、
戦争に慣れているかたが撮っているのではないようで、
その分、とても生々しい。


カメラの目の前で、
幼い少年が、
頭を撃ち抜かれて死ぬ場面まである。
かなりの緊迫感。


映画の中でも言われる事だけど、
サラエボといえば、
1984年に、冬季オリンピックが行われた地だ。


オリンピックといえば、
平和と豊かさの象徴だと思うのだけれど、
(イメージだけかもしれぬが)
たった10年で、
一体何があって、内戦などという事態に陥ったのか。


けれど、そんな中でも、
ブルースは、ライブを敢行し、
人々は熱狂する。


やっぱり音楽はいい。
たとえ戦時下にあっても、
音楽を愛する心を、
人々は忘れてはいない。




映画の前に、
ハードロック評論家の伊藤政則さんが登壇され、
映画の解説をしてくださったのだけれど、


私は、10年ほど前、
イベントで伊藤さんと、
ほんのちょっとだけ会話した事があって、
1人勝手に、懐かしさを感じてしまった。


というのも、
大好きだった、あるドイツ人の女性ロッカーが来日した際、
30人ほどの小さなイベントに行ったのだけれど、
開催前に、
その女性ロッカーへの質問を書く紙を渡された。


憧れのロッカーと、
通訳さんを介してでも会話をするためには、
何とかして、質問を読んでもらわなくてはならない。
そのためには、
人と違う事を聞かなくては駄目だと考え、
「〇〇さんは、とてもお綺麗ですが、
 お化粧品はなにを使っているのですか?」と書いて出した。


すると、やった!(笑)
司会をされていた伊藤さんが、
私の質問を読んでくださったのだ(笑)。


その時、
ちょっとだけ、会話した、というわけで。
もちろん、女性ロッカーも、
私の質問に、
とても丁寧に答えてくださり、
嬉しかった事を思い出す。


すみません、
映画とは何の関係もない、
つまらない思い出話でした(笑)。


評価 ★★★☆☆

nice!(59)  コメント(4) 
共通テーマ:映画