So-net無料ブログ作成

DANCING CRABでのお食事 [できごと]

IMG_2649.JPG


昨日、女友達と新宿で待ち合わせた際、
出掛ける前に何か食べようという話になりました。


友人が、どうしても行ってみたいお店があると言うので、
向かったのが「DANCING CRAB」。
映画好きの方なら、
「シネマカリテ」さんのある場所の一画と言えば、
分かると思います。


人気のお店らしく、
夜は予約なしでは難しいとの事。
この時は昼でしたので、なんとか入る事ができました。


まず、目立つのが、
店内に、横長の手を洗う場所がある事。
友人曰く、
このお店のお食事は、
全て手で食べるんだとか。
え?手で食べる?
一体どういう事?と私はビックリ。

IMG_2652.JPG


カニ型のカチューシャ。
お食事中、これを付けるのは義務・・・
ではありませんが(笑)、
ちょっとした遊びのようです。

IMG_2654.JPG


お料理を注文すると、店員さんが、
テーブルに紙を敷いてくれます。
手で食べるだけでなく、食器も無いとの事で、
お料理はこの紙の上に直接乗せるんですって。

IMG_2651.JPG


まずはサラダ。
こちらは紙に包まれて登場。

IMG_2655.JPG


次に、
パン、マカロニ、ライスコロッケ、ポテト。

IMG_2656.JPG

そしてメイン。
カニ、エビ、貝、ベーコン、野菜などが、
大きなビニール袋に入って持ってこられ、
それをテーブルの上にザーッと乗せられる。

IMG_2658.JPG

味付けのソースは、
何種類かの中から選ぶ。
私たちが選んだのは、レモンガーリック。
とっても美味しい。


楽しくお食事していると、
突然、店内の雰囲気が変わる。
音楽がめっちゃ大きな音で流れ出して、
「な、何事?」と思ったら、
ウエイトレスの女の子たちの
ダンスが始まってビックリ。
そっか、お店の名前、「DANCING CRAB」って
この事なのね。
ただ、踊ってる女の子たちの写真を撮ろうにも、
手づかみのお食事のせいで、
手がベトベトで、スマホが持てない(笑)。

IMG_2668.JPG


お会計の時、女の子に、
「楽しかったです」と言ったら、
「ありがとうございます。
 ダンスはオリジナルで、みんなで練習しています」と言われました。
可愛くて、明るくて、とても感じの良い応対に、
幸せな気持ちになりました。


お食事をブログに載せるのは、
テーマが違うので、
今までした事がなかったのですが、
ちょっと面白い体験だったので、
記してみたくなりました。

nice!(67)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ゴースト・イン・ザ・シェル」のジャパンプレミアへ [できごと]

ghostintheshell.jpg

16日に、歌舞伎町で行われた、
映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」の
レッドカーペットイベントに行ってきました。


いただいていた整理番号が88番で、
割と早い方かな、と喜んでいたのですが、
のんきに出掛けたせいか、
現場では一番後ろ(笑)。


そのポジションじゃ、
スターの皆様を見るのは無理かな、と、
最初から諦めモード。


でも、始まってみると、
人々がもうどんどん前に出て、
その状況は、満員電車(笑)。
かくいう私も、
人に押されてどんどん前に行っちゃって、
気が付いたら、
最前列へ(笑)。


とりあえず、撮れた写真を
何枚かアップします。





主演のスカーレット・ヨハンソン。
まさか彼女を肉眼で、
しかも至近距離で見られる日が来るとは、
夢にも思っていなかった。

DSCN0413.JPG

なんて美しいの。
うっとりしちゃう。

DSCN0418.JPG

皆様、サインを求められていたけど、
私はサインは特に欲しくないので、
とにかく記憶と、写真に残す事に専念。
なんとか隙間から撮る(笑)。

DSCN0416.JPG


お背中までパーフェクト。

DSCN0427.JPG



フランスの大女優・ジュリエット・ビノシュ。
さすがの貫禄。

DSCN0405.JPG


私はあなたの映画、「ポンヌフの恋人」が大好きです、
と言いたかったけど、言えなかった。
フランス語が話せない事を思い出した(笑)。

DSCN0403.JPG





後ろ手を組んでいるのが、
北野武さん。
私はこのブログで、
「日本の芸能界で一番好きな人は北野武」と
何度も書いているくらい、
彼が好き。
他のタレントさんに、どんなに熱を上げたとしても、
最後に帰るのはこの人の所だと思ってる。


取材ばかりが多くて、
こちら側に来られなかったのが残念。
でも、写真はないけど、
肉眼でそのお顔はありがたく見させていただいた。
やっぱり好き。大好き。

DSCN0407.JPG

nice!(58)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

TOHOシネマズのギフトカード [できごと]

先日、私のちょっとした祝い事の日に、
お友達のAちゃんから、
宅配便が届きました。


中に入っていたのは、

tohocinemagiftcard2.JPG

TOHOシネマズのギフトカードです!


なんてなんて、
私にピッタリの贈り物なのでしょう。


私の趣味をよく理解してくださっているAちゃん。
Aちゃんの優しさやご親切は、
いつも感謝してもしきれないくらいありがたく、
こんな私と仲良くしてくださっている事を、
とても幸せに思っています。

tohocinemagiftcard1.jpg


TOHOシネマズのギフトカードが
こんなに可愛いデザインだった事も知りませんでした。
嬉しくて、
PCの机の横に置いて、
一人ニコニコしています。


本来、このような事は、
Aちゃんと私の間だけで、
やり取りすればいいのでしょうけれど、
嬉しすぎる贈り物を、
ブログという記録に残しておきたくて、
こうして記しています。


これから面白そうな映画が目白押しなので、
このカードで何を観ようか、
早速、書き出しては迷っています。
いつも私のブログを見てくださっているというAちゃん。
本当にどうもありがとう。

nice!(88)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

川口アパートメント [できごと]

私がこのブログで、
もう、しつこいくらいに大好きだと書いている、
俳優・川口浩様。


1987年に51歳という若さで亡くなった浩様のお姿を、
私は古い映像でしか見る事はできないけれど、
実は、彼が残したものは、
映像以外にもある。

DSCN0363.JPG


それは、文京区春日にある、
「川口アパートメント」。

DSCN0369.JPG

先日、天気も良く、
気持ちのいい日に、
お散歩がてら、
久し振りに行ってみた。

DSCN0364.JPG

DSCN0366.JPG

1964年に作られたという、
このマンションは、
当時、大変にモダンで、
加賀まりこさん、安井かずみさん、
千葉真一・野際陽子ご夫妻など、
時代の最先端をいく著名人が、
多数暮らしていたという。


浩様・野添ひとみご夫妻、
そして、
浩様のご両親の
川口松太郎・三益愛子ご夫妻も、
ここに住まわれていたそうで、
ここに来ると、
浩様や野添さんの一部に触れたような、
不思議な感慨にとらわれて、
胸がときめく。





内装については、
ネットに落ちていた、
古い写真をお借りします。

kawaguti05.png

kawaguti07.png

kawaguti02.png

 ↑
外国製だというガスレンジや、
それまで日本にはなかった、
シャワーバスやベッドルームなど、
本当に斬新だったそう。





最近は、空室が出ると、
リノベーションしてから
入居者を募集するようで、
 ↓

1002_2s.jpg

1002_4s.jpg

1002_5s.jpg

1002_8s.jpg

室内はとても綺麗に変わっているけれど、


私は、
古くても、不便でも、
レトロモダンな
リノベーション前の方が、
ずっと好き。





外観の写真を撮っている間にも、
住人の皆さんが、
エントランスから出入りしている。


この方々は、
ここを、川口浩様のマンションだと知って、
住む事を決めたのだろうか。
それとも、不動産屋さんに勧められたのか。


住人の方の中に、
「自分は川口浩様のマンションに住めて幸せ」
なんて思っている人は・・・・・・
きっといないよね(笑)。
でも、私は心から羨ましい。
「皆さんはお幸せですね」と、
心で声を掛けてしまう(笑)。


写真を撮っている私を、
訝し気な顔で見ているかたもいる。
当たり前だ。
人が見たら絶対不審者だ(笑)。



建てられて50年以上も経つ、
このマンションも、
必ずいつか取り壊される日が来るだろう。


そうなる前に、
ここに、短期間でもいいから住んでみたいというのは、
私の「してみたい事リスト」の中の一つだ。

DSCN0373.JPG

nice!(72)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

自転車の鳥 [できごと]

2年ほど前だろうか。
会社の帰りに、通りを歩いていたら、
私の横を走り抜けていった
若い女性の乗った自転車のハンドル部分に、
鳥が乗っている・・・ような気がした。
いや、まさか。
鳥をそんな風に連れ歩く人など、
少なくとも私は、今まで見た事がない。
目の錯覚だ、何かと見間違えたんだろう、と思った。


それから数か月した頃、
鳥の甲高い鳴き声が後ろから聞こえ、
また自転車の女性が私を追い越して行った。
その時、傍を歩いていた見知らぬ高校生の男の子と目が合い、
驚いたような表情から、
その子が、
「い、今の、鳥ですよね!?」と
心で言っているのがハッキリと分かった。


鳥を連れた女性は間違いなく存在する。
私は確信し、この物見高い性格から、
いつか、もっとしっかりとこの目で確認したいと
思いながら、今まできた。


そして昨日。


帰り道、
なんと交差点で、件の女性が鳥を連れ、
信号待ちをしているところに遭遇した。


「うわー、どうしよう、話しかけたい。
お写真を撮らせてほしい。でも迷惑かな、
断わられたら恥ずかしいな」


と様々な思いが去来したけれど、
人生のチャンスは一度だけだと思った方がいい。
この機会を逃して、
彼女に二度と会えなかったら、
どんなに後悔するか分からない。


思い切って声を掛けたところ、
女性はとても親切に応対してくださった。
やはり、よくこの通りを鳥を連れて走っているだそうだ。
写真撮影も快諾してくれた。

tori1.JPG

tori2.JPG

しっかし、私も鈍臭い。
見知らぬ人に話しかける事であがってしまい、
鳥の種類など、
何も聞かなかった事に、
あとになって気が付いた。


写真では暗くて、分かりにくいけれど、
尻尾が赤いのが特徴なのだそうだ。


次にお会いした時に聞いてみたい。
といっても、
昨日のような上手いタイミングで遭遇できるかどうか、
それが一番難しい問題なのだけれど。

nice!(79)  コメント(40)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画