So-net無料ブログ作成
検索選択

自転車の鳥 [できごと]

2年ほど前だろうか。
会社の帰りに、通りを歩いていたら、
私の横を走り抜けていった
若い女性の乗った自転車のハンドル部分に、
鳥が乗っている・・・ような気がした。
いや、まさか。
鳥をそんな風に連れ歩く人など、
少なくとも私は、今まで見た事がない。
目の錯覚だ、何かと見間違えたんだろう、と思った。


それから数か月した頃、
鳥の甲高い鳴き声が後ろから聞こえ、
また自転車の女性が私を追い越して行った。
その時、傍を歩いていた見知らぬ高校生の男の子と目が合い、
驚いたような表情から、
その子が、
「い、今の、鳥ですよね!?」と
心で言っているのがハッキリと分かった。


鳥を連れた女性は間違いなく存在する。
私は確信し、この物見高い性格から、
いつか、もっとしっかりとこの目で確認したいと
思いながら、今まできた。


そして昨日。


帰り道、
なんと交差点で、件の女性が鳥を連れ、
信号待ちをしているところに遭遇した。


「うわー、どうしよう、話しかけたい。
お写真を撮らせてほしい。でも迷惑かな、
断わられたら恥ずかしいな」


と様々な思いが去来したけれど、
人生のチャンスは一度だけだと思った方がいい。
この機会を逃して、
彼女に二度と会えなかったら、
どんなに後悔するか分からない。


思い切って声を掛けたところ、
女性はとても親切に応対してくださった。
やはり、よくこの通りを鳥を連れて走っているだそうだ。
写真撮影も快諾してくれた。

tori1.JPG

tori2.JPG

しっかし、私も鈍臭い。
見知らぬ人に話しかける事であがってしまい、
鳥の種類など、
何も聞かなかった事に、
あとになって気が付いた。


写真では暗くて、分かりにくいけれど、
尻尾が赤いのが特徴なのだそうだ。


次にお会いした時に聞いてみたい。
といっても、
昨日のような上手いタイミングで遭遇できるかどうか、
それが一番難しい問題なのだけれど。

nice!(79)  コメント(40)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のジャパンプレミアへ [できごと]

FANTASTICBEASTS 1.jpg


おぉぉぉぉぉ!
エディ・レッドメイン様だぜい!
生だぜ!!
本物だぜい!!!


という事で、
昨日、友人と、六本木で行われた、
「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の
ジャパンプレミアに行ってきました。


まずは受付で入場パスを受け取ります。
FANTASTICBEASTS 2.JPG

招待客は800人との事。
さすが「ハリー・ポッター」新シリーズ、
熱心なファンの方は、朝から来られて、
早い番号を取ったのでしょう。
私は会社を早退したけど、
その程度では甘すぎるようです(笑)。


時間が来て、会場に入ります。
まずは日本のタレントさんたちの登場。
いつもならもっと興奮するのだろうけれど、
気持ちは殆ど動かない。
早く、早く、エディに会いたい(笑)。


そして、少し待って
ハリウッド軍団の登場!
私たちはレッドカーペットより、
ステージに近い位置だったので、
エディのお姿は小さくしか見えなかったけど、
それでも興奮。
そのお姿は、モニターに大写しになるので、
そちらで確認。
同じ空気を吸っているだけで幸せ(笑)。

DSCN0269.JPG

DSCN0234.JPG




そして、ご一行様がステージへ。


エディ、とにかく可愛い。
周囲の皆様も、
「カッコいい」というより、「可愛いー♪」という声の方が
多く聞かれる。

DSCN0340.JPG

エディの毛並みが良いのは有名な話で、
イギリスでも名門の家のお坊ちゃまとの事。
ウィリアム王子とは、学校の同級生で、
お友達なんだとか。
そう思って見ているせいか、
全ての物腰が優雅で、品良く見える。
先入観って怖い(笑)。

DSCN0333.JPG

イベントは当然、写真撮影OK。
どんどん撮ってネットに載せてほしいと
アナウンスされる。
もちろんこちらも、そのつもりで来ている。
しまいっぱなしのデジカメを持って来たわ。
写真撮りまくって、
こんな与太ブログで宜しければ、
喜んで宣伝の片棒を担がさせていただきますわ(笑)。

DSCN0331.JPG

DSCN0327.JPG

DSCN0326.JPG

ステージ上で、
何か色々話していたけれど、
興奮していてあんまり覚えてないや(笑)。
とにもかくにも、
幸せな幸せな月曜の夜でした♪

nice!(71)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

しろくまバターせんべい [できごと]

ここのところ、立て続けに、
クマがテーマの映画ばかり観て、
その感想を書いていましたら、


私のブログを読んでくれているという、
お友達のAちゃんから、
宅配便が届きました。


梱包を解いてビックリ。
Aちゃんが送ってくれたのは、


「しろくまバターせんべい」!


ついにクマブームは、
お菓子にまで波及したようです(笑)。

shirokumasenbei1.JPG

パッケージがめっちゃ可愛い!


蓋を開けると、中には、
可愛い白くまの顔と足あとの包装が並んでいます。
この白くまのモデルは、
札幌市円山動物園で生まれたピリカちゃんなのだそうです。

shirokumasenbei2.JPG


お菓子にも期待が高まります。
中身を出してみると、
ピリカちゃんの顔と足あとの焼き印が!
これは1枚ずつ手作りだそうで、
同じ顔は1つもないそうです。

shirokumasenbei3.JPG


食べてみると、美味しいー♪
思っているより歯ごたえがあって、
バターの風味がきいていて、
お食事のあと、甘い物無しではいられない私には、
ピッタリのお菓子。


Aちゃん、
いつも本当にどうもありがとう。
大切に食べさせていただきます。
(と言いつつ、2日でなくなると思いますが(笑))

nice!(68)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

閉店 [できごと]

先日、早稲田通りをお散歩しておりましたら、
ハンバーガーやケーキのお店、
ICHIGOYAさんの扉に、
何か貼り紙がしてある事に気が付きました。

ichigoya2.JPG


近寄って見てみましたら、ショック!

ichigoya1.JPG


お世辞にも、綺麗とは言えないお店でしたが、
私はここのアップルパイが大好きで、
よく買っては食べていました。
ホールで買っても、
1人であっという間に平らげてしまうくらい
美味しいのです。


とにかく、林檎の量が尋常でなく、
「アップルパイ」というより、
「アップル」と言った方がいいくらい。

ichigoya5.jpg

ichigoya4.jpg

ichigoya3.jpg

※アップルパイの写真はネットにあった物をお借りしました。



営業時間は変則的で、
年中無休なのですが、
商品が無くなると、
「現在製造中」みたいな看板が出て、
閉まってしまいます。
その代わり、深夜も開いていたりして、
とても不思議なお店でした。


経営されていたのは、
年配の男性と女性(ご夫婦?)。


他の理由ならともかく、
「体力の限界」と言われてしまうと、
「続けて下さい」とは言えません・・・。


貼り紙に付いている黄色い付箋にも、
女性の文字で、
「閉店、ショックです」みたいな事が書かれていました。
みんな、思いは同じなのですね。


あのアップルパイ、
最後にもう一度だけ食べたかった。
ICHIGOYAさん、今までありがとうございました。

nice!(63)  コメント(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

こち亀一色の夕刻 [できごと]

先日、日本橋高島屋で開催されている
「こち亀展」に行ったことを書きましたが、
http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2016-09-18

昨日は、何か大変な事になっているらしいと噂の亀有駅に、
友人と2人で行ってきました。

image37.JPG

亀有駅に到着して、
エスカレーターに乗った途端に早速、
「おぉ!!!」と大興奮。
手すりがこち亀仕様になっているじゃありませんか。

image23.JPG

ホームへ上がる階段も、

image32.JPG

階段の壁も、

image33.JPG

image31.JPG


階段を下り切ったスペースも、

image34.JPG

image35.JPG


そして改札前の階段も、

image28.JPG

image29.JPG

とにかく、こち亀だらけ。
そして、それを写真に撮っている方、多数。
友人と私も、
いい年して、きゃーきゃー言いながら、
写真撮りまくり(笑)。


そして圧巻は、
改札を出たところの床。


1巻から200巻までの、
全てのこち亀のコミックスの表紙が、
足元に!


image24.JPG

image38.JPG


凄い!凄い!凄すぎです!
どの表紙を見ても、
知らない物はなく、
ページを開くと両ちゃんが暴れている様子まで
目に浮かびます。


心ゆくまで写真を撮ったあと、


商店街にある、
秋本治先生のお知り合いが経営されているという
メンチカツ屋さんへ。

image22.JPG

image40.JPG


私は、梅しそメンチカツ丼を、
そして友人は亀有メンチカツ丼を食べました。
とても美味しかったです。

image21.JPG


こち亀一色の夕刻。
本当に嬉しく、楽しく、
素晴らしい時間を過ごす事ができました。


「こち亀」の終了にあたり、
亀有駅をこんな風に装飾してくださった、
関係者の皆様には、
ファンの一人として、心からの感謝の気持ちでいっぱいです。
連載が終わってしまうのは淋しいですが、
両ちゃんはいつでも、
手を伸ばせば、そこにいてくれています。
これからもずっと、元気をもらっていきたいと思っています。

nice!(77)  コメント(38)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画